ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2012年12月

2012年12月

これにて終了


23日:忘年会、25日:最終練習日、26日:大掃除と毎日の課題があった最近ですが、本日の大掃除をもって今年は終了となります。

 

 

 

平日の昼間に行われる大掃除はもっぱら子供が主力となるので、戦力として少し不安な部分も…。

遊びに流れだすとそのまま終えてしまう可能性も

しかしそこは信じてやっていきましょう。

 

 

 

帝一とハルトのコンビはとても良く、危険な作業から楽しむ動きも息ぴったりで動いていました。

マットを取って床掃除もし、蛍光灯も拭き、リング内も珍しく雑巾がけ!

ここからがお楽しみのデッキブラシを使っての「外の部」

 

 

  

 

 

 

外に出て最初のうちは玄関のあたりをしっかりやってくれていたのですが、終盤は水をかぶりながらのデッキブラシレース(そんなレースあんのか?)に発展 (・・;)

本人達は跳ねた水でかなり汚れていましたが、楽しくやっていたのと手遅れだったのでスルー

 

 

 

一年の最後を元気なキッズ達と一緒に掃除をできたのも来年に繋げるためには良かったです。

どれだけふざけても、叱られても、最後はしっかりと掃除を終えてキレイに仕上げる。

 

 

 

これにて2012年のBOXING-WORKS 水龍會の全予定は終了。

来年はとにかく欲張っていくためにも最初からフルスロットルでいきます

今回手伝ってくれたキッズ達はもちろん、ジムメンバーのみなさんも今年はお疲れさまでした。

来年もしっかりと動けるように体を休めておいてください。

 

とにかく1月からスパートです!

よろしくお願いします。

 

2012 BOXING-WORKS 忘年會


例年では土曜日の練習後からの流れでスタートする忘年会ですが、日曜って事もあってゆっくりと準備をしながら始まった今年の忘年会。

 

 

 

普段のレギュラーメンバーに加え、そのキッズ達のご両親や、広川さんは奥様や3ヶ月のジュニアも一緒に参加。

久々にシンも来たり、とにかく盛り上がりました。

みなさんの持ち寄りのご協力もあって食事や酒も充実していたので買い足しに走るなんて事もなく、満足に食べて遊んでとキッズ達も普段とは違ったジムを満喫の様子

 

 

 

 

 

普段はなかなか話す機会のない人間同士の交流がこういった機会での醍醐味ですが、その中でも一番の人気だったのが広川さんのお子さん。

めったに赤ちゃんに触れる機会はないので自分もと思って抱いてみましたが、壊してしまいそうで変に力が入ってしまい、腕がパンパンでした…

 

 

 

会の途中での集合写真でもみんなまだまだ元気で時間や酒の量なんて気にしていない様子。

これもまた普段から鍛えているからこその成果 (゚ペ)?

 

 

 

この後も忘年会はまだまだ続き、用意した酒はほとんどなくなり、ピンピンに張っていたリングのロープは子供達が登っていたお陰でダルダルに

すべて想定内とはいえ、ここまで盛り上がったのは期待以上で嬉しかったです

通常ならばジムを閉める時間をとっくに過ぎていてもまだまだ元気なジム内は、更にメンバーも増えて屋代君と島田君も合流。

キッズチームに負けない男子チームの盛り上がりも二次会も込みで楽しかったです。

 

 

 

これで大掃除(26日)を除けば年内のイベントは終了。

楽しく、それぞれの交流もあり、新しいメンバーも増えて、充実した内容の一年だった『BOXING-WORKS 水龍會』

来年は2月に予定されているアマチュア大会に向けて年明けから全開でいくつもりです

 

 

まずは年内最後の練習(25日)をしっかりと終えて、2013年の目標を設定しましょう!

 

あっぱ~


もう残り少ない練習日ですが、最後までしっかりとしたチームワークでそれぞれが頑張ってくれています。

 

 

 

なかなか一緒の練習になる事のない駿と屋代君ですが、体重も近いので良いパートナーとなるはず。

ボクシングスパーでは屋代君の『必殺』であるアッパーが駿のペースを乱し、その後のミットでは更にアッパーを磨いていました (*゚ペ)==○)))

 

 

会長の唇をボロボロにするほどの強烈アッパー

これを徹底的に磨いていくのも面白い!

ひとつでも代表的な技があれば、それをベースに流れを組み立てていけるはず。

 

 

 

 

 

なんか迫力のあるイイ写真が撮れました

 

 

 

ミットを受けるのも自分の練習。

受けながら流れを作ってあげることで自分の幅を広げるってモン。

どんな状況もプラスに繋げることができればまだまだ成長があるはず。

 

 

 

年末だからってユルい練習してちゃ来年は通じない!

まだ練習日は残っているので、最後までしっかりと自分に厳しくいきましょう

 

忘年会を控えて...


冬場は練習をするのにジムに行くのも嫌でしょうけどねぇ、、、年末で忘年会もあるし、最後のスパートとして頑張ってもらいたいものです。

 

 

 

その中でも相変わらず元気のイイのはキッズの練習。

特に火曜日のマー坊は幼年クラスの龍大のお兄ちゃんとしても大活躍で、こちらも助かっています。

 

 

次男として育った本人には、少しだけお兄ちゃんをしてみたい願望でもあったのでしょうか?

なかなか面倒見がよく、これなら今後も安心です

 

 

 

 

さて、最近の練習で一緒していたようで久々の手合わせとなる駿と広川さんの2人。

様々な理由で同じ時間にジムにいる事がなかったのですが、また久々のスパーなどをして互いの技や距離を確認していました ∩( ´∀`)∩

 

 

 

 

 

少しずつ新しいメンバーの加入も増え、体験の方も来られるようになってきた最近。

寒い季節ですが、頑張って一歩進んでみればそこにはアツいジムがあります。

自分の中にある「キックボクシングをやってみたい!」って気持ちの熱いうちに始めちゃいましょう

ジムに来れば誰かしら仲間はいます。

学校や会社とはまた違った社会がありますが、新たな仲間を求めてみんながひとつの事を頑張れたらステキだと思います。

 

 

 

いよいよ忘年会は23日(日・祝)の18:30からです。

それまで体力を出し惜しみせずに練習しましょう!!!

 

求人情報


ジムで働きたい人間を募集しているワケではないのですが、ジムで練習をしたいって人間は大募集中です!

 

 

 

って事を伝えたいのではなく、「求める人」をお知らせします。

毎回のように一人の練習でもしっかりと課題を決めて、その日のゴールを設定して頑張る安住。

自分も少しでも役立てればと伝わりやすい表現でイロイロとアプローチをしております

 

 

ボクシングの技術に頼ることなく、新しいモノを求めていく人間って意味での「求人」

そんな人間がいるから他のメンバーも刺激を受けて伸びていく。

ここで頑張ってみんなを引っ張る存在として大きくなってほしいです。

 

 

 

求めるモノはもっと大きく、そして自分としても安住にはもっと求めていきたいと思います。

 

流行りモノ


最近キッズ達に積極的にさせている首の鍛錬であるブリッジですが、トレーニングの域を出てパフォーマンスの楽しみとなってきています。

 

 

 

なんせ自分が軟体に仕上げたんですから、こういった部分でもその成果は出るモノ

もう頭のてっぺんでもなく、オデコでもなく、鼻までいっちゃってます (@Д@;

 

 

  

 

 

笑顔でブリッジを楽しんでいられるんだから、このまま放っておいてもレギュラーメニューとなって続いていくでしょう

 

どんな部位でも鍛えるってのはイイ事だ。

自信があるパーツがあればそこから発展していくでしょう。

でも偏っちゃいけない。

だから楽しさをコントロールしながら上手に成長させていきたいと思います。

 

 

 

 

 

なんせ続けていけば楽しい事がどんな世界にもありますからね。

自分もシュートボクシング協会にジムとは別の仕事の話で伺ったんですが、S-cup2006のチャンピオンベルトと一緒に写真撮影をしてきちゃいました

 

 

こんな機会は普通じゃなかなか巡ってくるモノではないし、これも続けたからこそでしょうか。

調子に乗って腰に巻いちゃってます

ジムのfacebookページでは「どうせなら腰に巻け」とのコメントをもらってたので、こっちで調子に乗った自分をお見せいたします。

 

サポートのお仕事


3月に入会した小学3年生がここまでになってくれるとは思っていなかったので、嬉しいのと驚きでゴチャゴチャです (〃д〃)

 

 

 

ジムの4周年をきっかけにスタートした『幼年クラス』ですが、そのクラスの龍大(リュウト)ができない動きがあったり、テンションが下がったりしたら自らの意思でサポートに入ってくれる将也!

お兄ちゃんとしての自覚ってやつなのか、もともと面倒見の良い人間だったのか、とにかくマーのサポートにはとても助かっている『幼年クラス』です

 

 

 

 

もちろん自分の練習だって忘れちゃいません。

積極的に自分から攻撃を出していく事を課題に、ハルトとのスパーリング

もちろんアマチュアシュートボクシング大会を意識して、防具は同一の物を着用です。

 

 

ハルトも武器であるスピードを使ってリングを動きまくります。

最近はコンビネーションなどのしっかりとした練習が多かったためか、キレイに戦おうとして手数が減っているマー坊が気になりますが、試合が決まればスイッチが入ってくれるでしょう

 

 

 

週に4回を基本に、土・日にも練習に参加している本人ですからスタミナや柔軟性、技術の成長はもちろんあるとは思っていましたが、弟分のケアなどができる精神的な成長が嬉しいところ。

「精神を鍛える」って事で始める格闘技は空手だけじゃない

何かに真っ直ぐに取り組むから精神が鍛えられるんだ

 

 

…と、どなたか入会を考えている方がいたら薦めておいてください。

 

日曜の交流


毎月第1・3の日曜日は練習日としてジムを開けていますが、最近はもっぱらボクシングの交流に役立っています。

 

 

 

しかしジムの子供達はサッカーだし、一般メンバーはわざわざ日曜日には顔を出さないって事で人数は少なめ…。

こういったじっくりと練習できる日こそ大事なのですが、タイミングなんで仕方ありません。

 

今回ジムに来てくれたのは、帝拳ジムからホルヘ・リナレス選手(WBC世界フェザー級/WBA世界スーパーフェザー級2階級王者)とハルト君(小学4年生)の2人。

ウチにもハルトはいますが、このハルト君はボクシングセンスがハンパない

池森さんとのミットも同じ帝拳のリズムでスムーズです。

 

 

この後のスパーも、自分や池森さんの息子のアリ君と

 

 

 

 

 

4年生でも小さいハルト君とではかなり身長差があるのでこちらの腰と脚がパンパンでしたが、体感してこそウチのキッズ達にも反映できるってモンなのでここは大事に。

 

もう1ラウンドはアリ君(2年生)とのボクシングでしたが、あまりスパーの経験がないのか雑になる場面も。

いずれウチのメンバーとリングで交流する日までしっかりと対策をしておきたいと思います

 

 

 

最後にみんなで撮った写真は、スパーリングなどでも一緒したボクシングジム練習生の彼とも。

 

 

やっぱり年齢の差や国の違い、ジムや競技が違っても強くなろうとする人間が集まるってのはイイですね!

次回(16日)が今年最後の日曜練習ですが、最後までしっかりと勉強したいと思います。

 

まずはウチのキッズメンバーの底上げです ヘ(゚∇^ヘ)

 

ページ上部へ