ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2011年1月

2011年1月

おもいっきりやってこい!


試合当日になって選手をリングに送り出す際には、もうこの言葉しかないでしょう。

 

直前になって細かいことやってるトコもありますが、周囲の人間の言動などでプレッシャーを与えてはマイナスになってしまいます。

 

ですが、おもいっきりやるのは練習時も大事なポイント

特にそれが子供であった場合には体を大きく使うことも含めて大事になります。

もちろん本人のスタイルに適した「勝ちパターン」といったモノの反復練習も必要ですが、練習の場でのびのびと体を動かしているのを見ると大きな可能性を感じます。

 

 

おもいっきりやった際には、勝ち負けなどではなく他に大事な何かを得るはず。

それは大人になってから気付くのかもしれないし、子供ながらに成長の糧として次のステップに生かすのかもしれません。

好きなキックボクシングをリング上で大爆発させるためにも、練習でも常に必要な「おもいっきり」なんです (っ´∀`)っ))

 

 

 

 

 

試合までにはもっと強力な基本を築いて、勝ちにいきます。

 

 

 

そして言われなくてもおもいっきりしかできないケースケと紀彦も自分が相手なのでスパーリングでも遠慮せずにガンガン殴ってきます

 

それに対してこちらはおもいっきりいけないので、カウンターの技術を磨くためにギブアンドテイク (笑)

 

当日のリング上で2人のパワーが解禁されるのが楽しみです。

 

 

野望③ ~ 龍空編 ~


『カワイイ顔して中身はアツい奴』ってのが龍空を表現するには一番イイ言葉だと思います。

 

スポーツにおいて、特に戦いにおいて何よりも大事なハートの強さを持っている龍空はキックボクシングに対して真面目で、その姿勢は大人でも見習う部分がたくさんあります。

 

指示されたメニューを黙々と鏡の前でやる姿なんかは、もう立派なファイターの立ち姿。

 

トラと同じく4年生で高学年の部にエントリーするので、体格では他の選手に敵わないのは仕方ないのですが、練習の濃さなどでは絶対に負けていないはず \(*`∧´)/

 

 

  

 

 

その練習に対する姿勢には驚かされますが。。。

なんたって、お父さんが自分と同じ年齢って事にもビックリ

ちゃんと正座して練習着の整頓をしたりだとか、自分にはそんな教育ができるのだろうか?って前に、自分ができていない…。

 

 

練習が大好きな本人ですが、やはり目標は勝利であり優勝でしょう!

新しい技の習得にも積極的なので、投げ技だってどんどんチャレンジして《トラ&帝一 体制》に食い込んできて、ますますキッズの部が活性化しています

 

負けず嫌いが強く出る性格ですが、やはり子供のうちは勝ちたい気持ちをファイトスタイルにガンガン出していって対戦相手を圧倒してほしいもの。

誰だって負けるのは嫌だし怖いもの。

子供であったらリングに上がる行為に怯えもあるでしょうが、その怖い気持ちを隠さずにしっかりと受け止め、それを認める勇気があれば負ける事だって次に勝つための大きな経験となるはずでしょう。

 

帝一なんかとはまた違ったタイプの「コイツは強くなる!」と思わされるキッズメンバーです。

 

 

しっかりと濃い内容のトレーニングをした後の掃除だって欠かすことのない龍空。

 

 

 

既に3月20日にむけてギラギラし始めています。

みなさんも期待していてください!

 

最近の充実っぷり


なんだかキック界はK-1はヤバいんじゃないかとか言われてますが、まだウチには関係してこない話なのでゆっくりといきましょう (@゚ー゚@)ノ

 

しかしマスコミってそういった話が好きですね。

KARAとか沢尻さんとか。

なんだかK-1にしても、ファイトマネーの未払いがあるとかで…。

ウチのジムの若いのが月謝すら払わずにバックレていくだけでダメージがデカいんで、そんなペトロシアンが優勝賞金を貰ってないとかの話はスケールの違うワケで。。。

ま、そんな話が出だすとこれからを目指す人間に悪影響なんで、早くキレイにしてほしいと思います

 

 

そして、日本のこれからの世代のためにも今の世代としてやっておける事を。


 

背中が筋肉痛だとかでブーブー言っているトラにマッサージを施す自分…。

う~ん、これなら今後も安心なはずだ!

 

 

最近ではメンバーも安定したペースで顔を見せるようになり、時間によって様々な表情がジムにはあるのでこちらも楽しいです (゚∇^d)

 

 

  

 

 

バンテージを巻く姿がだんだんと一人前の雰囲気になってきていたりとか、新しい技を欲する意欲だとか。

もちろん元々あるスパーリング大好きな部分にも成長が見られます。

3月20日の大会当日が楽しみになってきますね 

 

大会についての細かい情報は ≪SHOOT BOXING  OFFICIAL SITE≫ にて。

 ⇒ http://shootboxing.org/2news/2011/110124.html

 

 

 

キッズ達の他にもまだまだ楽しみは大きく成長していき、新加入のシルヴァンなんかも少しずつ動きになれてきて、パンチの強弱でペースをコントロールできるようになっています。

 

 

 

 

 

最近どんどんキックボクシングの面白さに引き込まれてきている屋代君も入会のキッカケとなった鈴木君との練習でポジションについて細かく反復練習を。

 

とにかく楽しんでいる表情がたくさんあるジム内はイイ

 

 

職場ってのはこうでなくっちゃね。

 

正月モード ⇒ 試合モード


ようやくこの2人に「あけましておめでとう」と言うタイミングがやってまいりました。

 

3月20日をいただくためにもこの2人は欠かせないケースケと紀彦です。

新人ですが、何よりもそのパワーが魅力です。

しかしその反面、ミットやサンドバッグなどのを見ると思いっきり打撃を出してしまうのが欠点でもあり…。

無駄な攻撃によってスタミナを失ってしまわないように、これからの練習でしっかりとした手綱をセットしていかないと 「いただく!」 なんて言ってられません

 

 

 

 

スタミナが無いわけじゃないんですけどね、なんつっても3分1ラウンドの勝負で決まってしまうアマチュアのトーナメントですから、無駄遣いだけはしたくない!

練習最初の縄跳びにしたって、インターバルの時にはシンドそう (*´ο`*)=3

 

 

大会を見据えているからといっても、やはり順序を守って練習をさせていかないと指導者失格となってしまうので、初日である今日は自分の体に「おはよう」と言ってあげる程度に。


そういえば、自分も昔は坂詰さんとの練習は1月の1発目の練習は鏡の前でゆっくりとステップしたり、スイッチをしっかりとしたフォームで行ったりとやっていましたっけ。

 

 

 

 

 

まずは動けてナンボ。

いきなり急がずに、当日までに間に合えばイイってもんです

 

 

こんな時期に体の正月ボケを考えるのも変ですが、とにかく当日までの期間をしっかりと準備して全階級で入賞者を出したいと思います。
(ホントは全員優勝のつもりだよ!)

 

 

新しいカラミ


メンバーが増えていけばそれだけ様々なパターンの組み合わせも増えて、新たなカラミも出てまいります。

 

今月に入会したばかりの駿ちゃん(25歳)ですが、ペースを守ってコンスタントに来ているので吸収や気付く事も多いようで、伝えるこちらとしても楽しいです。

今回の練習パートナーは屋代君。

体の硬さはかなりのレベルで、膝をまっすぐに伸ばして座れないほど…

でもそれとセンスは別!

打撃のブレが無い屋代君は軸から生まれる勢いが逃げないので、体格以上の一発があります。

 

今回初顔合わせとなった2人ですが、その練習テーマは会長の『伝家の宝刀』である前蹴りです。


 

  

 

 

大事なのは思いっきり蹴る事ではなく、回数をやりゃいいってもんでもなく、正確なフォームに的確な使い方ですので、一緒に動きながら説明も連動させて

 

やっぱりこのへんは【師匠】である坂詰さんの影響で、やって見せれてこそのトレーナーってもんですから現場を大事にしていきたいものです (o^-')b

 

楽しそうに反復している表情を見ると、楽しんでこその吸収力なんだと思います。

やっぱり楽しくないと続けられないし、続かないとレベルアップもしない。

その結果、目標には届かないって事でして…。

 

自分の立場は強くするんじゃなくて、楽しさを伝える事。

 

 

やったります!

 

ロック・オン


いよいよ今年のジムの大会ロードの第一弾として『第5回 全日本アマチュアシュートボクシング選手権東京大会』が発表されました。

 

今回は様々な階級に送り込んでいきたいと考えております。
(特に重い階級をしっかり勝てるように!)

 

しかしそれだけではなく、他にも大会にエネルギーを与えてくれるキッズ達の挑戦も忘れちゃいけないところ

前回覇者の帝一の連覇や清龍の巻き返し、トラや龍空などの初勝利を狙う人間達の熱い気持ちもポイントとなってきて面白い大会となりそうです ヽ(=´▽`=)ノ

 

 

  

 

 

ウチの子供達には「勝てたらいいなぁ~」なんて教えはしてませんから。

「勝ってタイトルを獲ってこい!」 って教えで大会当日までを過ごします。

他のジムの子達の練習ってどんな事をしてるのかは全く知りませんが、ウチの奴等もしっかりと練習してるから集中力を切らさずにしっかりといけば大丈夫

 

 

そしてジムに新しいメンバーとして加入したフランス出身のシルヴァンも慣れない動きの運動に戸惑っていますが、キックボクシングを理解しようと頑張ってくれています。


自分達からしたらフランスといったらジェロム・レ・バンナ様の国ですが、他に誰?

最近じゃ柔道強いらしいけど…。

 

 

 

 

我が水龍會の練習の軸となる「バランス」の基本としてある四股踏みも一緒にこなして、新鮮な様子で吸収していっています。

 

素敵な形での交流ができそうで、これからが楽しみです。

子供達にフランス語での挨拶なんかも勉強してもらおっかな (笑)

 

 

こちらのブログに載せていないネタもいままでのブログに更新してあるので、たまにはどうぞ。

 

『水+龍=瀧 の解き方』 ⇒ http://water-dragon.at.webry.info/

 

 

野望② ~ トラ編 ~


第二弾は帝一と同日入門のトラです。

 

スタイルも帝一とは違い、どっしりと構えて重いパンチでグイグイ押し込んでいくタイプ。

最近はバリエーションも増えてきて、パーリングやボディへの打ち分けなどとでボクシングテクニックも上昇中であります

子供達には興味を持つキッカケさえ与えれば、あとはどんどんと吸収していくので楽しみな事が多いです。

 

自分の目標としていた『常勝軍団』ですが、キッズの部でならいけそうな気もしてきますね (*゚∀゚)*/

 

あとトラに残されたのは初勝利だけ!

パンチのテクニックだって問題ないし、蹴りもしっかりと体重が乗っているし、ハートの弱さから負けた試合も反省して次はそれが出なかったし。

 

 

  

 

 

今後のトラの課題はとにかく「自分に厳しく!」

って、そんな事言ってるお前はどーなんだって話ですが、自分は終わった人間ですから (笑)

エース:帝一』 と 『リーダー:トラ』 の2TOPでキッズクラスはこれからも進歩していきます

 

 

 

そしてコチラも時々更新の過去ブログ

 

           『 水+龍=瀧 の解き方 』

     http://water-dragon.at.webry.info/


こちらも一緒にお願いします。

 

 

揃ってきてます


正月気分もやっとなくなり、2月が見えてきたらメンバーもボチボチ顔を見せるようになってきました。

 

年末から仕事が忙しく、忘年会にも参加できなかった屋代君も大阪の現場から戻って練習参加です。

 

 

お土産に限定の『うまい棒』を買ってきてくれてフォローもナイス

前回が今年の初練習となった島田君とのコンビで、少しバテ気味でしたがこれからどうにかなるでしょう。

そう!

体はメンタルで動いているんで、難しく考えちゃいかんのです。


 

  

 

 

これからどんどん初練習組が増えてくるでしょう。

っつーか、そうでなきゃ困る (( ≧ヘ≦)

大きな目標を掲げている人間だっているんだし、もうクチばっかりの会員はいらんよ。

 

 

とにかくやっと動き出したといえる1月。

う~ん、ここまで時間かかったな…。

でも個々の目標に近づけるようにサポートしていきます。

もちろん本人のハートありきですが、そこはメンタルの大事さを伝えつつバランス良く成長していきましょう。

 

そう、会長も会員さんもバランス良くね

 

 

頻繁に更新というワケにはいきませんが、過去ブログも頑張っていますのでたまには見てやってください。


  水+龍=瀧 の解き方 : http://water-dragon.at.webry.info/


どっちもやる以上は頑張ります。

よろしくどうぞ。

 

 

みんな学べ!


大事なのは与えられた物ではなく、自分から欲して手にする事です!

 

そしてファイターでも、ダイエットでも、健康のためでも、自分から知るといった行為にして動くのが本物。

 

自分は欲しい知識や経験を良いバランスで与えてくださったトレーナーの師匠がいました。

そのスタイルを軸にしてウチのジムのスタイルが存在するのですが、その坂詰さんのブログを見てしっかりとお勉強してほしい (^ー゚)ノ

 

『 トレーナー坂詰真二のスポーツ&サイエンス 』

 ⇒ http://ameblo.jp/s-s1996/


まあそりゃ勉強になるでしょう。

ウチのジムで俺に習うなんかよりね(笑)

本物の中の本物が教える体のお話

 


みなさんぜひ。

 

野望① ~ 帝一編 ~


ジュニアのエースである帝一の目標は、低学年を制した今となっては高学年でも優勝する事!

 

ま、エースとか呼ぶとウチのジムには退会していってしまう「負のジンクス」があるので、これは気にせずにいきましょう… ヾ(-_-;)

 

ジュニアメンバーの中ではトラと並んで古株であり、またジムの中でもベテランとなってきている帝一ですが、負傷などが続いて最近はお休みが目立つように。

そして今年も4月あたりに行われるであろうシュートボクシングの全国大会は、本人にとって初の高学年の部となります。

体重が30kgに満たない小柄な体格では不利な部分も多く難しい試合が続くでしょうが、スピード・ハートの強さ・投げがあるのでもしかしたらって事も

 

とあママと2人での練習となっても一緒に基本をし、ミット打ちも積極的に前に出るスタイルで自信たっぷり!

やっぱりこうでなくっちゃ

 

 

  

 

 

自信ってのはしっかりとした準備によって作られるものでもあり、ハートの強さによって支えられているのもでもあるので、潜在的に気持ちの強い帝一はサッカーもきっとしっかりとできているのでしょう。


年齢の低いうちの体格差ってのはかなり大きなハンデとなるでしょうが、武器をしっかりと磨き、『勝ち方』を徹底させていきなりのVを狙っていきたいですね

 

ページ上部へ