ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2013年4月

2013年4月

GW前の土曜日

ジム内や、ホームページのカレンダーでは発表されていますが、基本的にジムのGWは暦通りです。

 

 

 

休みが続くこれからの日々ですが、4/30と5/1の練習前としては最後の練習日となる土曜日。

体調の問題や仕事などで大変な部分もあるでしょうが、こんな日に練習に積極的に来るってのは嬉しい事

そんな頑張るメンバー達の様子です。

 

動きのレベルもアップしてきて、本格的になってきた訓ちゃんは安住にバンテージの巻き方を習ってます。

 

 

 

 

 

どれが正解って巻き方もないんでしょうが、それぞれのアドバイスを受けながらオリジナルを完成させてもらいましょう。

バンテージを巻いて練習する会員が増えるってのはなんかカッコイイですね ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

 

 

そしてヒロキとスパーリングをしている将也。

体格差なんて関係ない

35cm ・30kgの差よりも挑む気持ちが大事

 

 

 

 

 

別にガチで打ち合うワケではないですが、体格差にビビらないで前に出れるのが肝心なところ。

同じ条件で戦えるなんて機会もあまりないので、こういった時にはウチはどんどんやらせます。

 

 

 

前回のブログで紹介したツカサや一輝もしっかり練習していました。

まだまだ前進中

 

ツカサとカズキ

小学2年生といった低学年で頑張る2人は、良きライバル関係を築きながら将也やハルトなどに弟としてもかわいがられています。

 

 

 

その小さな体でピョンピョンと跳ねながら早い動きで一気に攻めるスタイルのツカサ。

ゆったりとしたペースで動きながらも、しっかりと技を繰り返す一輝。

同じペースで進んでいく練習の中で、自分の得意技を掴むのに必死です

現在は徹底的にミドルキックの時期!

 

 

 

 

 

 

今までウチの三銃士(将也・ハルト・俊佑)達がスパーリングなどの練習の際にしていたボディプロテクターをしながら練習です ヾ(゚-^*)≡

とにかくウチのスタイルはローキックに頼らないのがひとつ大事なトコロです。

互いに自分のオリジナルのコンビネーションを考えながら技を出し合っていました

 

 

最後はツーショットの写真も

 

 

 

 

 

今後は自分用のグローブを買ってもらう勝手な予定もあるツカサ。

マイグローブってのは子供にとってかなりモチベーションを左右するアイテムのひとつ。

 

 

ライバル争いを制し、将也やハルトなどがいる上の世代を倒していくのはどちらになるのか?

充実してきたキッズの世界も楽しく進んでいます。

 

熱い涼

高校生のイメージってのはチャラチャラと遊んで、約束事も適当に逃げてスルーしていくクソガキのイメージがありますが、ウチの涼介は違います。

 

 

 

ま、これでも少しソフトな言い方をしていますが、約束事ってのは練習って意味ではなく、もっと大事な月謝って意味。

こればっかりは大人でも何人もいたし、高校生だけってワケじゃありません。

入会の際の『誓約書』って何の意味があるんだよ

あんまりお金の事については言いたくないんだからさ、そのへんは気持ち良くやろうよ。

 

 

そんなルーズな部分も無く、頑張りを見せてくれている涼介。

駿のミットでの細かいアドバイスを受けたり、トシキと課題を持ったスパーリングをしたり。

 

 

 

 

 

 

本人のスタイルの良い部分がジムのスタイルの軸となっている部分とリンクしているので理想の動きを見せています ((((o゚▽゚)o

まだ打たれる事に抵抗はあるものの、カムバックしてからの本人はキックボクシングにとても熱い若者。

コチラとしてはそれがイチバン嬉しいのですが、これを続けていってもらえるペースでこれからも期待しています。

 

 

キックボクシングを続けるペース、くだらない高校生にならない事、いくつか願いはありますが期待しています

 

このまま熱が下がりませんように。

 

2013 春夏コレクション

本人のキックボクシングでのイメージカラーを大胆に使い、グローブからトランクス、アンクルガードと上から下までしっかりと赤でまとめたファッションです。

 

 

 

最近の連敗を断ち切るべく、心機一転です。

練習の際に着るウエアを交換するだけでもまた気分には大きな違いが出てくるもの

この表情を見てもらえればわかるでしょう!

 

 

 

 

 

きっとキッズのエースとしてやってくれるでしょう。

先日のシュートボクシングの後楽園ホール大会を観戦した刺激もプラスになって、新しい技のイメージもあるようです p(´∇`)q

 

 

ウチの選手組の中でも強い気持ちを持った将也です

新たな気持ちで春夏を乗り切ってもらいましょう。

 

キックボクサー TSUKASA

入会以来その元気と運動神経、毎日ジムに通うエネルギーで一気に主力となってきたツカサですが、ますます加速してまいりました。

 

 

 

今回の練習では自分専用のすね当てを装着し、パンチだけでなく初めてのキックスパー

その相手ですが、最近はジム内でケンカばかりしている森井ブラザーズ!

 

 

 

 

 

 

2年生で、身長も一番小さいメンバーではありますが、前に出る勢いもかなりのモノ。

そのスタイルはハルトに通じるものもあり、ステップもパンチの回転力も今後が楽しみなファイターです。

今回からのキックを足したスタイルもノリノリで更に加速

 

 

 

しばらくの間は鏡の前でキックの練習をしてきましたが、いよいよ『キックボクサー TSUKASA』が本格始動します o( ´皿`)★

 

 

ヒトリゴト

今日はなんとなく思った事を吐いてみようかと思ったので、勝手な事言ってると思ってスルーしてください。

 

 

 

ウチのジムからプロのリングに上がる選手が出るのかはわかりませんが、入場には会長として少し口を出すかも。

ボクシングの放送を観てたら、ガンダムのテーマ曲を少しイジって、そんな格好をして入場してきた選手がいた。

入場の際にコーナーに来てからやたら時間の長い選手もいるし、踊ったりする輩もいる。

もちろんそれぞれの好きでやってることだから自由ですが、それをエンターテイメントとしてファンが喜んでるのと勘違いしているなら悲しい話。

選手としての色気とイロモノは全く違う。

だからその程度って部分もあるし、結構ほかの客は引いてるから…。

 

 

やっぱりプロレス目線の自分からしてみたら、そのへんは口出ししたいところです。

ま、他のジムの選手についてはブツブツ言うだけで、ここで言ってもどうにもならんし、客の目線で勝手に言わせてもらいます。

 

 

だから今回も勝手なボヤき。

お疲れさまでした。

 

経験の賜物

みんな新学期となって1学年成長したワケですが、ジム内での成長はみんなと一緒ではなく自分次第。

 

 

 

昨年特に成長を感じさせてくれたのは、三銃士(将也・ハルト・俊佑)

しっかりと時間を使って練習の基礎を繰り返してきただけに、現在では体ができています!

って事もあって、後輩達の練習で気をつけるべきポイントを見るのも厳しげです。

 

 

 

 

 

後輩とはいえ、2年生のツカサを除くと他は6年生の2人。

体が硬いのや、ひとつひとつの技にこだわらないのが高学年の難しいトコロですが、ウチに来た以上は手抜きはさせません `_ゝ´)o

三銃士達が経験してきたレベルの指導内容ってのはなかなかハードと思いますが、必ずやプラスになるはず

 

 

下の学年や、後輩が入る事で少しずつ自信を持っていく子供達。

チームワークも向上し、まだまだメンバーも増大し、このまま良いペースで進んでいければと思います。

 

4月7日の感想

ん~、最近は勝ち星に恵まれない我がジムですが、ただ勝つ事だけでショボいファイトスタイルでもつまらないし…。

 

 

 

それぞれの個性を軸としたファイトスタイルを持つ事で自信を持たせたいというのが自分の考え。

「このジムの子供はこういった戦い方」といったセオリーがよくあります。

そんなパターンをいくつも観てきましたが、それじゃ面白くないのでウチではやりません

そしてそんなウチのスタイルの中でも個性の強いハルトの挑戦。

 

前日からかなりの緊張を口にしていた本人ですが、当日はMAXに

体や攻撃力のポテンシャルはかなり高いのに、いつも苦戦するのはメンタル部分。

当日はサポートに来てくれた涼介と試合前のウォーミングアップを一緒に行いました。

 

 

 

 

 

動いていくうちに少しずつほぐれていくのを見て、コチラも安心。

これなら…と思っていましたが、試合が近づくにつれて表情が無くなってきました。

リングに上がった時はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

始まってしまえばどうにかなるかと思いましたが、ステップワークを有効に使いながらのハルトのスタイルが1ラウンドにダウンを取られた事によって消えてしまいました (T△T)

でも本人が諦めていない以上はまだまだ伸びます!

メンタルも含めて、もっとフットワークを洗練させていきたいと思います。

 

 

 

さてもう1人のキッズはサウスポーで挑戦する事を決めてから必死で頑張ってきた将也。

 

ハルトと同じく涼介のサポートを受けながらしっかりと体を温めていきます。

もちろん動くだけでなく、仲間の試合をしっかりと観ながら応援もしています

 

 

 

 

 

連敗が続く最近の将也のテーマは「とにかく前に出る」といった攻撃型仕様で挑みます。

それをテーマに練習してきたので、うまく試合の中で出せるでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

相手は既に1試合戦っていて2試合目でしたが、前で戦いたい将也に対して少し引きながら前蹴りで離していくスタイル。

これといった特別な一撃をもらったワケではなく、攻勢点としてはコチラでしたが、何度かバランスを崩したのと相手の安定したスタイルに判定負け

試合後の将也は、「せっかくの試合なのに戦ってて面白くなかった(゚皿゚) 」と子供の試合にとっては大事な部分を話していました。

これもスタイルですから仕方ありませんが、”負けない”よりも”戦って勝つ”をしっかりと意識させていきたいところです。

もっと強くなってくれるでしょう。

 

 

 

最後はこの日急遽2試合する事が決まった駿。

 

 

 

結果から言えば黒星×2といった無念の1日。

更には2試合目でストレートをもらって鼻を骨折したんじゃないかと思うほどの鼻血まで

 

 

最初の相手は苦手なサウスポーの選手で、やらなきゃいけない事がすべて後手に。

見事なまでに相手の左の攻撃をくらう姿はセコンドとしても気持ちのいいものではありませんでしたが、苦手だから負けてもいいなんて事はありません。

 

 

  

 

 

 

本人にとってはツライ経験となったかもしれませんが、誰もが有名選手のような勝ち方ができるワケではないし、負ける人間もあってそれ全体が格闘技。

自分がどのようにして勝ち星を増やしていくのか、勝率を5割以上にもっていくのか、考えて動いて試していって上のレベルに進んでほしいと思います

 

 

 

最後は大会の記念撮影とウチの記念撮影とで締めて終わりました。

 

 

 

 

 

 

これからの練習も決して楽ではないでしょうが、勝ちたいといった気持ちがある以上は続けていけるでしょう。

格闘技選手ならその期間だけ、格闘家としてそれを道として続けていくのならずーっと続いていく練習の時間。

なるべく長い時間関わっていきたいので、みんなには頑張ってもらいたいです

 

ワクワク

楽しみな男が4月からBOXING-WORKSに入会し、ジムの主力に一気に食い込んでくる勢いであります。

 

 

 

facebookでもお伝えしましたが、その男の名は稔樹(トシキ)

ウチに来る前もキャリアがあるので、なかなかの動きができます。

でも、せっかくウチに来たんだから、ウチでできるトシキの成長のさせ方を考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間しっかりと見てきましたが、そりゃ人間だから良い部分もあれば悪い部分もある。

それを今までとは違ったアプローチで見つけて、新しい環境で変えていければと思います。

 

 

仲間も違うんだから、そこから盗むテクニックも新しくなるでしょう m(゚- ゚ )

駿や安住も新たな仲間を大歓迎なので、しっかりサポート

安住は個人的にもジャブの引き出しを増やすべく細かくアドバイス。

 

 

 

 

 

繋がっている理由は仲間って事。

相乗効果でみんなが伸びていくんだから、ここからみんなに新しい刺激が広がっていくのが嬉しいです。

 

 

今月はトシキはもちろん、涼介やヨシシゲなど楽しみが増えていくのでお知らせする事も多くなるでしょう

 

年の差なんて...

対戦する2人にキャリアも年齢も大きく差はありますが、リングに入ったら条件は同じで戦うのみ!

 

 

 

最近はパワーに重点を置いたトレーニングをしている涼介は、コチラがミットを受けていても拳の硬さを感じるようなパンチを打ちます。

それでいて、力んでもなく「しなり」も健在

将也のスパーリング相手を務めたり、他にもfacebookで紹介していますようにリクの相手も。

 

 

 

 

 

7日の試合ではセコンドとしてクロスポイント吉祥寺にも来てくれる予定の涼介。

当日は攻撃の意識を前面に出して戦いたい将也ともしっかりと組んでほしいものです。

 

 

 

そして入会から2ヶ月経って、やっと右のミドルキックを解禁となったリク。

右利きにとって簡単に出せる右ミドルは後回しにしておいて、スイッチをコンパクトに行う必要のある左ミドルキックだけをやらせていました

こうして晴れて両脚を使っての攻めをするキックボクシングとなったので、祝いのスパーリングはやはり会長が務めなければ。

 

 

 

 

 

多少は雑になったとしても、持って生まれた体を活かしてパワーをガンガンに使ったスタイルで戦ってほしいもの。

そんな時にコンパクトに左ミドルが蹴れたりすると隙の無い選手になれるはず!

理想通りに成長してくれればコッチのもん

楽しみです ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

 

 

少しずつ期待の選手も増え、前回の黄金期を知る涼介も戻ってきた事で第二期黄金期の予感もする最近。

改めてまた充実の最近をお知らせします。

 

ページ上部へ