ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2010年12月

2010年12月

三銃士


ジムの練習納めも終了し、あとは大掃除だけとなったのでここで自分の子分達を使い一気に片付け!

 

掃除三銃士として活躍してくれたトラ・龍空・清龍の3人です。

 

 

しっかりと親分の言う事を聞いて自分に割り当てられた子分達ですが、毎回の練習後に掃除する経験から手際はかなりのモノでした。

ただ、個人だとしっかりできる作業もみんなが集まるとズルズル…。

 

その自分に割り当てられた作業というのはデッキブラシリング内の雑巾がけ草むしり


 


みんなちゃんとやっているのでギャラも発生して、作業後にはモスバーガーへいってきました。

ジムで練習をしないってのが子供達には楽しいらしく、今回も忘年会に続いて満足のようでした (*^-^)

 

ここらでジムのスケジュールは終了。

いろいろとありましたが、2010年も楽しく終わり、来年へまた課題を持って挑みます。

 

細かい更新も続けていくので、これからもよろしくお願いいたします。

 


今までのブログ 

『 水+龍=瀧 の解き方 』http://water-dragon.at.webry.info/ もヨロシクです。

 

 

ひとまず終了 2010


練習納めとなった27日ですが、みんな忘年会の疲れを感じていたのか少しダレ気味でした…。

 

前日の忘年会ではただ食べて遊んでってだけで、何も疲れる事はしてないくせに体が痛いとボヤく清龍。

でも練習となればしっかりと動くんでカワイイもんです。
 

 

大人もそうでしたが、子供にしてみたら普段練習をする場所でみんなが話して食事や酒を飲んでいる環境はテンション上がりますわね。

自分もみんなが楽しそうに話しているのを見ているだけで満足でした (゚∇^d)

 


そう、そしてその普段は練習を頑張るスペースで自分のモノにした技術やハートで挑んだメンバー達のアマチュア大会にて残した2010年の最終成績は…

 14 20 分  となりました。


赤と青の逆転が今後への目標ですが、それよりも成長した姿をリング上でしっかりと表現してきてくれる事を期待しています。


うん。

今のウチのジムなら近いうちに達成できるでしょう

 

 

そして今までのジムのブログであります
 『 水+龍=瀧 の解き方 』 http://water-dragon.at.webry.info/
 にも時々ボヤキを更新していきますので、たまには気にしてやってください。


よろしくお願いいたします。

 

楽しく納めました。


『2010 BOXING-WORKS 忘年會』の開催されました昨日ですが、たくさんの方に参加していただいて非常に楽しい時間となりました。


楽しかったのも忙しかったのもあり、デジカメを忘れて思い出の写真を残せずじまい…。

 

卒業メンバーも、会員の家族や友人も、みんなが同じ場所で盛り上がれるってのが何よりも嬉しい事。

こういったイベントができるのも、少しずつの積み重ねで頑張ってきた成果なんだと思います。

それがチームワークに繋がり、大会での成績にも繁栄されてくるのだと。

 

自分がやりたかった事を自分のジムで表現できる。

自分が楽しく続けられるのが、会員のみなさんに続けてもらえるポイントであると信じて来年のスタートダッシュを頑張ろうと思います!

 

準備に大変 ┌(;・_・)┘


本日26日は我がジムの忘年会です。

 

食事の手配やテーブル、その他のセッティングに大忙しです

小さなジムなんで、企画や現場での動きまで全部自分です。

でもそこに一番幸せを感じているのも自分だったりします。

 

そして幸せを感じている自分の誕生日も本日26日!

なんどもしつこく言うようになった事に悲しさも感じますが…。

 

そーいやX'masだね


クリスマスですが、こんな日にもジムにいる自分っていいなと思います。

 

よくわからん感想に思われるでしょうが、キッズクラスのコーチを終えてあんまり人も来ないだろうからって事で安住とお互いにミットを受けあった後に少し充実を覚えました。

祝祭日は他と同じく休みのジムですが、クリスマスなんてのは世間が騒いでいるだけで普通の日なんで自分としては仕事をするのも当たり前の話。

ただ会員さんもほとんど来ないので寂しさはかなり演出されてしまいますが…。

 


と言ってても悲しい事ばかりじゃない!

清龍が自分にクリマスプレゼントとして、児童館で作ったオリジナルのリーフのブローチをくれました (○゚ ε^○)v ♪

 



こういったプレゼントってけっこう嬉しいモノ

また子供達のコーチとして頑張っていける自信をもらい、これからも頑張っていけます。

 

そしていよいよ迫った忘年会。

準備が大変ではありますが、ここはウリである『チームワーク』でどうにかしちゃいます。

 

羨ましい時代


いまや子供の大会であろうとも、アマチュアの大会であろうとも、参加して結果を残せばホームページに写真が掲載される。

自分の昔の頃と比べると羨ましいもんです。

こうして自分のジムもホームページを持たせてもらっていますが、大会主催者のページに掲載されるというのは特別なモノ。

 

今回のアマチュア大会で頑張った選手達の写真はシュートボクシング協会のHP

 ⇒ http://www.shootboxing.org/2news/2010/101221.html

に掲載されております。

 

いまのところでは次の目標として、おそらく来年4月に行われるであろうシュートボクシングのアマチュア全日本大会 ((o( ̄ー ̄)o))

ここらで一気に名を売り出したいと思います!

 

次にむけて...

今回のアマチュア大会に出場した子供達は今日から練習を再開し、早くも次回大会へ向けての練習をスタートさせました。


経験を重ねるごとに成長していき、前回を上回る動きを見せてくれる立派なファイター達ですので、「もう次への練習が始まっているんだぞ!」って言葉も理解したようです


おそらく今回が最後の低学年での参戦となった帝一は、来年からは高学年との体格差を補うべく手数とスピードで勝負ですし、来年は3年生となる清龍は低学年の部でやっと天下を取るチャンス。


一緒に練習をさせ、とにかくサンドバッグを蹴りまくらせています


 

 

そして来年の大会にはジムとしてまた新しい挑戦もしていきたいので、出場メンバーにも新しさを

佳祐と紀彦の2人です。


10月の中旬に入会しましたが、とにかくパワーがハンパない w(゚o゚)w


すぐにでもガンガンとスパーリングをさせたいところですが、ここはまず基本をしっかり染み込ませる事が大事なので…
キッズ達と同じくサンドバッグを蹴りまくりです。

 


ナチュラルパワーのヤツっていいなぁ。

その体にしっかりと技術を覚えこませるのが自分の仕事なんで、これはまた楽しみが増えました

 

次も期待してイイ!

 

12/19:アマSB東京大会 結果②


試合を終えた水龍會ファイター達はそれぞれ満足のいく者、納得のいかない者と様々でしたが、これからの練習での課題を見つけたようでこちらとしてもステップアップが楽しみです


そしてトラは-70kg級にエントリーしていたバンゲリングベイの選手のセコンドのために来ていた寒川直喜選手(いまさら照れくさいから直喜で…)に肘の打ち方の指導を受けていました。

直喜が言うにはセンスがあるようで、新しい技術にトラ本人も楽しそうに反復していました。
(ま、キッズの大会で肘がOKなのはまずないけど

 


そしていよいよ本題の個人結果です。


キッズ低学年の部にエントリーの帝一と清龍は見事にワンツーフィニッシュ 

キッズ高学年の部にエントリーしたトラと龍空ですが、龍空に勝利した選手が優勝したために、それに負けた龍空はオイシイ第三位に!
残念ながら負けてしまったトラには実力を今後のために蓄えておいてもらいましょう。

そして初戦のダメージを大きくひきずりながらもリングに上がってみんなの声援に応えるように頑張った力哉でしたが、決勝戦は2度のダウンで準優勝。


しかしどいつもみんな成長していて自分としては大満足

全体的にどんどんレベルアップしていくアマチュアの格闘技界ですが、その中心にウチの選手達もいるんだと思うと嬉しく感じます。

 


前回・前々回と準優勝に終わっていた帝一が念願の優勝に。

他にも照れながら入賞者の写真撮影をするメンバー達の表情を見ていたら激動のボクシングワークス2010もいよいよ終わりなんだと気が緩みます。

次はみんなに満足のいく結果を与えてやりたい。

そのためにはまた新たな刺激も必要になってくるし、自分のトレーナーとしてのスキルアップも重要課題に。

 


浮き沈みの大きな一年となりましたが、大きな怪我もなく今年最後の大会も終了となりました。

来年の再浮上⇒一気に上昇まで気を抜かずに進んでいきたいと思います。

ジム内で今回の大会に出場したメンバーに会ったら「ご苦労さん」と言ってやってください。



そして自分から…

今回の試合に応援に来ていただいた父兄の方々やその関係者の方、そしてセコンドとして一緒に勝利のために動いてくれたジムのメンバー達、ありがとうございました。

気の利いた言葉も無いので単純な言葉になってしまいますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

12/19:アマSB東京大会 結果①


前回よりも成長を発揮する事

これが何よりの使命であるウチの「五人の侍」は今回の大会では納得のいく結果を得ることができました。

 

成長というのは順位だけでなく内容で上回る事が大事なので、みんなも日頃の練習の成果を出すためにゴングの鳴る最後まで諦めずに頑張って戦ってくれました。

試合開始までの時間は各自ウォーミングアップをしたり、プログラムで自分の試合順の確認をしたりとそれぞれにリラックスしながら調整していて個人の性格が出る時間。

 

 まだまだ緊張もなく、余裕の表情でリングチェックをしたりだとか、応援に来てくれたミチヤとのボクシングスパーで動きの確認をする力哉、キャリアが余裕を導き出す帝一もみんなそれぞれにイイ表情

 

しかし子供達の余裕に比べて自分や安住の負担は以外にも大きく、『キッズ低学年の部』では帝一 vs 清龍の同門対決が!

ここは以前から想定して話していた部分でもあり「安住班」と「シン班」に分かれて対応したので問題なし…。

いざ大会のスタートとなるとドッキドキの連続で、今回も会場入りしてから大会終了までの時間全く何も食べる余裕がありませんでした

 

様々な試合がありましたが、順番に軽い説明を。

左上:清龍の第一試合 - 前回の反省点をしっかりと実際にリング上で見せた見事な積極性で勝利
上中:2番手のトラも同じく積極的に攻撃する事を課題としてきましたが、圧倒的な体格さで惜しくも敗退
右上:帝一 vs 清龍の同門対決であり、従兄弟同士の対決はお互いにパンチと投げでポイントを奪う好勝負
左下:注目の同門対決でしたが、キャリアと冷静さの差で帝一が勝ち名乗りを
下中:今回が初の試合となる龍空は一番の気合いを見せていましたが、優勝した選手に差を見せつけられる形に…
右下:延長戦にまでもつれこんだ力哉の一回戦は細かいパンチにこだわってヒヤヒヤもんの勝利
選手達には大きな自信やこれからの課題、そしてセコンドに立つ自分としても次にステップアップするのに勉強となった今回のアマチュア大会でした。

 

続きは ② で

 

直前!


いよいよ直前となりましたが、出場選手たちはそれぞれの方法で調整をしていました。


清龍も力哉を相手にスパーリングをして豪腕っぷりの確認を。

龍空も恐ろしいほどの身長差を持ち前の気合いだけで挑んで気持ちを強く!

帝一は普段通りのイケイケファイトに磨きがかかって、大人として抵抗できない力哉に対してボッコボコに

 

みんなも前日って事もあって少し緊張しているようでしたが、そこは一緒にセコンドとして戦う自分も同じ。

こればかりは何度あっても慣れないもので、また慣れてしまってもダレるので良くないもの。

みんなと一緒に緊張感も共有し、同じく勝利の喜びも共有する。

チームワークを最大限に発揮して大きな勲章をいただきたいと思います

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ