ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2011年8月

2011年8月

兄から伝えるもの


来月は2週連続で大会に挑戦を予定している力哉ですが、そのための準備に安住兄さんが一緒にトレーニング。

 

 

ヘビー級の体の自分ではなかなかスパーリングをするにしても体のサイズに差がありすぎて成立しないものの、安住であればサイズに大きな差もなく良い感じで進んでいます。

 

特にボクシングテクニックの成長が著しく、更には本人もそれを楽しんでいるのでリズムも合っていて良い練習ができています。

 

インファイトの攻防を意識した練習に時間を割いた今回も効果は(゚∇^d)good !

 

 

 

 

 

 

しっかりとディフェンスをし、しっかりとコンパクトに返すといった事の繰り返しでポイントを取られっぱなしにしないための練習

 

まぁ昔の力哉から考えると成長したなぁ。

 

そしてその力哉も、自分や安住などの兄貴分から習うだけでなく、後輩達にも兄貴からのアドバイスとして練習を見るようになってきました。

 

特に伶星・裕一朗・真史の3人にはみんなが期待しているので、力哉兄さんも優しく育てています

 

 

 

今回の練習からいよいよマイグローブを使ってサンドバッグを打ちはじめた裕一朗も、その期待に応えるように頑張っています。

 

力哉はもちろん、駿もスパーリングをした感想でボクシング技術の成長を褒めていたので、これからしっかりと練習を重ねれば大きく成長することも有り得ますね

 

真面目に格闘技と向き合っている結果がこれまでに出てきているので、マイグローブを手に入れて更に加速する本人の成長が楽しみです!

 

 

順調に育ってます


慣れない蹴りにも少しずつ適応してきて頑張りをみせる真史と、パートナーが同級生って事もあって少し偉そうな感じの伶星が良い感じでの練習で成長を見せてくれています。

 

 

お互いに何か感じさせるものがある2人ですが、このキックボクシングにエネルギーを注いでくれるのが嬉しいですね

 

何かに反抗したり、逃げてきた事もあったであろう2人ですが、今やっている練習が「強くなる」事に直結しているのだから頑張っていけるんでしょうね (゚∇^d)

 

最近やっと蹴りを始めた真史はなかなか『ネジレ』を意識できずに威力がイマイチですが、テンポ良く蹴れているのでこれからが楽しみです。

 

スタミナ制御装置の壊れた伶星も自分の馬力を見せつけるようにガンガンいきます

 

 

 

 

 

 

やはり互いに刺激し合う事で目標にも早く近付けるでしょうし、他のジムメンバーもうかうかしちゃいられません。

 

2人でミットを持ち合い、蹴り合った後には安住との2Rずつのボクシングスパーもしっかり。

 

更にテンションの上がった伶星は、真史に声をかけてミットのおかわりまで

 

 

 

この頑張りを1日で終わらせず、明日もまた明日もと頑張っていけば本当の強さを手に入れる事に近づけると思います。

 

 

 

 

こちらの若いグループはしっかりとサポートし、ジム全体の底上げとしていきたいと思います。

 

 

ゲリラな一日


いやぁ、どこの国を探しても「ゲリラ豪雨」なんて言葉はないのでしょうが、そう表現するしかないほどのハンパなさでしたね

 

 

夕方の時点で、このままジムを開けていても誰も人は練習に来ないんじゃないかと思わされるほどの豪雨でしたが、少しずつ雨も弱くなり夜には大賑わい (っ´∀`)っ

 

最近は夜の時間に練習に来る帝一は伶星とミットを。

 

これは伶星のパンチを見る目を養う効果もあって、今後も様々なメンバーと積極的に行っていく予定です

 

 

 

キッズクラスと夜の一般メンバーとの垣根がなくなっていくのも良いものです。

 

練習する時間が違うだけで、みんなが同じファミリーですからね。

 

 

 

そしてその家族は日本だけではなく、フランスにも広がって楽しみの輪が広がってきています

 

シルヴァンとアルが練習に参加して、成長を見せてくれました。

 

特に本人は否定するものの、アルは縄跳びもリズムが取れていたし、パンチにも伸びが増していました。

 

もともと手足が長いので、ミットを受けていてもその伸びには驚かされます。

 

今回はシルヴァンもアルのミットを受けることに(笑)

 

 

 

 

 

 

こちらから見ていると少しテンポがズレているかなとも思われるミットのリズムも、同じフランスの呼吸なのかだんだんと合ってきたので最後はスパーリングも1Rだけ。

 

 

 

その後もシルヴァンは駿ともスパーリングをしてフィニッシュ。

 

 

 

前回はしっかりとたくさん蹴ったので、今回はパンチに重点を置いて練習したシルヴァンでした。

 

 

 

 

 

力哉や広川さんも交えて、最後はそれぞれがラウンド前に課題を決めてのスパーリング。

 

クリアできた者もいれば、また新たなウィークポイントが見つかった者もいて、練習後の話し合いではそれぞれにアドバイスを出し合っていました。

 

頑張っているのはイイのですが、唇が紫色になるほどまでにペース配分ができない伶星はウィークポイントとはまた違った部分での指導が必要かもしれません

 

 

 

 

 

全体的に見ればチームとして大きく進歩してきているので今後のまとまり方次第といったトコロでしょう。

 

以前にもここで書いた「自覚」を誰が前に出していくのかで流れも変わってくるはず。

 

キックボクシングは個人の競技と思っているのであれば、もうここらで頭打ちでしょうが…。

 

 

 

 

散々練習後に言って聞かせてきたので、みんなには伝わっていると信じています。

 

そしてそろそろ自分は若い人間達やキャリアの浅いメンバーのフォローに時間を使うので、このチームからは距離を置いて見ていきたいと思います。

 

 

 

しばらくは放牧です。

 

 

挽回の夏


前回(7月31日)の敗戦によって反省材料がみつかった3者はみんなそれぞれのポイントを補い、一緒に練習してチームワークを高めてます。

 

 

これからのジムの雰囲気を作るための若いエネルギーとして頑張ってほしい力哉と駿には課題を与えて、もっと頑張ってもらいます

 

いろんな経験が技術の幅を広げ、人間との付き合い方を知り、大きく成長していく材料となります。

 

 

 

 

 

 

次の大会に向けて挽回をするべく一緒に汗をかき、みんなの心がひとつになれば大会の結果も良いものとなるでしょう

 

あとは力哉や駿がこれからみんなを引っ張っていく覚悟があるかの問題。

 

ただ練習するのが楽しいだけであればそこまでは求められないでしょう。

 

これから本人達がどこまで欲張れるのか、そして背中で引っ張れるのかを見てジムでの楽しみとしていきたいと思います o(^-^)o

 

 

門番


ジムの最前線で外敵から守ってくれる(はずの…)コイツは頼っていいものなのでしょうか。。。

 

 

キックボクシングの感覚から言うと、「外敵」とは総合格闘技からの選手であり、「害敵」でもあります。

 

総合嫌い出てしまいましたが、一度出てしまうとどんどん出て止まらなくなるので大人の自分はこのへんで自粛します。

 

 

そうそう

 

そもそも遊園地の向かいにある平和なジムに外敵が現れるなんて事もなく、専らコイツの退治している敵とは蚊であります…。

 

 

 

 

 

 

しかしジム内で練習中にも蚊を見つけることが度々

 

もうこの時代に蚊取り線香なんてのは流行らないのか?

 

それとも豚の鍛え方が足りないのか?

 

かなり攻められてるあたりをみると、ディフェンスが甘いのか?

 

ま、今回は少しユルめの回でした ( ゚ ρ ゚ )

 

 

新たな刺客現る!?


大歓迎の新風が夏の終わりにやってまいりまして、ジムにも刺激となって良い効果を与えてくれそうです。

 

 

まだ正式にメンバーとしてスタートしたワケではないのですが、自分としても好きなタイプなので本人にもジムのみんなにも彼の存在はプラスとなるはず。

 

 

 

 

 

 

そして彼の武器はサウスポーということ。

 

力哉も駿も苦手としているサウスポーなので、今後が楽しみ。

 

写真にある力哉がしっかりと顔面を捕らえられているのはボディスパー中だったのでアクシデントではありますが、そうであったとしても「左のガードが下がっている力哉が悪い!」って事。

 

これからの切磋琢磨は新展開となって面白くさせてくれるでしょう

 

 

 

 

そして今回の練習は久々の日曜練習なのに大盛況 ヽ(^◇^*)/

 

ま、裏を言えばロードワークを予定していたので、みんなに事前に声をかけていたからって事で…。

 

ジムが開いている日に週末も日曜日も関係ないんだからさ、自分から一人でも積極的に参加しようよ!

 

誰かと一緒じゃないと練習に来れないんじゃオコチャマじゃんよ。

 

体の外側も、内側も、技術も、そして考え方も成長の過程にあるので、これからに期待です

 

 

 

 

刺激を受けたのは直接グローブを合わせた人間だけではなく、他の人間も同じ。

 

駿も広川さんと2人で徹底的にインファイトのネチっこい練習を。

 

 

 

今日はみんな『試合組』が多く参加していたので、積極的に声をかけていけばよい練習ができたはず

 

練習をただ汗を流すだけの運動で終わるのか、自分の体への新しいプログラム入力にできるかは本人の集中力にかかっているので、次に予定されている大会までに気持ちを切らさないで続けてほしいと思います。

 

 

 

 

 

そして少し嬉しい事がひとつ。

 

練習を終えて力哉と伶星が2人でディファ有明にキックの大会を観に行きました。

 

やはりジムで動くだけでなく、直接会場で音を聞き、表情を観て、その雰囲気を知るのは良い事。

 

特に吸収して成長の幅の大きな年代なんだから、もっともっとプロの大会だけでなくアマチュアの大会にも顔を出して研究してほしいですね。

 

こういったプライベートの付き合いの話であれば聞いていて気持ちの良い話なのでアリです。

 

 

 

 

 

天候も落ち着いて、少し涼しくなって練習のしやすい最近です。

 

それは大会で対戦する相手も同じ事で一気に成長する時期かもしれません。

 

「自分はしているから大丈夫」ではなく、「相手よりももっと質の高い練習をしてやるんだ!」といった気持ちで頑張ってもらいましょう。

 

 

 

自分はあえて少し距離をとって見ていきたいと考えています。

 

その効果が本人達の自覚となって、しっかりと出てくれますように。

 

 

 

気持ちを入れ替えて


お盆休みを有意義に過ごせたのか、そうでなかったのかは最初の動きを見ればわかるもので、今日はみんなの気持ちが出ていました。

 

 

しっかりとストレッチを重ねていた真史や裕一朗などは休み明け一発目から元気よく動いていました

 

 

 

 

 

 

この2人にとっては入会して以来初めての蹴り。

 

そう、大事に育てていたんです ( ´,_ゝ`)

 

なんだか来なくなったもう1人は連絡が無いのでともかく、この2人は本当に楽しんでいるので教え甲斐があるってもんです。

 

安住もそれを感じたのか、真史にマンツーマンでの指導

 

一時はどうなるかとも思われた中学生メンバーの練習離れでしたが、こうやって指導してみるとその吸収しようとする態度が喜びに感じます。

 

 

 

 

ジムに来て体を動かしていれば成長のヒントも転がっているはず。

 

ただそれは本人達の問題。

 

昔から『夏休み』ってのは成長の幅が大きく出る期間

 

この2人以外のみんなもしっかりと成長の夏としてほしいものです。

 

 

お盆休み


忙しさを言い訳にお盆休みのお知らせをしていませんでご迷惑をおかけしております。

 

 

急ではありますが、ジムのお盆休みは

 

 8月12日(金) ~ 8月16日(火)

 

となります。

17日(水)からは通常練習となりますので、みなさんリフレッシュしておいてください ( ゚ー゚)/

 

 

 

少し長い期間となるので、「お前サボってんじゃねーよ!」とかあるかもしれませんが、自分のハ-ドなお盆はすでに始まっていて、リングのマットを洗濯するのに追われています

 

連休前の最後の練習となる10日も、夜に来る連中が全く顔を出さずにひとりでリングのバラしを2時間近くも…

 

そしてお盆休みを長くとるクリーニング屋との都合が合わずに、自分の部屋に持ち帰って風呂場でゴシゴシモミモミビシャビシャと頑張っております。

 

 

 

 

 

ということで、お知らせが遅くなった事をここで詫びるとともに、みなさん良い休日を。

 

 

8月の新人


久々の小学生低学年の入会で改めて指導の難しさを思い出しましたが、これは自分としても気持ちを引き締めるための良い機会。

 

 

今回の新メンバーは 俊佑 (小学2年生!)

 

 

 

まだ初回の練習ではありますが、なかなか集中できない初めての環境の中でよく頑張っていました。

 

何度もわからない動きの繰り返しの中で、注意されながらもやり続ける気持ちは2年生としては素晴らしいものヽ(゚・^*)

 

「強くなりたい!」というのが入会のモチベーションなのですからそうしてやりましょう。

 

男は直球に限ります 

 

 

 

 

こんなカワイイ顔していても熱い心を持っていて、しばらく前に体験に来た際には縄跳びが全くできずに練習の第一歩として不安な部分がありました。

 

しかし今回入会してからの初練習ではしっかりと縄跳びができているじゃないですか

 

お母さんから聞くところによると、しばらくの期間しっかりと縄跳びの練習を一生懸命にしてきたとのこと。

 

こういった気持ちを優先させて練習する人間は年齢など関係なく大歓迎のボクシングワ-クスです。

 

 

 

まだ俊佑のキックボクシングは始まったばかりですが、できない動きをしっかり練習していくことによって少しずつ前進してできるようになり、その積み重ねによって強くなっていく素晴らしさを伝えていきたいと思います。

 

 

再構築


力哉も含め、今回の負けをきっかけとして次の勝負に向けて再構築に動き出しました。

 

 

気合いも入れ直し、力哉は髪も一新

 

駿とミットを持ち合い、今後の課題を考えます。

 

 

 

 

 

 

練習前に話し合い、今後のプランを語った力哉。

 

もっと試合がしたい、課題を決めて作り直していく、ジム全体の底上げとなるようにみんなで練習する時間を増やしていくなど様々。

 

少し抜けている部分もありますが、立派に実力をつけてきている力哉にはみんなを引っ張っていってほしいもの。

 

ここまでハードなパワートレーニングを重ねてきて、体も全く変わった力哉だからこそ変えていける信じています (o*゚ー゚)o

 

 

 

 

 

その熱に刺激を受けたか、自分もやらなきゃと感じていたのか、他のメンバー達も気持ちを出して練習を続けています

 

 

 

 

 

 

パンチを得意とするシルヴァンも、安住と一緒にキックを休みなく連続ラウンドでバシバシと蹴り合い。

 

体作りを優先として頑張る伶星と真史も歯を食いしばりながら根性を見せてみんなに追いつくために必死!

 

この夏は負けをエネルギーとして巻き返しにかけます。

 

 

 

 

 

見ていてそれぞれの成長は感じられますが、欲を言えばもっと気持ちを前面に出して頑張ってもらいたい。

 

どんどん自分にアピールしてくるのを楽しみにしております

 

 

ページ上部へ