ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2011年3月

2011年3月

マイペース


先日の《ミット持ち選手権》における王者であるトラがキッズの部以外にも、力哉のミットも担当して頑張ってくれています。

 

もともと体格のいいトラですが、気持ちは優しく少しおとなしい感じ。

 

ま、帝一や清龍と比べればの話なんで元気な子供ではありますが

 

ですから、その特別元気な2人のようには力哉と絡む事もありませんが、ミット持ちといった関係で今回はコミュニケーションをとっていく形に (・ω・)b

 

 

 

 

 

 

子供の手を借りてまで、そこまで追い詰められているのかボクシングワークスさんは!

 

と思われるかもしれませんが、さすがにそこまでは衰弱しちゃいない

 

ただお互いのためを考えたら、両方の協力があってリズムやパワーに慣れていくので続けてはいきたいものであります。

 

 

 

そしてお返しにキッズクラス全員のミットを構える力哉。

忘年会の際もそうでしたがキッズ達の支持率も高く、「兄貴」というよりも「おにいちゃん」といった感じで楽しくやっています。

 

 

 

帝一も普段は自分の持つミットに慣れているために、また違ったリズムの中で攻撃をする難しさ知ったことだと思います。

 

 

その帝一さん…

 

 

練習後の掃除ジャンケンで勝ったので、余裕がある本人はジムにあった漫画の『餓狼伝』を熟読中

なんか読むペースがやけに早いと思ったら、読めない漢字は飛ばしていたのでスイスイと進んでいったワケですね(笑)

さすがこういったリズムだけは崩さないあたりはエースです

 

 

 

自分なんかも刺激を受けた漫画を世代をだいぶ越えて読んでくれるのは嬉しいもの。

 

これからは「やる」「見る」の他にも「学ぶ」が入ってきて充実にいっそう磨きがかかっていくでしょう。

 

 

ノスケとタロー


自分でも指導中によく間違える名前の龍汰郎と隆之介なんで、揃った時はまとめて呼んでマス。

 

こういうのって、小学校とかだと「個人を無視した呼び方ですわ」なんて怒鳴り込んでくる親もいるかもですが、そこはほらウチはコーチ⇔生徒でもあるけど友達同士って仲でもあるから !(^・^)

 

 

今回の練習は偶然にも初めての2人だけとなり、少し心配…。

ですが子供というのはちゃんと成長しているもの!

タローがしっかりと声を出し、ノスケをちゃんと引っ張っていくじゃないですか!!

 

 

 

普段は帝一やトラなんかに引っ張られていってはいますが、こうして少し余裕ができると確認ができるってもんなんですね

 

 

 

自分も以前に比べて成長しているんだろうか?

少し疑問に思ったのと、恋しくなったので、師匠の坂詰さんに会いにいこうかと思っています。

 

自分を振り返る時間も必要だわ。

 

 

偶然の演出


毎回違ったメンバーが来るジム内ですが、組み合わせ次第では面白いモノになるんですね。

 

今回の写真ってなんかイイんですよねぇ~ (*´σー`)

 

 

 

最近はあまりジムに顔を出さなかった大空海(タクミ)と、最近は熱心に自分のスタイルの安定を目標にジムへ来ている駿。

それを見ながら次のスタンバイをするシルヴァン。

 

う~ん、イイ絵だ

 

やっぱりこういったものは毎日ジムにいるからこそ見れるってモンだね。

もちろん自分のジムなんだから当たり前なんだけど、何でもない写真にもいろんな背景があって、それは同じ時間にジムにいたからこそ得られる会長の特権。

メンバーにしてもジムに来る理由はそれぞれにあっても、体を動かすといった行為は一緒。

もっといろいろな理由を受け入れられるように精進していこう

 

 

 

 

メンバーがあまり増えないですが、全体的な底上げはできてきている現状。

駿もこれから先のチューニングのテーマが決まり、あとはそれに向けてただただひたすら頑張るのみ

 

 

そしてジムの方向も決めていきたいところ。

勝負の時は近い!

 

 

選手権


ずいぶんと大袈裟なタイトルですが、今回の選手権はキッズクラスの『ミット持ち選手権』になります。

 

自分の構えたミットに打ち込むのが当たり前になっているジム内ですが、ある程度の経験をしてきたらぜひとも本人が受けることでディフェンスの練習にも役立ててほしいと思っていました。

 

そしてせっかくだからみんなで経験だ (;^0^)/

 

平子清龍 トレーナー

 

 

 

 

 

 

パンチを打つ度胸だけはレベルのかなり高い清龍は後ろに下がる癖をなくすためにも、その場で受けるミット持ちの技術はとても大事

相手の動きをしっかりと見て、そのパンチに対してしっかりと迎えにいくのも大事な練習。

ここからのステップアップを期待します。

 

 

平子清虎 トレーナー

 

 

 

 

 

 

スパーでは完成度の高い動きをしますが、やはり「攻め」と「受け」が極端になってしまうトラ。

もちろん基本に忠実ですばらしいスタイルなのですが、そこの中間を求めていくことで「繋ぎ」ができていくワケです

どちらかに偏らない「攻めの中の守り」や「守りからすぐに転じる攻め」などをプログラミングして、次のステージへいってほしいものです。

 

 

山森龍汰郎 トレーナー

 

 

 

 

 

 

このメンバーの中に入るとキャリア不足が影響してしまう龍汰郎ですが、一番大事なのはしっかりと付いていく気持ちと追いつこうといった気持ち

やはり未だにパンチが怖いのか、ミットを受ける際にも逃げ腰になりディフェンスとしてはまだ…。

ただ、いつもキッズの選手達と一緒に頑張っているのは偉いこと。

 

 

 

今回の選手権の結果はもちろんリズムの安定しているトラですが、清龍も得意なパンチでは負けないのでこれからが楽しみ。

 

特におもしろく思ったのは、トラや清龍のミットを持つリズムが自分と全く同じ事!

やっぱりこれもDNAと考えれば嬉しい事ですよね。

そのリズムの中から個々でオリジナルを見つけていく子供達の想像力は素晴らしいもの

 

 

こういったキッズが楽しめる練習も絡めながら、全体のレベルアップを計画しております。

 

 

熱は冷めず


大好きな「投げ」の練習もし、常に試合の事を考えて練習している帝一はキッズながらもエースと呼ばれるにふさわしい選手になってまいりました。

 

とにかく勝ちたいと思う気持ちがハードな練習にも耐えていける理由になっているのであります。

 

 

 

過去の試合にも大事な場面で「シュートポイント」をGETし、勝ってきた帝一ですので投げの練習は大好き!

 

もともとの運動神経はバツグンなので、何をやらしても吸収は早くて指導する側としても楽しくてやりがいのあるウチのエースです (b^ー゚)!!(゚∇^d)

もちろん延期となってしまった大会の事を考えての投げの練習でもあります

 

低学年の部での優勝はもうできなくなってしまいましたが、4月からは高学年となる本人はしっかりとした『勝ち方』をマスターするために必死に練習しています。

 

 

 

 

 

 

大人も子供も関係なく、頑張る人間は徹底サポートのジムですので、体験や新規入会などのニューメンバーも大募集です

 

そろそろ夏にむけての体作りのカウントダウンも始まる時期です。

しっかりと作った体は形だけでなく強さも兼ね備えています。

一緒に気持ちも鍛えられるキックボクシングでぜひ一緒に汗をかきましょう

 

 

動いてナンボ


どんなに鍛えても地震には勝てませんが、地震に負けない心は鍛えることができます!

 

自分達はジムでキックボクシングといった動きで繋がっていますが、個人の付き合いは一家のようなものでありたいと心がけています。

 

みんなが挑戦者として練習に励んだアマチュアシュートボクシング大会への練習ですが、延期となってしまいました。

ですが、それにヘコむことなく練習に参加してまだまだ修正をしていくコイツ達。

 

 

  

 

 

 

イキイキとした動きでリング内でグローブを合わせる力哉と駿 (*゚ー゚)=●

特に力哉はまだまだな部分もありますが、技術や身体のバランスとしてはグイグイと成長してきています

※ 駿のロングフックはヤリ過ぎのために、面白かったんでアップしてみました(笑)

 

 

そしてこちらもイキイキとしたエースの練習。

力哉にとってもミットを持つことで練習になるし、イロイロな人間の持つミットを経験することによって帝一の成長にも関係してきます

 

 

 

 

 

 

みんなの写真を撮りながら成長を実感している自分ですが、ふと思う事が…。

 

 

最近、俺は写ってないな。。。

 

 

ま、主役はメンバーだからね。

いつかチャンスがあったら、派手な技ばっかりやってWEB写真集みたいにしよう

 

 

でもメンバーが主役だからこのブログも続けていけるんだな。

派手な結果を残して、写真を載せまくりで大会の報告をするブログを更新する日が楽しみです。

 

 

ポスターサポーター:03


さて、世間は未だに買い占めの問題だとかで大変ですが、ここいらでホッとするネタでもひとつ。

 

以前から言っておりましたポスターサポーターの件ですが、会員関係者の皆様のおかげで広がってきております d(゚- ^*)

 

今回ご紹介しますのは、田端にあります『ほっかほか大将』さんです。

なんといっても、このお弁当屋さんとは長い付き合いの私でございます。

と言いますのも、自分が中学生になるまで住んでいたのは田端で、このお店のすぐそば

 

非常になつかしい場所で嬉しいのと恥ずかしいので複雑でしたが、やはりテンションが上がってきて小学生時代によく食べていた「唐揚げカレー」を注文!

 

なんとも

 

ウマかったです。

 

 

 

 

 

 

イマイチどこに貼ってあるのかがわからない方にはこちらで確認を

 

 

 

イイんです、貼ってもらえるのであれば!

そして「唐揚げカレー」のウマさを共有してもらえれば!!

 

◆ ほっかほか大将 : 北区東田端 2-9-1

 

ご協力ありがとうございます。

 

 

こういった地元に自分のジムが紹介されることを非常に嬉しく思います。

 

目指せ100ヶ所

 

 

あれから...


普段に感じるものとは比べられないほどの揺れを感じた日から一週間が経過しようとしています。

 

誰が悪いとかじゃないのですが、テレビを観ていても各局が同じ内容で、被災者の名前や情報を流す局や政府の発表を流す局など分担したら?なんて思ったりもします。

 

でもその中で、ガソリンや食料の買い占めは被災者に影響が出てくるから控えてくれって各局が同じように分担しないで伝えているのにも関わらず、まだ続いています。

焦る気持ちも理解できますが、緊急事態の際に大事なのは何かはわかるでしょう…。

 

イイ子の内容でブログやっても仕方ないので言葉は悪くなりますが、状況を考えろよ(`ε´)!

 

 

大人が「これからの子供達に」とか言うのであればまずは自分の背中を見せても恥ずかしくない行動をしようって事。

 

みなさんは大丈夫であってほしいのですが、そんな人間が少なくなるように簡単な情報としてコレをお伝えできればと思います。

 

 

もう一度…

 

 

 

 

出場予定だった選手達


最終調整の一週間となって震災のために延期となった大会に出場予定であった選手達ですが、しっかりと練習を続けてくれていて安心です。

 

毎回ブログを更新するタイミングに「被災地の事を考えるとこんな事をしていていいのかな…」とも思うのですが、決してチャラい気持ちで更新しているのではないのでご理解ください。

 

そして、その地震の話についても、自分達の持っている腕力を活かせる機会はないのかだとか、節電の話、募金についてもジム内では話し合われています

こんなときに自分が持っている力はどんなモノなのかを考えることも大事だと思います。

 

 

もちろん全てにおいて諦めない気持ちを持つことは重要で、災害に遭ってしまった際や、今回のように先がまだわからない延期にも諦めないハートは必要です。

 

写真の2人も出場を予定していたケースケと紀彦。

羨ましい程のナチュラルパワーの持ち主で、考え方を切り替えてしっかりと基本に戻った練習を始めています (゚◇゚)ゞ

 

 

 

 

 

若さとパワーを持った2人に今必要なのは考え方!

技術やスピードなんてのはそんなに簡単に身につくものでもなく、自分が本当に必要だと思い、それを真剣に求めた時にやっと吸収されていくもの

 

今ちょうど延期となり、考え方が安定しないタイミングだからこそ自分に大事なものを考えて練習をしてほしいと思います。

 

 

 

 

気持ちを切り替えて...


今月20日に予定されていたアマチュアシュートボクシング東京大会は延期となってしまいましたが、入賞・優勝のための準備期間が増えたと考え方を変えていきましょう。

 

キッズの部にしても、一般の部にしてもエントリーしていた人間としたみたら同じようにショックなはず。

勝つために集中して練習し、少しずつハードになってくるメニューにも頑張ってきたんですから。

 

でも、このような日本の状況ですからそれはもう仕方ない (〃 ̄ω ̄)

延期して開催される大会のためにしっかりと練習して備えるしかありませんね

 

 

ジムに来て自分からの報告で知った力哉も、気持ちを保つために今までと同じくハードな練習でしっかりと追い込んで練習を続けています。

 

大事なのは自分が強くなる事で、試合のために練習する事ではないということ。

 

自分で作ってしまったブランクを感じ、それを反省している力哉は頑張りることでしか取り戻せないことも知っています。

 

 

 

 

力哉が追い込みにしているこの練習はジムのみんなに嫌われているもので、これからは追い込みの急先鋒となるでしょう

 

 

 

減量によって体調が安定しなかった人間、自分が低学年の中で一番上になる事で喜ぶ人間(清龍)、以前に負けた相手にリベンジのチャンスが早くもやってきて燃える人間(帝一)、など様々でしょう。

 

これは気持ちの切り替えのチャンスです

 

今回の期間をチャンスとし、新たな技の習得やスタミナの強化、自身の課題の徹底とプラスに働かせていきたいと思います。

 

ページ上部へ