ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2011年11月

2011年11月

食っちまえ!


久々のコンビとなる力哉と広川さんが熱い練習を見せてくれていて、互いの頑張りがメンバーに伝わっていたと思います。

 

 

 

最近は全く同じ時間帯に練習をする事のなかった2人ですが、偶然にも重なったために広川さんの熱心さに引っ張ってもらう形でミットの持ち合いをしました

 

 

 

 

 

来月11日のアマチュア大会を予定していた力哉ですが、しばらくの期間はしっかりと体を戻す事に専念して来年に大暴れする予定 く(^ー゚)ノ

 

そのためには広川さんなどの頑張っているメンバーの刺激は大事なトコロ。

 

もちろん次回の大会もそろそろ考えたい広川さんにしたって同じで、まだまだ若い奴等には負けられんって気持ちで構えていてほしいもの。

 

ウチの若い奴等は練習にムラがあるので、言い訳などせずにしっかりと年上を潰しにきてもらいたいです

 

 

 

 

 

そしてちらほらって感じで戻ってきた中学生達ですが、今回は裕一朗が戻ってきました。

 

 

 

まだ伶星が戻ってこないあたりに不安は残りますが、何度もこのブログで言っているように「ジムに来るヤツしか強くできない」って事。

 

寒かろうが、疲れでいようが、頑張ってジムに来る人間はすでに大事な要素である「心」が強い

 

裕一朗も久々の練習を楽しんでできていたので、今後も期待ができます。

 

 

 

 

力哉、駿、広川さん達に食い込め裕一朗!

 

 

 

ぼちぼちでんな


久々の勝利を手にした駿の1日となりましたが、シュートボクシングとしてもアマチュア大会での初の試みという事もあって本人以外にも大会自体も緊張感があって良い日となりました。

 

 

今回の大会が行われたのは体育館などではなく、シーザージム新小岩の練習スペースにあるリング。

 

 

 

ウチのジムにあるリングとさほど違いはないサイズでありましたが、やはり普段とは違った場所との事もあってしっかりとしたアップが必要。

 

 

 

 

 

 

アップのパートナーとしても力哉が務め、セコンドに安住が入り、少数ながらもしっかりとしたメンバーでメインイベントを戦いました。

 

 

 

相手はシーザージムのなんだか男前な選手

 

格闘技には顔なんて関係ないやい!って、そのあたりをモチベーションに、駿の半年振りのシュートボクシング挑戦が始まります ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

 

 

 

1Rはパンチの打ち分けが見事なバランスで入り、蹴りで終わるまでの組み立てでダウンを奪うほどの戦いを見せてくれました。

 

しかし問題は2R…

 

このままではと思った相手はガンガンに勢いで攻めてくる戦法をチョイス。

 

ついでに駿の苦手とする膝蹴りでも捕まり、一気に疲れが見えるようになった駿は相手のパンチにパンチで返すしかできないレベルの低いアマチュアファイターに戻ってしまいました。。。

 

判定ではほとんどのジャッジが1Rを10-8とし、2Rを9-10としたために明らかな後半負け。

 

レフェリーの方にも指摘されていた通りにまだまだスタミナに課題が残るワケですが、こればかりはジム内で行われる練習以外にも個人の練習でも補っておいてほしいもの。

 

 

 

 

 

 

ま、本人が「もっと勝ちたい!」であったり、「もっと上のレベルで戦ってみたい!」と思っていれば必ずぶつかる問題であるスタミナ。

 

今回の駿にだけではなく、力哉にも同じように言えること。

 

意識を高く持って、今後の練習の質を高めていってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

コンスタントに勝てるようになって、試合後はみんなで笑顔のシュートポーズを決めて今後の大会を締めくくれるような選手に育てていくつもりです

 

 

 

今後は「ボチボチ」と言われる試合ではなく、自分から謙遜で「ボチボチです」と言える勝ち方を期待しています。

 

ちらほら...


中学生組が期末試験(かな?)を終えてジムに復帰しだしてきて、ジム内の空気もまた若さのエネルギーが戻ってきた感じです。

 

 

 

一生懸命に頑張って、中1ながらしっかりとした右ミドルを蹴れるようになった将之や、中3トリオの一角でジムで唯一のサウスポーファイターの真史の姿もあります。

 

こういった雰囲気は力哉などにも刺激となって良い効果が期待できるのでコチラとしては大満足 ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

 

 

 

ひとつの技術に対して黙々と打ち込めるのが特徴の将之は、中1という事もあって小学生グループ達とのコミュニケーションも上手で、これからが楽しみなメンバー。

 

パンチよりもキックに対応がよく、成長が早いです

 

 

雰囲気とは反対に、ふくらはぎや足首も太くて頑丈な体をしているのも魅力。

 

若いってだけでも魅力なのに、それでいて体がしっかりしているって事はそれだけで素晴らしい事。

 

まだまだ磨いていきます!

 

 

 

 

 

 

そしてテストで溜まったストレスを吐き出しにきた真史も、久々の力哉との練習で休み明けとは思えない動きの良さを見せていました。

 

 

もともと口数の少ない真史ですが、与えられたメニューはしっかりとこなしていて向上心も強いタイプ。

 

これから体重が増えていくにつれてパワー負けもしなくなって、みんなにサウスポーの嫌な戦い方を見せ付けてくれるでしょう

 

 

 

 

 

 

そしてブログでも練習においてもレギュラー組の駿とシルヴァン。

 

この2人はほぼ同時期に入会しているので、成長を比べてみると面白いです。

 

 

 

今回駿がシュートボクシングのアマチュアワンマッチ大会にエントリーしていることもあり、体重も大きな差の無い同期組で軽いスパーでも。

 

なかなか順調に減量が進んだ駿なんで、今回は動きも良くて期待できそうです

 

大会に顔を出せないメンバーも応援はしているので、その期待に応えてほしいですね。

 

 

 

 

2011年も残り少なくなり練習できる回数も減ってまいりましたが、最後まで攻め続けて様々な大会に挑戦して、ジムとして尖っていきましょう。

 

 

新旧コラボ


前回のももクロのネタはしまっておいて、今回は最近のジム内の真面目なお話といきましょうか。

 

 

 

まずは小学生メンバーの番長であります帝一(4年生)とコラボするのは最年少の俊介(2年生)

 

 

 

今までは頑張って試合のためだけに練習していた帝一ですが、後輩を教える立場になったんですね

 

やはり伝えるって事は、自分がしっかり理解できているという事。

 

まだ子供ではありますが、体育会系としてできあがってきているのは見ていて面白いモノですね (o^∇^o)ノ

 

 

 

 

そして伝説の『会員ナンバー00』のシゲと、のらりくらりの微妙なエースの力哉

 

 

 

 

 

 

なんせ3年前のオープン日である10月17日に入会したシゲには精神的に支えられました。

 

寒くなってきた10月の17日にオープンし、いつになったら最初の会員さんが入ってきてくれるのだろうって時に、初日に入会してくれたのはとても大きな事。

 

そんなシゲが大きなブランクを経て、今月の頭から久々の復帰

 

力哉との初遭遇となった今回の練習では、力哉本人も久々ってこともあるのでボディスパーとして軽く行われました。

 

う~ん、こういった絡みは新鮮でとてもイイ事!

 

 

 

 

新しい組み合わせが実現していくのも面白いですが、普段からのメンバー同士の絡みもマンネリとならずに相乗効果でレベルアップしていって欲しいもの。

 

そうです!

 

ジムを引っ張っていくのは、会長ではなくメンバー達が作る空気なんです!

 

任せたぞ!

 

 

求めるトコロは何?


やっと力哉もダラけた状態から帰ってきたので、少しの説教とこれからを話し合いました。

 

 

ま、これからを決めた力哉にはたっぷりと成長してもらいましょう。

 

そんな話はこんな感じでイイでしょう。

 

 

 

 

練習終わりに駿も含めて3人で話していたんですが、プロやアマ、ジムなど全てにおいて格闘技関係の人間のブログって面白くないと。

 

もちろん勝負するのは体であって、喋りではないので何の問題もないのでしょうが。

 

そういうこのブログも自分で書いておきながら、ツマンネー事ばかり…

 

ま、発信していながらも他の誰かに見られたらって頭があるからみんな仕方ないのでしょうが。

 

だってさ、どんな飯食ったとか、自分の飼ってる犬の写真だとか、刺青自慢だとか、無駄に「親友」って言葉を連発したりとか、素直に受け入れられない自分のヒネクレた性格もいけないのでしょうが (´ρ`)

 

自分の性格を知っているメンバーや友人などならば理解もしてくれるんで、愚痴や批判などの歪んだ内容のブログで飽きさせることのないクオリティで発信できるのでしょうが、やはりジムの評判にも関わってくるので

 

 

 

 

どアップのペットの写真とか、みんな自己満足でやっているので、たまにはここらで自分もやらせてもらおっかな。

 

って事で、BOXING-WORKS 水龍會の会長がお送りする自己満足なネタは

 

 

ももいろクローバーZ

 

 

です。

 

とにかく素晴らしい

 

動画サイトで検索して、5人(以前は6人)の頑張っている姿を見てください。

 

もうとっくにオッサンになった自分がハマってしまうんだけど、AKBみたいにメディアに守られているんじゃなくて、常に攻めているスタイルがタマラン!

踊りのスタミナも含めて、他のアイドルでここまでできるのはいないだろうな。。。

 

こういった姿には素直に応援したくなるし、見習おうとも思う。

 

ただファンのオッサンの勧めだからとかじゃなくて、ウチの若い連中にもぜひ見習ってもらいたい部分であります

 

そうしているうちに同じようにハマっていたりしてね(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに自分の推しているのはリーダーで赤い衣装の百田夏菜子ちゃん。
(エビ反りジャンプはハンパないよ!)

 

 

 

 

自己満足も少し吐き出したから、次からは通常の常人モードでジムの日常をお送りしたいと思います。

 

 では。

 

 

しっかりと!


ひとつの技術に対してとても熱心な2人の安住とジさんが徹底的にリング上での反復練習です。

 

 

しっかりとジさんをサポートして、ストレートとフックを伝える安住。

 

ジさんもその熱に応えてしっかりと打ち込みます。

 

 

  

 

 

 

とにかくパワフルなジさんのスタイルなんで安住も押されたでしょうが、しっかりと受け止めてパワーを最大限に引き出すように頑張ってくれました (゚∇^d)

 

最近では特に脱力を意識して練習している安住が、力んでしまうジさんに対してどのように伝えるのかが見所でしたが、最近はイロイロと探しているようで、「サーシャ・バクティン」といった選手の柔らかい動きを見てイメージを増やしている安住からは少し変化が見られました

 

 

こういった形で自分から新しいものを求めていくのは若い選手にも同じようにしてほしいもので、直接は言わないですが、こういった場所で少しだけボヤかせてもらいます。

 

 

 

 

ま、まずは日々の練習をサボらずにしっかり

 

 

膝日和


いよいよ寒くなってきたのでジムに練習に向かう足が重くなってくる季節ですが、そんなときこそ会長を独占して技術力をアップさせるチャンス!

 

 

 

今回のチャンスを掴んだのは裕一朗と真史の2人。

 

自分としては特に成長を見ていて楽しめる2人であります。

 

同級生である伶星は脱力して戦うのが下手なので、スピード重視のこのコンビは自分の習ってきたファイトスタイルに対応できて楽しいのです。

 

そして今回は膝蹴り

 

…というのも、近々試合の匂いがしてきているので、その試合においてもイニシアチブを握れるようにと対策も兼ねての事 ┌|∵|┘

 

基本的にはムエタイのジムってわけでもないし、もっと大事な練習も優先順位としてあるので首相撲はやらないでおいたのですが、ここらで本格的に強くさせたくなって

 

自分なりに解釈してみて、入り方、対処の仕方をボクシングワークススタイルの膝蹴りとして伝えてみました。

 

 

 

  

 

 

 

思った通りに新しい技術に対しての吸収力は素晴らしく、こちらもとても満足。

 

膝の練習といったものは練習相手との接触時間が多いためにハードとなりますが、得られる効果も大きくてすぐに反映されるのも良いものであります。

 

 

 

2人にはもっとハングリーになってもらい、グイグイ求めてくる選手になってほしいと思います。

 

これからの時期に本当に強くなるのは2人でしょう!

 

 

越冬


毎回の作業となるのですが、何度やっても上手にできないものでして、今回もジムのメンバーの手を借りることに…。

 

 

ま、ポジティブに考えると毎回新鮮な気持ちで冬支度をできるという事で

 

 

 

もっと早くできると思っていたのですが、サクヤや将之が次々とジムに顔を出し始めたのでお手を拝借。。。

 

 

 

キックボクシングは裸足でするため、シューズを着用するボクシングとは違って冬の床の冷たさは練習の度に堪えます。

 

相手を蹴りまくっていいとルールの中で認められているのは寒さを忘れてしまうほどの素晴らしさではありますが v(゚∇^*)

 

 

 

 

こうして冬支度も済ませたので、寒さを理由に全くジムに顔を出さなくなる前に、ちゃんと練習をしていきましょう!

 

そうすりゃ気マズさもなく、いつでもジムに来れますよ

 

言い訳は無用

 

日曜だって負けちゃいない!


前日の熱をそのままに、また違ったメンバー達が日曜日の練習を一生懸命に頑張っております。

 

 

 

来ない人間はもう…

 

ま、通信教育が不可能なために、来る人間しか指導できないのでしっかりといきます。

 

前日の頑張りをそのまま出していた将之は少しずつキックの感覚がわかってきた感じで良い傾向に。

 

体の動きを頭でコントロールできなきゃ、やってる意味がないからね ヽ(´~`;

 

ただ体重があるからだとか、力に頼るスタイルが一番嫌いな自分としてはこういったスタイルを受け入れてもらえるようにしていきます

 

 

 

そして今日はシルヴァンと山口さんが揃ってスタート

(オマケでシルヴァンの長男のレオもいます)

 

 

 

ゴルフに効果のある練習スタイルを求める山口さんのメニューを自分の引き出しの中から考え出すのが最近の楽しみでもあります。

 

やはりミットだけ持てても『師匠』である坂詰さんには近付けないので、こういった要求はとてもありがたいトコロ。

 

同時にキックボクシングやほかの競技に対応できる体になっていくのだから、こりゃトレーナー冥利につきますね

 

 

 

 

もちろん日曜の緩い時間の流れではなく、そこは格闘技のジムであるためにシメる時間はビシッとやります。

 

それでも、練習が終わったならばみんなで掃除をして終了。

 

 

 

大人達に交じって、レオもしっかりと。。。

 

癒しの特別メンバーもいる事で週末の練習も楽しく過ごせました。

 

 

 

しかし、中3トリオはなぜに平日しか来ないんだろうか???

 

 

熱い土曜


ちょっと前ならば土曜日の練習に人などあまり集まりませんでしたが、最近は昼から練習する気持ちや、休みでも動くといった気持ちが熱となってみんなが集まってくるようになりました。

 

 

とにかく頑張っている人間がジムにいるのは良い事ですが、逆に来ない人間が余計に目立ってしまうのはまた残念でもあり

 

ま、置いていかれるのも本人のせいであるので文句は無いでしょう ( ´△`)

 

頑張って毎日の練習に参加している将之は安住と徹底的にボクシングの練習でスキルアップを!

 

 

 

基本運動やサンドバッグはともかく、直接人と向き合って攻撃を出す事に抵抗のあった様子の将之ですが、安住の熱い指導によってだいぶ進歩したようです。

 

若い人間の成長は早いので、このままグイグイ上がっていってもらいましょう。

 

最近の若いヤツ達は、ある程度できるようになってくると満足して勝手にペースを変えてやりたい事だけ言ってくるんで…。

 

 

 

 

そして土曜日のレギュラーとなっている池(ジ)さんもたくさん汗を流しながらのジムワークを。

 

 

 

普段の仕事もハードなうえに、更に家族サービスもしながら時間を作って練習に来てくれているジさんですが、その少ない時間を一生懸命に使っているのは指導する立場の自分としても嬉しいトコロ

 

この熱さを見習ってくれないかねぇ。。。

 

 

 

 

そして練習の最後はみんなで課題を持ってのスパーリング。

 

 

 

そこにはリングで復習する安住と将之だけではなく、1時から動いている駿だったり、少ない時間でもジムに来て頑張る広川さんも一緒に

 

土曜日は特にイイなぁ。

 

ウチのジム生にとって、強くなるには良い環境が揃っています。

 

 

 

 

 

そして足の怪我も回復し、ジムにも復帰した帝一も同級生でジムでは後輩にあたるサクヤの練習パートナーとして引っ張っていってくれています。

 

 

 

 

 

 

一番キッズクラスがハードであった時期の練習を知っているメンバーなので、大人と基本運動で組む事になっても同年代と組む事になっても頼れる選手に育ちました

 

試合に負けて泣ける熱さがあるからこそ!

 

 

 

 

これからは指導する側のも問われていくでしょうから、みんなに負けないよう、そしてみんなに見せることのできるようにしていきます

 

 

 

ページ上部へ