ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2013年1月

2013年1月

新たな波

メンバーの入れ替わりの中で「これは!?」と思う出会いがありますが、涼介と一緒にジムに来たよししげもそんな存在。

 

 

 

もう運動神経では過去に出会ってきた選手の中でもバツグンの涼介。

なかなかこれだけの素材はいないと思いますが、選手としてプロを目指すとかではなさそうなのが残念…。

でも素材の良さを引き出す楽しみってのはまだまだある

これからゆっくりと説明をしながら育てていきたいです。

自分の過去と重なる点のあるだけに放っておけません。

 

 

 

そして涼介の友人である「よししげ」

ま、レギュラーメンバーとして合流したら「ヨシ」か「シゲ」のどちらかで呼ばれるのでしょうが、コイツがまた骨太で立派な体格 (*TーT)b

本能で戦わせてみても、なかなかの動きをするし、パワーが凄い

フォームが安定せずに疲れてしまう部分もありますが、型にハメてパワーを失いたくないといった部分もある野生的なファイターです。

 

 

もちろんミットを蹴らせたら対照的な2人の姿。

 

 

 

 

これからの成長がどのように進んでいくのかが楽しみなところ。

とにかくキックボクシングを楽しんで、好きであれば続いていくもの。

中途半端な形で止めていかないように体の成長ばかりを追っていかないようにリードしていきたいと思います

 

最後の約束

なんかカッコつけたタイトルになってしまいましたが、やはり何度も同じ問題で話し合いをしたくないのでこのへんで…。

 

 

 

今回の話は何度も練習をサボり、話し合うとまたしばらく来て、またサボりの繰り返しをするジュニアエースの帝一のお話。

もうホントに運動神経もよく、技の吸収も抜群なんだけど、長続きしない

もちろん周りの友達が遊んでいるんだから自分も遊びたいってのも理解できる。

だったらジムを辞めて遊ぶのかというとそれもまた違うらしい。

だからって、試合で勝てばイイって話ともまた違うんだけど 「(´へ`;

 

とにかく「やる!」って言うのなら、それを信じて一緒にやるしかないので、久し振りに年上の陽樹とのスパーリングを大会仕様の防具でスタート。
※他の写真はジムのfacebookページにあります。

 

 

  

 

 

 

課題は身長差だったのですが、気持ちでは引かずに前へ前へ

押し込まれる場面も何度もありましたが、今まで練習してきた技術でどうにかクリアしていきます。

 

 

 

こうなったら残りの期間をどう過ごすか大事な状況。

ここでまた練習が続かないようだったら、本人のメインとしているサッカーもいずれはその程度になってしまいます

今は競技はどうあれ、頑張った分の結果でモチベーションが変わってしまうので、コチラは本人の納得のいく動きができるようにしてやるだけ!

 

 

練習に来る数がかなり減ってしまったけど、やっぱりジュニアのエースはお前なんだよ

約束した結果をしっかりと見せてくれ

 

三銃士マイナス1

そろそろ2月10日に行われるシュートボクシングアマチュアワンマッチ大会に向けて追い込みとなるところですが、リタイヤが1名…

 

 

 

前回(10月)のアマチュア大会で初勝利を手にし、自信をつけた俊佑がなんとインフルエンザでダウ~ン

一緒に頑張ってきた三銃士ですが、将也とハルトは俊佑が抜けても動揺しない強いメンタルでハードに練習を。

 

 

 

気合いの入ったシャドーでしっかりとスパーリングに備える2人

大きなジムと違って規模の小さなジムですので練習相手が少ない事がネックでもありますが、シャドーの際にイロイロな相手を想定する事で補ってほしいもの。

 

特にスパーリングが大好きな2人なので、2分×3ラウンドを練習の前半と後半にやってトータル6ラウンドの熱い練習を!

更にはローキックの特撃ちを本人達の意思で。

 

 

 

 

 

 

ほぼ同じカメラポジションから撮った写真となりますが、2人とも左手の位置も良くてなかなかの威力

キックボクサーなんだからしっかり蹴る ヽ( ̄ヘ ̄)┌┛θ

 

 

このハードな練習が次に活きるのか、もう少ししてからなのかはわかりませんが、以前よりも確実に精神的に強く成長してきている2人。

俊佑の出場は微妙になってきましたが、この2人は期待に応えてくれそうです。

 

 

BOXING-WORKS DNAをナメてもらっちゃ困るぜぃ

 

お留守番できました

会長不在の1月18日はシンと駿が力を合わせてどうにか乗り切り、『はじめてのお留守番』をやってくれました。

 

 

 

勝手な会長は2人に任せて自分はテレビ朝日のスポーツイベントに出席。

急に現場を任せられた若い2人は、ジムを開けてから準備を経てキッズの指導などもこなして自分達のトレーニング。

「もうこうなりゃ会長がいなくたって自分達で好きにやるわい」って事で、駿はシンと一緒に投げの練習を

 

 

  

 

 

 

とにかく気持ち良いぐらいに毎試合投げまくってトーナメントを勝ち上がったシンの2010年のシュートボクシングアマチュア全国大会優勝がインパクトに残っているので、みんなにも伝えたいところ。

それにしても情けない駿の投げの姿勢…

シンがいない時間の練習にも、どうにか自分が形にしていきたいと思います (ー。ー)

逆に投げられる際には見事な空中での姿勢。

これに関しては投げるシンの技術でもありますが、やはり唯一スカウトされて入会したシンの見せ所です。

 

 

 

 

 

シンにとっては楽しみにしていた安住とのスパーリングも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーの中でも特にアツい男である2人の久々の戦いは、以前と違ってだいぶ蹴りが増えている安住と、本能で戦うシンといった構図でとても見応えのあるモノとなりました

スーツ姿でいたためにさすがにリングに上がろうとは思いませんでしたが、普段ならば我慢できずに仲間に入れて~って事で勝手にリングに入っているところでした。

 

 

 

なかなか充実したトレーニングができた様子の3人。

その中心にいたシンもまだまだできる事を証明。

みんな強くなる事が好きなんですね

それを見せてくれるだけで満足です。

 

しかし大会にエントリーするメンバーは負けちゃイカン!

 

目標をしっかりと!

どんなに練習がつらくても楽しんでいるような表情の子供達を見ていると、そりゃ成長も早いわなと感心してしまいます。

 

 

 

基本練習の中で、腕立て伏せをしてもしっかりと目標を持った力のある眼をしています

 

 

 

ん~、やっぱりイイ表情だ(笑)

このままずーっと強くなっていくのを見守っていきたくなるほど、最近の練習は充実しています。

やはりキッズへの指導は難しいですが、ハマッた時はこちらも大きな喜びをもらえます。

 

 

 

それぞれのスタイルをスパーリングの中で気付きはじめた2人は、いよいよ自分の『軸』となる戦い方を考えて動き出しました。

収穫の多かったスパーリングを終え、フェイスガードを外したら将也はこんな感じに

 

 

 

ベジータ様のような前髪も頑張って戦った証 ヽ(゚Д~ )ノ

このまま極限まで追い込んでいけば、スーパーマーボーに変身して高学年の部を制してくれるでしょう

 

 

 

今回は恵まれずに、3年生のうちに全国大会の低学年のトーナメントを経験できなくなってしまいましたが、新しい目標が広がったのもまたひとつ。

「夢」はただの夢であり、現実味のないもの。

「目標」は叶えるために自分の力でどうにでもなる現実の中にあるもの。

新たな目標に近づくために、キッズ達とコーチとの結束を更に強くして挑んでいきたいと思います。

 

自分次第

新年なんて事は気にせず、2日目にしてもう練習のペースが上がってきたのでジム内は良い空気であります!

 

 

 

まずはキッズ連中。

ハルトと将也の3年生には「ダラダラ練習してたら大会のエントリーを認めない」って伝えてあるので気を引き締めてしっかりとやっている様子。

まだ低学年である3年生に勝負の厳しさを理解させるのはやり過ぎと思われるかもしれませんが、前回の大会で負けて涙した将也の気持ちは本物だと信じています。

あの悔しさがあれば再浮上できるはず \( ̄^ ̄)/

もちろんハルトだってサンタさんがプレゼントしてくれたグローブのお陰で気合い入りまくってます。

 

 

 

 

 

 

気合いとはいえ、まだバンテージを巻くのはかなり適当な2人でしたが

これもこの2人の性格なので仕方ありません…。

 

自分が情熱を注いできた世界に、子供達がこれだけ頑張ってくれるとやはり嬉しいもの。

どうにか良い結果を出させてやりたいものです。

 

 

 

 

 

冬休みをロードワークなどをして全くペースを落とさずに過ごしていた広川さんもいよいよ合流。

やはり驚きのスタミナで休み明けを感じさせない動きをしていました。

広川さんの右ミドルキックを見ていると全くペースが落ちない事に感心します。

 

 

 

継続は力なり。

仕事で遅くなったりなどの理由もあるかもしれませんが、少しの時間でも練習に来て動くといったその意識が強さを支えていくものでしょう。

若い人間にも見習ってほしいもの。

あんまり理想ばかり語るとジジイになってしまうのですが

勝ちたかったら練習するしか方法はない!

そして練習をしない人間を勝たす事はできない!

 

 

 

 

これから大会までのみんなの練習ペースや過ごし方を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

たいして練習もしねーくせに負けて悔しいとか勘違いした事を言うんじゃねーぞ

 

スタートダッシュ!

いよいよ2013年の練習がスタートし、目標を持った人間達がジムでエネルギーを爆発させていく日々がスタートします。

 

 

 

成長期にあるキッズ達は少し会わないうちにも太っていたりとかもありますが、みんなしばらくの休みの期間でも体力を落とす事なく良いスタートとなりました。

足の付け根の炎症によって練習から遠ざかっていた英誉も2013年一発目の練習に参加し、頑張ってくれました。

さすがにブランクがあって、かなり四股踏みの似合う体型になっていましたが…

相変わらず裸で練習する英誉は夏場と全く変わりなかったです

 

 

 

元気に動いているみんなを見ていると今年が楽しみになってきます

決意表明をしたキッズ達の写真は《 BOXING-WORKS 水龍會 》のfacebookページからどうぞ

 

 

 

キッズの勢いに負けないでほしい安住や駿も頑張りをみせて、ハードな練習にも必死でついてきてくれました。

自分の選手時代は年明け一発目の練習といったら体の使い方の見直しでゆっくりとしたシャドーやスイッチの動きなどがメインとなりましたが、やはり2月には大会があるって事でこちらにも余裕が無くなっていました

 

 

 

こちらの焦りとは反対に、必死でミットやスパーリングで気持ちを見せてくれる2人には今年も期待できそうです。

さすがに酒の話となると駿は特に期待はできませんが、適量であれば大丈夫なはず

忘年会の二次会では全く記憶のないままトイレからタクシーで強制送還となり、まさに「忘年会」を体現したのであります。

そのフォローもあるのか、地元である北海道に帰省していた駿はお土産を持ってくれましたが、まだまだ足りないところでしょう(笑)

 

 

 

とにかくスタートしてしまった2013年。

結果を残し、成長した姿で忘年会まで突っ走りたいと思います。

まだ先の事のように考えているウチに時間は過ぎていきます。

そんなこんなで自分も今年は年男。

成果を見せたいと思います。

どうやら蛇年の男はネチっこいらしいです。

 

スタート準備完了!


新年だからどうとかはあまり語りたくないのですが、目標があるのならば新年とか関係なくクリアするためにもしっかりと挑みましょう。

 

 

 

そして自分のする事は、その目標に近付けるようなサポートと、環境を用意する事。

今回はスタートダッシュをかけられるようにと、休みの間にジム内のフロア部分のマットを準備しておきました。

休みの期間中になのでひとりでやろうかと思っていたら、安住が地元の宮城に帰っていたからお土産があるとの事なのでここは手伝ってもらおうかと

 

 

…。

…。

 

結局、時間を過ぎてやってきたのでひとりでやっちゃいました ヽ(´~`;

あんまり人をアテにして行動しちゃいけないんですね

自分でできる事は自分でやる

指導中に子供達に言った気もします。。。

 

 

 

そして自分でマット敷き。

 

 

いつも苦戦するマット敷きですが、何年も繰り返すうちにさすがに慣れてもくるモノです。

こんな事でも自分の成長を感じて嬉しいんだから、子供達の試合のセコンドから戻った際に成長を感じて泣きそうになるのも仕方ありません

 

こうして準備も整ったジムですので、勢いを見せて練習してほしいトコロです。

楽しみにしております。

 

 

 

そして楽しみにしているのはもうひとつ。

今回の安住のように何かお土産がある方。

とっても楽しみにしております(笑)

 

 

ページ上部へ