ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2013年5月

2013年5月

主&翼

勢いのある2年生グループの『超世代軍』の中でも更に実力や柔軟性、練習量がズバ抜けているツカサと翼の2人。

 

 

 

翼にとってのパートナーに岬とか太郎とかって名前の人間は現れませんでしたが、今はツカサとの練習でしっかりと切磋琢磨してきております。

 

 

 

 

 

まだ5月にキックボクシングをスタートしたばかりの翼もキッズクラスの良い雰囲気や刺激によってグイグイと成長してきています。

もちろんツカサも同級生ながらも後輩に負けるわけにはいかないので、良いライバル関係での相乗効果

これならば翼にとっての日向や三杉、松山などの代わりとなるので岬君は必要なさそうです ☆(^ー゚从)

 

 

 

 

 

 

ジム内のライバルだけでなく、これから試合に出場していくようになればシュナイダーやディアスなんかとも交える事になるかもしれませんが、こんな話ばかりしていると自分ばっかり盛り上がってしまうのでこのへんで

 

 

 

2人は6月30日に行われるアマチュアシュートボクシングのワンマッチ大会を目指す同士でもあります。

今年はこれまでの成績がイマイチな我がジムですが、ここいらで一気に自分達が主役になるんだって気持ち頑張ってほしいもの。

そのために、いつも一緒に練習していて、シメのスパーリングも一緒の2人。

 

 

 

 

 

本当に主役になっちゃうかも

人生は、特に格闘技は一発で流れが変わるから何が起こるかわかりません。

ぜひとも会場に応援に来てください。

 

※ 大会の詳細はコチラ

 ⇒ http://shootboxing.org/new/wp/archives/3021
 

 

夏の訪れ...

今回はなんだかいつもとは違って詩的な感じでタイトルを決めてみましたが、内容はそんなお上品なモノではありませんのでアシカラズ

 

 

 

本格的な夏ももうそこまで近づいてきていて、キッズ達は練習中は汗ビチョの状態です。

そしてそのベタベタした状態の肌と相性が良い(?)のはサンドバッグ。

跳びついてそのままぶら下がるといっただけの事なのですが、歴代のキッズ練習生はみんなやってきた事であります

 

 

 

 

 

自分がキッズ練習をまとめなきゃいけないのを忘れてニコニコ顔でぶら下がる将也に、今回が初のぶら下がりで離れたくないツカサ、そして自分も早くやりたいリュウトとみんな楽しんでいるよう。

これも太モモ内側の内転筋など、何かの筋肉の鍛錬になっているはずなので少しは見逃してやりましょう。

 

こんな息抜きが多く見られるようになってくるとジムでは夏をすぐそこに感じます

もう少し後にお届けする報告では、頭に水をブッかける姿になると思いますのでお待ちください。

 

 

 

 

だからって息抜きばかりしているワケじゃないので念のため (´ー`)σ

 

毎日の練習を頑張って続けているジェフリーと、小学生の中では大き過ぎる体格のリク。

年齢差もありますし、その分のパワーの差もありますが、身長も近くて軽くスパーリングをするには適した人間同士なのでやっちゃいます

 

 

 

 

 

試合にも挑戦してみたいと話すリクは気持ちの優しさがまだスタイルに出ていてツメが甘い部分もありますが、一度でも大会の様子を観てみれば気合いが入ってくるでしょう。

いよいよ小学生部門のファイターが増えてくるのかと思うと大変さもありますが、嬉しい気持ちになります

 

 

 

こんな感じの初夏のBOXING-WORKS内です。

ご家族の方々、格闘技というと危険なイメージばかりが先行してしまい不安もあるでしょうが、ご心配なさらずに成長の様子をこのブログやfacebookで確認していってください。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

スリル

久々に自分の話をしてみようと思っていましたが、キッズや新入会メンバーの話のように華が無いのが難点…。

 

 

 

今回のタイトルにあるように、求めたのは「スリル」

駿が自分のパンチを見直すために買ってきたパンチンググローブを見た自分は、総合でのオープンフィンガーグローブのような感じに思えて戦ってみたくなりました

ボクシンググローブにしたら3か4ozって危険に妙に惹かれ、久々に集中力を高めてリングに上がれました。

 

 

 

 

 

 

いやぁ~、思った通りで当たると痛い (≡д≡) 

握りの硬さがわかるというか、、、ん~痛い。

総合の選手もやっぱり凄いなとは思いますが、観ていてあまり好きになれないし、やっぱりキックボクシングなんです。

そしてその中で楽しんでいくには、たまにはこういった間違ったスリルも必要になってくるんです

 

 

今回は少しアウトボクシングっぽくなってしまいましたが、次回はファイターとしてあの薄くて硬いグローブを相手にインファイトで臨みたいと思います。

 

あまり自分を傷つけるのを楽しみにしてばかりいないようにと気をつけます。

 

子供社会

毎日16:30からは子供達が集まってきてワイワイと元気な姿が見れますが、毎週月曜日は特別な日であって2班に分かれます。

 

 

 

その月曜日の特別な練習内容はキックボクシングとは違う「柔道」の高学年組。

今回から新たな先生として隼(ハヤト)が合流。

シンとハヤトが学生時代にそのエネルギーを全て柔道に注いできた気持ちがクラスのみんなには技や礼儀と一緒に伝わればいいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

高校を卒業してからキックボクシングなどの世界を知り、また改めて柔道の世界に戻ってきたハヤト。

シンと一緒に子供のクラスを担当しながらも、また道着に袖を通した事でテンションの上がってきた様子はもう柔道家の表情。
(あんまりよく知りませんが…

 

 

子供のクラスが終わった後も一緒に感覚を戻していくように柔道の練習をしている姿を掃除を終えた子供達もその迫力に圧倒されて、ポカーンと見ていました。

 

 

 

 

 

2人とも成人してからの様々な誘惑などで若干の体力(スタミナ等)は落ちているものの、やはりキレは失っておらず、今後もキッズに柔道にある強さやその他の大切な部分を伝えていってくれることでしょう。

期待しております。

 

 

 

 

そして期待の低学年チームの2年生で構成された超世代軍。

一緒に動くと体力差がハッキリしてしまいますが、だんだんとチームワークがまとまってきた感じ

みんなでリングに入って腹筋のトレーニングをする時でも一緒に声を出し合ってカウントするなどとまとまってきています。

 

 

 

 

 

他にも新メンバーである翼に積極的にパートナーとなって様々な練習の模範となっているツカサもエースとして大活躍です。

 

 

 

 

 

 

大人であっても間違った教育や思想を与えられたばかりに世界の中から追いやられるように、子供だって間違ったコミュニケーションの方法や格闘技の使い方を教えれば子供の社会から外されていってしまうでしょう。

そうならずに、国でいうところの「先進国」として恥ずかしくないような子供になるべく指導をしていけばきっとそれぞれの学校に戻っても中心になってくれると思います

 

ただただ『強さはカッコ良さ』として考えて育ってきた自分でありますが、いろんな経験から生意気な事を吐くようになりました。

この経験からの気持ちを柔道を学んだり、低学年の頑張っているキッズ達の社会に通じるように伝えていけるようにコチラも頑張るのみでございます。

 

 

 

あまり真面目な事ばかり言ってるのも恥ずかしいのでこのへんで (=´Д`=)ゞ

 

いよいよ決起!

最近のキッズメンバーの増殖ペースは凄いものですが、その中で勢いのあるのが2年生で構成されている『超世代軍』です。

 

 

 

このブログを目にされている方の中に何人が20年前の全日本プロレスの超世代軍を知っているのでしょうか?

しかしこればっかりは会長の権限として、命名権をいただきます。

プロレス界を牽引した三沢・川田・小橋といった人間がいた超世代軍は大きなエネルギーがありました。

ウチでも先輩にあたる『三銃士』の将也・ハルト・俊佑を倒して世代交代を起こすべく頑張ってもらいたいと思います

 

 

 

 

そして4人並んだ写真の中で一番左に写るのがこの日から入会の翼(ツバサ)です。

優しい性格の新メンバーですが、同じユニットの中でのエース格のツカサを倒し自分が引っ張るんだといった気持ちで頑張ってもらいたいものです (`Θ´*)

 

 

 

いよいよ決起した超世代軍です。

このままの勢いを保って、キッズクラスの軸になって発してもらいましょう

 

あけましてGW

連休が明け、それぞれが思い出話をしながら集まってきたキッズクラスや一般のリフレッシュされたメンバー達。

 

 

 

おじいちゃん・おばあちゃんの家へ行った話や食べ放題に行った話、映画を観たなどそれぞれが話しをしながら楽しそうにしていました

連休が明けて雰囲気が変わっていたのはリュウトで、「今日は泣かない!」と練習前に大きな声で気合いを入れていました。

しっかりと動けていたし、縄跳びも普段よりもできていた様子。

みんな気合いが入っていましたが、連休中もジムに来る事を望んでいたというツカサも良い動き

 

 

 

 

 

 

キッズクラスはいまや大所帯となってきましたが、チームとしてのまとまり良くて安心して見ていられるレベルにまで成長してきました ヽ(^◇^*)/

試合で勝つとかそんなストイックな考えを除けば、キックボクシングを楽しむって事では他にも負けません

 

 

 

一般クラスにも連帯感があり、涼介&ヨシシゲの練習に新メンバーの甲田君が合流。

年齢も半分近くの差となりますが、でも同じ空間で一緒に練習をするってのがジムワークの魅力。

 

 

 

 

 

練習ペースもそれぞれ違いますが、同じメニューをするだけで出てくる連帯感はジムの力となってくれるでしょう。

アマチュア大会があった際の応援や、大会前の協力なども支える『力』として大事な部分。

 

 

 

練習に参加したみんなが良い形でゴールデンウィークを過ごしたようなので、明けたこれからも期待できます。

6月に2度予定されているアマチュア大会に向けても5月の練習を頑張る姿も楽しみです。

 

若者よ

前回に続いて今回もトシキのお話ですが、ウチでは頑張りを見せる人間が主人公になるってワケです。

 

 

 

お伝えしたように、仕事としてインストラクターをしているので今回もまたジェフリーの担当を任せちゃいました

 

 

 

 

 

会長も未熟な英語能力なんでたいしたアドバイスもできないのですが、トシキも表情や動きを使ってコミュニケーションを取っていました。

なんつっても、意思の疎通が大事

今回の経験を選手としても、インストラクターの仕事にも活かしてほしいと思います。

 

 

 

もちろん自分のトレーニングもしっかりと。

課題のボクシング技術をしっかりと反復し、汗をかいた後はお話しの時間。

 

 

 

 

 

 

偶然にも知らないところでシャッターを押されていたようでして…。

内容はといえば、これからの試合スケジュールやメンタルの部分について、仕事上での自分のスタンスなど。

偉そうな事を言える立場にはまだなっていない自分ではありますが、現時点でできるアドバイスをしておきました ヾ(゚ー゚ゞ)

 

 

若者の成長は何かのきっかけで大きく伸びたり、ペースが乱れて低迷したりと不安定な時期もあるでしょうが、長いスタンスで考えていけば問題ナシ

 

弱気になったり、後ろさえ見なければ前には成長あるのみ!

 

トレーナーのお仕事

キックボクサーとしてこの世に存在しているトシキですが、普段の仕事はスポーツインストラクターなので、ここはひとつトレーナーとして訓ちゃんのミットを任せてみました。

 

 

 

ま、任せてみたとは偉そうに聞こえますが、ただ会長がキッズから始まる前半の練習でバテてしまっただけ

なんせツカサと一輝だけであった2年生の超世代軍に一星(イッセイ)といった仲間が合流し、少しずつ子供が練習時間にズレて来たり、新たなジムメンバーのジェフリーが来たりと大忙し…。

忙しいのは大変ありがたい事なのですが、なるべく直接指導を心がけているのコチラの消耗も大きいのです。
(※言い訳以外のなにものでもありません)

 

 

そうした中で普段の仕事のスキルアップにも役立ててほしいのがトシキ。

自分の経験からも、子供の時間ってのはかなり難しいので、ここは訓ちゃんのトレーニングを担当してもらいました。

 

 

 

 

 

 

もともと以前に行っていたジムでもパートナーと練習する際にミットを受けていたようですので、なかなかのリズムを保っていたトシキトレーナー

パンチのミット×1、キックも含めたミット×2の合計3ラウンドとなりましたが、普段よりもハイペースで進んでいく訓ちゃんのミット。

それぞれのレベルに合わせるのアリだし、厳しいのもアリかなと思ったこの様子。

 

どんなペースにでも対応できるのが大事なので、様々な形でいくのが良い結果に繋がるのかも。

 

 

これからトシキを信頼してヘルプを出す機会が増えるかもしれませんが、あくまでも直接指導のスタイルは崩さずに指導チームのレベルアップを計画していきたいと思います。

 

 

やっていきます  (o ̄∇ ̄)σ

 

ページ上部へ