ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2013年8月

2013年8月

何事も経験が必要!

試合のプレッシャーがあっても、やはり土曜日の練習には水浴びは付き物なので、妙な一体感もあります。

 

 

 

そのままにしておくといつまでもやっているので適当なところで注意しますが、また暑さが戻ってきた最近は水浴びがないと脱水や熱中症が怖いので…。

とはいえ、子供達は楽しんでいるだけですが

 

 

 

 

あんまり試合のプレッシャーも感じさせない表情なので、心配する必要もないでしょう。

結果は当日に出るワケだし (*゚ー゚*)

 

 

 

ジムでの練習が終わり、将也と翼を車に乗せて浅草にありますシーザージムにアマチュア大会の公式スパッツのサイズを確認しに行ったワケですが、そこでまた流れが変わります

 

以前に行われたアマチュアシュートボクシングのワンマッチ大会で、将也がダウンを奪われ、投げでシュートポイントを奪われとコテンパンにやられた相手がいるではないですか!

最初はただその空気に圧倒され、ウチの代表2人はおとなしく立っているだけ。。。

 

 

 

初めて他のジムに行って練習を見るって経験なので仕方ありませんが、明らかに引いている様子。

しかし、そんな経験もなかなかデキるものではないので、これもイイ勉強

 

その兄弟を指導していた宍戸さんにお願いし、急遽パンチだけでスパーリングをさせてもらう事に。

シーザージムは4分の時計で練習していますが、2人と1ラウンドずつしっかりとボクシングを。

 

 

 

 

 

改めて他のジムの生徒と戦っているのを見るとわかってくるファイトスタイル。

もちろん自分が伝えたスタイルではあるのですが、いきなり決まった練習とはいえ堅くて重いパンチの2人を相手に、力で返さずに細かく散らして戦っている将也に成長を感じました。

 

本番の行われる9月8日には40kg以下の部にエントリーしている2人ですが、ボクシングワークスのメンバーと同じく頑張ってほしいです。

挨拶や礼儀のしっかりしているシーザージムの生徒達。

ウチのジュニアメンバー達にも徹底させないといけないなと思いました

 

 

大会が終わればすぐに10月の大会が待っています。

指導する立場の自分が体を壊さないように頑張っていかないといけません。

みなさんも体調管理はしっかりと!

 

残り僅かの準備期間

充実した秋を過ごすためにはまずココを勝たなければならない9月8日のアマチュアシュートボクシング東京大会ですが、それぞれが別々の形で調整に入りました。

 

 

 

まずは前回からもそうしていましたが、訓ちゃんをパートナーにキックの受け返しをミッチリとした将也。

互いに力を抜く事はなく、連打の止まない濃い4ラウンドでした

 

 

 

 

とにかく蹴って蹴って誰にも負けないスタミナを武器に勝ち上がるのみ ヽ( ・∀・)ノ┌┛

前回(6月30日)の勝利がマグレでなかった事を証明するためにも、とにかく勝つのみ!

 

 

 

そして8月4日に行われるはずのアマデビュー戦が流れてしまい、今大会がいよいよ初試合となるジェフリー。

体のサイズや階級、年齢もほとんど違いのない涼介がジェフリーのためにスパーリングパートナーとして協力

こんな協力ができるようなメンバーの充実が、ジムの充実となっていくので嬉しく思います。

 

 

 

 

 

今までに何度も悔しい経験もしてきているし、最近は体作りにもしっかり時間を割いている涼介なので貫禄を見せつけましたが、2ラウンド終わった後にはジェフリーも「楽しかった」と満足。

ダウンも重ね、ボロボロになりましたが、近い距離に追いかける仲間がいるのはとてもプラスな事。

ここからの成長が楽しみなウチのバンタム(55kg)級。

 

 

出場予定選手には個性を磨く形での調整を進めています。

子供達には勝つためだけの首相撲をさせる気もありませんし、徹底的にガードして投げるための接近戦をさせる気もありません。

全部できてカッコイイんです

 

 

9月8日に一番カッコイイ状態になるために残り僅かの日を頑張って練習していきます。

報告書(大人)

キッズばかりの活躍をお知らせしていますが、もちろんジムには一般メンバーもたくさんいるワケですからリング上で様々な表情があります。

 

 

 

入会して一ヶ月が過ぎて、体のラインに変化が出てくるとともにテクニックも増えてきた翼のパパ。

なんたって息子が頑張ってますから、常にモチベーションは高いはず

安住とスパーをしてパワフルなロングフックを放ったりとスタミナ無視のスタイルで、インターバル中はとてもツラそうですが…。

とにかくその頑張りが見れるのが嬉しいところ。

 

 

 

 

 

まだキャリアこそ浅いですが、グイグイとプレッシャーをかけながら左右の蹴りも打てるというかなりのセンス

あっという間に成長してしまうのは、キッズだけでなく大人も一緒。

これからスムーズにキックを使えるようになると、更に脂肪を減らす事ができるはず!

親子で楽しみな上石家です o(> <)o

 

 

 

 

そして「縄跳び番長」として君臨する自分に挑戦してくる将也に対して、しっかりと受けてくれた広川さんも暑い夏も元気

土曜練習の際には練習の中頃には子供達同様に、ジムの外に出てホ-スで頭に水をかけてクーリング。

しっかりと調整しながら頑張っています。

将也とは縄跳びだけでなく、実際に軽くスパーリングも。

 

 

 

 

 

しっかりとした体、抜群のスタミナを武器に安住や駿なんかとも積極的にスパーをして夏のスタミナ切れを感じさせない広川さん。

体重も常にコントロールできていて、良い状態。

 

 

 

みんながちゃんと練習してくれているのが嬉しい「会長の仕事」です。

わざわざジムに来てちゃんとやらない方が大変だと思いますが、これからもよろしくどうぞ。

 

 

今回は点数や評価をつけるといった形ではなく、本当の報告でした

 

team BW

本当にチームワークが良く、ジムを代表するまでに成長したジュニアクラスの面々がリング上に大集合!

 

 

 

 

 

 

何人か欠けていますが、そのメンバー達も同じように一生懸命に練習しているので、どのパートナーとのコンビであっても熱い練習になっています

軸となる基本の練習スタイルはありますが、それぞれのスタイルに合わせた指導をしているので、成長してきてファイトスタイルが出来てくると面白い (*^▽^)/

 

 

 

来月8日に行われるアマチュアシュートボクシングトーナメントにエントリーを予定しているメンバーは別メニューとしてリングの中でしっかりと体の調整も。

 

 

 

 

ある程度のレベルはクリアしていてもらわんと、試合には出せないって事で。

小学生として考えたら体育の成績にも関わるぐらいしっかりと成長しているはず

冬の成績表を見るのが楽しみです。

 

 

もちろんみんなでスパーリングなどを終え、一日のメニューが終わればもうそこはワイワイと楽しくやっています。

 

 

 

 

後片付け中も楽しそうに話しながらやっていますし、兄弟のように一緒に成長してきたのでチームワークもバッチリなんです。

そのチームワークこそが武器なんで、試合までの期間や当日もしっかりと応援してやってください

 

 

メンバーが増えれば練習パターンも増えて、それだけ目標に近付ける

これから最後の追い込み期間はハードになるでしょうが、みんなが一緒に練習するんだから無駄に孤独なんかと戦う必要もないし、仲間がいる。

ここからが本当に強くなる時期なので、コーチとしてもメンタルコントロールのテクニックの見せ場になってきます

 

 

今回は期待してください。

 

本格的な8月後半!

夏休みが明け、本格的に後半が始まった8月ですが、いよいよエースが戻ってきたので雰囲気も出てきました。

 

 

 

まずはそのしっかりと休養を済ませてきたエースから。

ウチの門番としてジムの最前線で蚊を追い払って(?)くれていたブタを割ってしまったために、二代目のブタを用意してきてくれた将也。

 

 

 

 

これでジムは虫から守られ、安全に練習ができるってモンです

虫だとかに関しては、会長が全く役立たずなのもので…

 

 

 

 

今回の練習は参加メンバーこそ少なかったものの、しっかりと集中できたので内容の濃いものになりました。

その中で、将也とアリが柔道部にいってしまったために1人で真剣に練習をしていたのは翼です!

この8月もほとんど休む事なく練習に来た結果として、自分の武器を手にしつつある状況です。

体力もグングンと上昇してきて、ハードなマンツーマン練習も耐えきりました。

 

 

 

 

キャリア0勝1敗を1勝1敗のイーブンに戻すチャンスなので、まだまだ暑い日が続きますが試合当日まで頑張ってほしいところです。

 

頑張り過ぎてる時は、練習の合間に「ヒヤロン」なる物で首や様々な部位を冷やして熱中症対策もしっかりとしているのでギリギリまで頑張ってくれると期待しています

 

 

 

 

毎日の成長が見えるので、指導のやりがいがあります ┗(^▽^

 

 

 

 

そして久し振りの柔道部ですが、将也とアリだけだったので実践的な練習が多く組まれていました。

3年生にしてはかなり体格のいいアリが練習相手なので、将也にとっては良い環境。

自身の勉強もある中、来て教えてくれている町田コーチのためにも次回大会でもシュートポイントを獲りたいところです

アリも柔道に関して理解してきたので、技のパターンが増えてきています。

 

 

 

 

 

 

キックであれ、柔道であれ、一生懸命に練習している姿は見ていてとても良いもの。

ゲームが楽しいのもわかりますが、こういった汗をかいて充実するような男になってほしいですね。

こういった男達がやっぱり後々はモテるようになってこないとイケナイですよ

 

 

誰ひとりとして手を抜いた練習をする人間がいないので、刺激の多いジム内。

来月8日のアマチュア大会にエントリーを予定しているメンバーはたくさんいますが、お互いの練習を見て更にギアをひとつ上げて練習していってもらいましょう。

 

夏休み前最終日

みなさんの充電とリフレッシュ、そしてジムの夏期大掃除など様々な予定のあります「夏休み」ですが、その夏休み前最終練習が行われました。

 

 

 

もちろん今回の夜の部も会長代行でのコーチとして「キャプテン 上石翼」です。

 

 

 

 

 ※ ちなみに、ウチはキックボクシングジムなのでサッカーは関係ありません…。

 

 

そして今回の夜の部もしっかりと仕切る事ができました

もちろん翼が頑張ればそれだけ大人達はどんどん追い込まれていくもので。。。

みんなあらためて子供の体力に驚かされています <( ̄□ ̄;)>

 

 

 

 

 

普段はしないブリッジも翼コーチはしっかりとやらせます!

そもそも大人達が恐れているのも納得のいく話でして、個人としては2度目の練習って事が恐ろしい

ツカサとも一緒に頑張ってからの夜の部なんで、お見事です。

 

 

 

 

 

本当に強くなる事を求めているし、ジムにいるのが好きなんだなぁ~と思います。

同期のツカサとは違ったスタイルで成長してきて、現在はジム内でも一番勢いのある翼。

それはこれだけブログに登場するって事で納得してもらえると思います。

親子で頑張っています

 

 

 

夏休みが明けたらまたハードな通常練習が再開します。

キッズももちろんですが、みなさんもリフレッシュ期間でダラダラし過ぎずに楽しみましょう。

休み明けに結果は出ます。

 

お盆休みのお知らせ

ジムのfacebookページでもお知らせしていますが、お盆休みをやっと発表できる事になりました。

 

 

 

 

 

 

ツカサが書いてくれた「お知らせボード」ですが、しっかりと読めているでしょうか…?

念のためもう一度

夏休み(お盆休み)は 8/10~8/14 までとなります。

15日(木曜日)は定休となりますので、通常の練習は16日から再開となります。

今まで頑張ってきた分をこの期間に無駄にしないようにしてくださいね (=´ー`)ノ

 

 

 

そしてこの夏休みに大幅アップの計画をしている翼ですが、今回も夕飯を食べに戻ってからもう一度の練習です

最近はミット打ちが大好きな本人ですが、ツカサ対策のためであった技術から自分の求める「本物」とするように頑張っています。

そして夜の部の仕上げですが、安住とのスパーリング2ラウンド!

 

 

 

 

 

 

徹底的に右ストレートにこだわって練習してきたここ最近ですが、しっかりと踏ん張ってパンチを打つために足腰の強化をしてきたらハイキックのバランスも良くなっていました。

やはり会長の右ハイキックを継ぐのは翼なのでしょうか

同じ技を使えるのって指導する立場としては嬉しいモノです。

連休に入る前の練習(9日)も夜の部に参加するとテンションの上がっている翼に期待です。

 

 

 

とにかく、この連休の過ごし方で決まる夏。

よろしくお願いします。

 

誰が主役なんだ?

2週間と聞かされていた期間のうちにどれだけ進化できるかが課題であった翼の成果が試される日です。

 

 

 

盟友であるツカサが福岡のおじいちゃんの所へ2週間行ってしまう事でライバルを失った状態でありましたが、そこは考え方を変えて2週間分の成長をスパーリングで見せてやるといった方向へ。

 

夏休みって事でみんなそれぞれの予定があってジェフリーと2人だけの練習日もありました。

ハルトと苦手なパンチだけのスパーリングで多くのラウンドをこなしてきました。

将也と徹底的にキックを出し合って距離の勉強もしました。

中にはキッズクラスの練習を終えた後に、パパと一緒に夜の練習に参加したりもありました。

その分を「敵」ではなく、「ライバル」であるツカサにぶつける日がやってきたのです

 

ただそこには2人と同学年の一輝もいて、夏の成長を見せる戦いは三つ巴に!

 

 

 

さっそく注目のカードが実現となったツカツバ対決

ここは『BLOW-CUP』の試合の様子を伝える手段として控えたレビュー風のスタイルでいってみたいと思います(笑)

 

 

 

 

 

2週間のブランクがどのように影響し、そして2週間の間でどれだけ上石が自分の色を戦いの中で出していけるかが見所のこのカード。

以前までは後藤のインファイトに対応できず、パンチを連打で浴びる事の多かった上石であったが、集中的に鍛えてきたのは右ストレート。

右ストレートを強化するという事は、まっすぐに打ち抜ける軸のバランスが必要であり、そして本人のファイトスタイルに一番欠けていた積極性の強化にもなるのである。

さて戦いは持ち前の小刻みなパンチで前に出る後藤がペースを掴むいつもの流れかと思われたが、成長を見せたい上石はしっかりとガードし、ショートとロングのストレートを返していく。

蹴り技のパターンは後藤のローキックとミドルキックに対して、上石がハイキックとミドルキックに前蹴りと上石が相手を止めるのにも効果的な技が多いため少しずつ自分のペースに持ち込む。

見合った状態から自分のタイミングで飛び込む攻撃は少なかったものの、単発のストレートだけでなく、見事なワンツーも後半にはヒットさせて成長を見せた。

これからも続いていくライバル同士の凌ぎ合いは相乗効果を生み、互いに上のレベルへ挑戦するためにも必要となってくるであろう。

 

 

 

 

 

この後に行われた尾崎と上石の対戦も見応えのあるものに。

同学年の中でも一番の身長を持つ尾崎はパワーとリーチを効果的に使った豪快な攻撃が持ち味。

しかしそのオフェンス力が高いためか、ディフェンス力に物足りなさを感じる尾崎は上石にそこを突かれる展開に。

そうはいっても後藤との戦いとは全く違う攻撃プランが必要になってくるのだが、ここで大きなポイントになってくるのが格闘技関係者の間でも大事な能力と言われる「距離感」である。

相手が遠くにいるなと感じていきなり大きな攻撃を仕掛けたくなってしまうのだが、そこを細かいパンチなどで詰めてからミドルキックやストレートに繋げたいところであった。

何度も練習中に「大きなのから入らない!」と指示を受けてきた上石ではあったが、実際に成長を問われる審査の目があるスパーリングの中では冷静になりきれていなかったのであろう。

尾崎の連続のミドルキックや上石の押し込む前蹴りなど、パワー対決のイメージが残った戦いであったが、練習量で他を上回る上石がディフェンスの慣れで結果を引き寄せた今回の勝負となった。

 

 

 

さぁ、どうだったでしょうか

キッズのスパーリングではありますが、ウチでは大事な選手であり、メンバーの軸にもなっているので、ここはしっかりと細かくお伝えしてみました。

 

基本的に大人であっても、キッズであっても、プロの選手であっても、大事なポイントは一緒なはず。

そこには経験や年齢の差こそありますが、モチベーションは自分次第なのです。

今回のポイントとなった2週間分のモチベーションで大きく成長した翼。

2年生戦線もしっかりとした戦いが出来るようになってきたので、今後が楽しみです

 

 

 

自分の楽しみのためにキッズ達を強くしちゃいます ψ(`∇´)ψ

 

「覚醒」まであと少し

毎回考えるのが難しいのがこの1回ごとのブログタイトルですが、今回はこんな感じにしてみました。

 

 

 

2試合が確定していて、更に最近は勝ち星に恵まれていない駿

前回のシュートボクシングでの良いイメージを残しつつ、更に進化させたい将也

初の試合が急遽決まり、一気にトップギアに入れて練習をしてきたジェフリー

 

 

過去のブログでは試合の内容をお伝えするのに「格闘技サイト風レビュー調」にしてみたりとイロイロ試してきましたが、今回はフォトグラフ形式でいきたいと思います

※写真の順は時間の流れの通りになっています

 

 

 

 

★自分の試合は流れてしまいましたが、当初の予定通りに応援に来てくれた翼。もちろん妹のユイちゃんも一緒です

 

 

 

 ★仲間の試合以外にも、他の選手の戦い方を勉強している(?)翼。

 

 

 ★今回の相手もなんだか強いみたいだけど、格闘技ってのはそういった試合こそ楽しみ甲斐のあるもの!

将也の今後のために大事な一歩。

 

 

 ★大人だけでなく、キッズだってダメージを負ってしまうのが金的のツラいところです…。

 

 

★一度はダメージを負ってしまったものの、クオリティを落とさずに左のハイキックだって見事なキレを見せる将也。

 

 

★バランスを崩し、攻撃のペースを終始コントロールされていた将也は相手の勝ち名乗りを見て何を思ったのでしょう。。。

 

 

★2試合をするうちの最初の試合で無茶はしたくないところですが、ガードの低さが一発を狙っているようでセコンドとしては落ち着かない駿の構え。

 

 

 ★やはりこうなちまうかって感じの1ラウンド目。互いにブンまわして大振りな展開が目立ちます。

 

 

 ★インターバル中に修正し、久々の勝利に全身で反応してしまった駿

 

 

 ★自分の試合が終わり、緊張から解放された将也と、まさかこの先に自分の試合が主催者サイドの都合で流れてしまうとは思ってもいないジェフリー。

 

 

 ★背に龍を背負いし者として、対戦相手のデータよりも大切なのは自身の戦う気持ち。本日2度目のリングです。

 

 

★前蹴りを出した際に金的に相手の蹴りが当たってしまったので

 

 

 ★2試合目って事もあってダメージやスタミナの面が心配でしたが、インターバル中の作戦がバッチリと決まってKO勝ちで見事連勝

 

 

★KO勝ちの駿を見て自分も余裕を見せるセコンドの2人(笑)

 

 

 ★ジムのメンバーが出場する試合が全部終わったらこの通りに解放されまくってます。

 

 

 ★会員ではありませんが、BOXING-WORKSのシャツを着て応援してくれていた『2013 水龍會 女子マネージャー』のユイちゃんです。

 

 

 ★MVPこそなかったものの、特別賞を受賞と今日はノッていた「直突きセンセーション:井戸坂駿」

 

 

 ★勝ち負け、試合の有無も関係なく、最後はメンバーで全員集合写真なんだか翼の表情に気合いを感じます。

 

 

 ★大会後は恒例のみんなで「お疲れ會」ですが、その場で正式にマネージャーとして会長を補佐する立場に就任したので、これからの躍進を誓って2人でポーズ。

 

 

 

 

今回の印象としては、モチベーションがそのまま試合を作っていくのだと思った出来でした。

駿の構えに対する悩みも、足首の痛みの問題も、そのマイナス要素を上回るモチベーションで呼び込んだ勝利だと思います。

一方の将也ですが、まだ精神的なものは身体の柔軟性や技のクオリティに比べて劣るので、そのバランスが安定した時にいよいよと思います。

 

どちらもジムの看板を背負って試合のリングに上がっています。

お互いに欠ける部分はありますが、「覚醒」のために必要な1ピースを自分では理解しているはずなので頑張ってもらいましょう (ノ*゚ー゚)ノ

 

最終調整

負けるのが怖いとか、負けたらカッコ悪いとかが頭にあって、なんだかんだ言い訳をしながら試合を避けるよりもまずトライする!

 

 

 

そのまずはトライしてみるって考えを強く持っているウチのメンバー。

それも中途半端に成長してくるとチャレンジ精神が薄れてくるのが残念なところ。

自分も何人か見てきました

 

 

そしてその挑戦する心を持ったメンバー4人が8月4日にそれぞれリングに上がります。

駿・ジェフリー・将也の3人はクロスポイント吉祥寺で行われる『BLOW-CUP』に、そして急遽試合が決まった安住は1人でゴールドジム大森で行われる『J-GLOW』に。

自分の課題を考えながらの練習を続けた結果が出るはず。

いっちょやってもらいましょう。

 

 

 

ジュニアでは一番の試合経験数を持つ将也には訓ちゃんから膝蹴りの伝承って形で激励も

 

 

 

 

 

この技を試合のどこかの場面で出し、前回の6月30日のシュートボクシングで開花したスタイルで連勝してほしいと思います p|  ̄∀ ̄ |q

 

もし応援に行ってみたいなぁ~なんて考えてる方がいればコチラにどうぞ

 ⇒ http://www.shibukichi.com/contents/kichijoji/access/

 

応援よろしくです。

 

ページ上部へ