ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2012年3月

2012年3月

実りの春!


今回の練習はいいモノを見せてもらった! リングに上がっちまえば『本能』で勝手に動き出すんだけど、そこまでに来る流れに問題があるようで…。

 

 

 

伶星の声かけでスタートしたスパーリングですが、みんなトータルしたら何ラウンドやったんだろう???

 

疲れたからやらないなんていうヤツは1人もいずに、それぞれが現状の自分を出し切って頑張っていました

 

そうとあったら病み上がりなんて事は言い訳にならんと、会長も15ラウンドも動いて健在っぷりを見せておきました ヾ(´ε`*)ゝ

 

 

それにしてもみんなイイ表情をしていたなぁ。

 

伶星、真史、裕一朗のそれぞれがみんな4月から違った環境を経てジムに集まるワケだけど、高校進学をしないこととなった真史も心配していたような雰囲気はなく、それぞれに成長している事を見せてくれました

 

 

  

 

 

 

この気持ちのイイ雰囲気がいつまでも続けばなんて夢みたいなことを思っちまいますが、なかなか現実ってのは難しいモンでして…。

 

何度も期待をして、そして悲しい思いをしてきたので、一回一回を大事に指導していくしかないいんです

 

 

 

 

もちろんキッズだって勢いは落ちず、、、

 

 

 

最近の帝一はキャリアにプラスして、先輩としてしっかりとしてきたのが非常に伝わってきてたくましく成長してきています。

 

もちろん大会でも結果を出してもらいたいですが、やはり人間的な成長に関われている事に喜びを感じます

 

 

 

若い連中の転機となる春にどれだけの成長があるのかが楽しみです。

 

 

向上心


最近のキッズチームの増加に伴い、練習方法にもバリエーションを持たせようと今回はチーム分けをして競う形に。

 

 

 

チームのリーダーは帝一と拓真。

 

今後も練習の軸となっていくであろうライバル同士が、チームを率いて基本運動のクオリティを競います

 

マー坊&俊佑の2年生コンビを従える帝一チーム

VS

同級生のヒロトとのチームワークで勝利を狙う拓真

 

 

何よりもチームリーダの2人が負けず嫌いなのがポイントで、それによってチーム内で声を出し合ったり、動きに関する注意点を声かけ合ったりと良い効果がいっぱい!

 

 

勝敗はどちらにも良い部分があり、今回は引き分けに

 

リーダーとしての責任とプライドを刺激するとキッズでもここまで立派な成長をみせるのだと知らせてくれた練習でした。

 

 

 

上の世代にも知ってほしい頑張りの『熱』がありました !(゚∇^d)

 

 

慣れ


もうお粥とうどんを交互に食べる生活に慣れてもきて、そのうどんの具に「はんぺん」がプラスされている事を喜べるぐらいの手頃な人間になった自分ですが、なかなか子供達の一気の繁殖には慣れず。。。

 

 

 

今回の練習はそれぞれが決まった時間に来ず、みんな別々に動き出したために動きがバラバラ

 

友達を体験に連れてきて張り切っているマー坊がいれば、少し目を離した隙に喧嘩している英誉と湧生もいたりとメチャクチャ。

 

個性の強い連中が揃っているのでそんな事も楽しみながら成長を見守っていくしかありませんが、帝一や拓真が強さで抜けているので軸となって頑張ってくれます (*´ο`*)

 

 

 

 

 

後輩ができる事で成長していくシステムがはっきりと分かるので、子供ってのは単純ながらもしっかりとできているんだなと感心させられます。

 

まだまだ後輩のままで成長しないのもいますが…。

 

 

 

 

 

そして、成長したフリが得意な年代ですが、久々に伶星が練習って事で駿とじっくりと。

 

今後はあまりこちら側からのアドバイスを控えていこうかと考えていて、自分で現状を打破しようといった気持ちに期待してみようと思います。

 

若い人間に期待して何度もバカを見ている会長ではありますが、そろそろ神様も優しくしてくれるハズ

 

でも、もう昔ほどは気持ちを預けるのに少し怖くなっている自分がいるのもありまして。

 

それだけ若い人間が格闘技のプロのリングに立つ事に魅力を感じなくなっているのかもしれないし

 

残念ですが、健康維持の視点やダイエットなどの効果もアピールして生き残っていくしかありません。

 

 

 

 

 

 

スパーリングで思うように動けずに悔しがる伶星の表情を見ていたら、まだ頑張ってくれるだろうと思いました。

 

 

 

 

何度も仏の顔を見せてきた自分ですが、そろそろ本心をと思い若干ですが2人の前で話しました。

 

伝わってくれ!

 

頼む!

 

俺にガッカリする事に慣れさせないでくれ!

 

 

反省


しばらくぶりの更新でありますが、サボってた訳ではなく…。事情がありまして (-。-;)  

 

 

 

なんとも情けない事に、連日の下痢に見舞われまして

 

このままだと尻が破壊されてしまい出口がダメになってしまうので病院にいってまいりました。
(人によっては入り口として使用される方もいらっしゃるでしょうが…)

 

 

診断結果は胃腸炎ですと。。。

 

お医者さんによると最近流行っているとのことなので、みなさん気をつけてください。

 

 

 

 

それにしても食事が全く楽しくない

 

ヨーグルトかお粥しか食べていない最近なので、月曜日からのジムワークにどれだけ影響するかはわかりませんが、薄めたポカリを飲んでいるんで大丈夫かな(笑)

 

 

 

しかしここ最近は駐車違反で切符を切られたりと嫌な事ばかりが続きますわ。

 

ま、原因は自分にあるので誰に文句も言えませんが

 

こうなったら減量をしちゃいましょうかね。

 

 

 

みなさんは体を壊さぬように春を楽しんでください。

 

ラーメン・焼肉・寿司など食べたい時にしっかり食べれる体力を維持し続けてください。

 

 

子供達の勢い


ここ最近のキッズ達の勢いは本当に凄く、みんなで練習しているレギュラーメンバーは成長が早くてこちらとしても大満足です

 

 

番長の帝一を筆頭に、グイグイと頭角を現してきている拓真、その2人のサッカーの後輩であるマー坊、その他にもまだまだ控えています。

 

 

 

 

 

 

まだ拓真と帝一を比べると技のクオリティは違いますが、入会してからサッカーの休みの日以外は1日も休みなく練習に来ている拓真には大きな可能性が

 

それ以外のメンバーも、みんなで練習の際には互いに負けまいと頑張っています

 

 

 

『競る』相手がいるって事の大切さがわかる最近です。

 

そーいや自分も空手を始めた高校生の時に、先輩を倒しちまえば文句はないだろって思ってたし、そうやって上がっていったんだから。

 

これからもっと楽しくなってくるキッズクラス。

 

楽しませてもらいましょう (@゚ー゚@)ノ

 

 

まとめてドン!


いろんな写真が溜まっていて時間の流れが曖昧ですが、伝えたいことはひとつで、「下と上が頑張っていて中間はどうした!」って事です。

 

 

相変わらず元気の良いのがキッズグループですが、その中でも拓真がいるのはとても大きく、少しふざけているメンバーがいれば注意や厳しく対応し、自分の練習には厳しい姿勢は小学生としては素晴らしいものです。

 

まだ帝一とスパーリングをするのには少しレベル的に敵わない部分もありますが、サクヤと一緒に同級生として頑張っております o( ´皿`)○

 

 

 
   
 

 

 

久々にメンバーで『熱い気持ち』を前に出しながら練習する男を見た気がします

 

この熱がみんなに飛び火してくれればと思います。

 

 

 

 

 

そして年代で考えると中間が抜けていますが、30代よりも上のチームだって負けちゃいません。

 

写真は広川さんと私(瀧本)です。

 

 

 
   
 

 

 

ちなみに自分の写真ですが、やられたりスタミナが無くてボロボロになっているのではなく、テーマである『脱力』を意識しているところです。
(念のため

 

最近ではジム内で蹴りに重点を置いた練習を多くしています。

 

キックボクシングジムなんだから当たり前だろって事ではなく、ペースを掴むためにいろいろな小技も大事な部分。

 

 

 

こういった形で一気に写真を放出する形となりましたが、やっぱり子供達とは別に若い連中が少ないのは寂しい

 

期待さすだけさして「やっぱナシ~♪」はやめてくれよ!

 

 

Theme


小学校でも、サッカーチームでも、更に今月からジムでも後輩となるマー坊の面倒を見る帝一に成長を感じます。

 

 

ジムの全体を見ても古株としてキャリアがある帝一が、最近の新規キッズメンバーの面倒を見る事で実戦のリング以外の強さを手に入れられればと思います。

 

 

 

 

 

 

ジャイアント馬場さんが目指したプロレスのテーマである、「明るく、楽しく、そして激しい」を自分がジムを起こした際にも掲げた以上は、その教えが帝一に伝わって、その手に持つミットからマー坊にも伝わればいいと思っています

 

カワイイ小学生メンバー達が育っていくのを見ているのは癒されます (*´ρ`*)

 

 

 

 

ちなみに、自分の『座右の銘』というか、テーマは「結果オーライ」 

 

ですが、普段からやっていないと結果は得られないもの。

 

これからは口だけで動かないヤツは厳しくいこう

 

それもまたひとつのテーマ。

 

 

ジュニアチーム本格スタート


3月から新メンバーとなった2人の本格的な練習がスタートし、他の小学校のメンバーなどとの絡みも出てきました。

 

 

 ◆以前から帝一などの練習をジムの外から覗いていて、空手の経験がありながらも「キックをやりたかった」と言ういいかにもヤンチャな下町の悪ガキって感じが魅力の拓真(タクマ:小学4年)

 

 

 

帝一や拓真と同じサッカーチームでプレイしているメンバーでもあり、そしてまた今後もこれからジムでも一緒に練習することとなったノンビリ屋の将也(マサヤ:小学2年生)

 

 

 

いかにもヤンチャな顔した拓真と、なんとも愛しい顔したマー坊(将也)はこれから先輩達としっかり練習を重ねて早く追いついてほしいものです

 

 

 

何よりも練習を楽しいと思える事が成長の第一歩となるので、このままのペースで楽しんでいきましょう。

 

 

 

やっと気温も少しずつ暖かくなってきて、運動のために外出するのも苦でなくなってきました

 

みなさんもキックボクシングに興味のある友達を連れてジムにどうぞ (^ー゚)ノ

 

 

初遭遇


力哉の練習ボイコットが全く収まる気配もなく、連絡も取れないので月曜日で来てくださった池森さんとは伶星がスパーリング

 

 

しかし、大会前にインフルエンザにかかったからといって母親がわざわざ連絡をしてきたので、自分が力哉と最後に話したのは2月15日。

 

ま、インフルエンザはたまにキックボクサーの精神までも侵すなんて話があるぐらいですからね。。。

 

インフルエンザにかかるのは誰のせいでもないので申し訳ない話でもないし、そもそも頑張ると言っていたのにどれだけの事が起こっているのだろう (゚ペ)?

 

ま、毎回同じ事を続けてもらっちゃ信用は失っちまいますわな

 

そんなタイミングで新しい勢いを持った伶星が頑張りを見せているので、必然的に池森さんとの練習もスライドします。

 

初めての顔合わせでしたが、いきなりのスパーリング。

 

 

 

 

 

 

スパーが終わった後に「怖さがハンパなかった」と言っていた伶星ですが、こんな経験は普通の中3ではなかなかできるものではなく、これからの練習にも活かしていけることでしょう。

 

まずまずの手数も出ていて、次のチャンスのためにしっかりと練習を期待します。

 

 

 

 

 

ついでではありましたが、これだけ長い期間のお付き合いをしていただいて、初のスパーリングを自分も池森さんとさせていただきました

 

久々にリングの上で『本物』と向き合った時の緊張感にはたまりませんでした。

 

まだまだ自分もファイターの感覚は腐っちゃいないと実感できた日となりました。

 

久々の景色


しばらくの間受験勉強のためにジムを休んでいた中3トリオがやっと揃って練習をする日が帰ってきました。

 

 

自分としてはこれからが楽しみな世代の軸にいる人間達ですから、やっぱり3人が揃うと嬉しいもの

 

 

 

それぞれの個性が出ていて、揃った時でないとわからない成長の度合いも見れました。

 

やはりこの時期は焦って技術を詰め込んでいくよりも、しっかりと理由を説明しながら理解させて体力アップを優先させていく事が重要だと思いました (゜-^*)σ

 

 

中学を卒業して、新しい環境からジムに通う事になる3人達。

 

この3人だけでなく、これに近い世代に頑張ってもらわないとテレビで格闘技の試合が流れない今の状況ではまたマイナーな競技になってしまいます

 

今でも女子には「ボクシングはパンチだけで、キックボクシングは蹴りだけなの?」とか悲しい質問に答えなきゃならない時代に戻ってしまうかもしれない。。。

 

 

 

 

今後の格闘技界と、今後のジムを背負う気で頑張ってくれ!

 

まずは自分の事だろうけど。

 

ページ上部へ