ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>ブログ>2016.1.24 アマチュアシュートボクシング選手権全日本王座決定戦!
ブログ

2016.1.24 アマチュアシュートボクシング選手権全日本王座決定戦!

いや、しかしタイトルも長いし、東日本代表になってから試合を迎えるまでの期間も長い!

 

 

 

代表の権利を獲得したツカサと翼が初めて経験する大舞台に、緊張で押し潰されないように様々な練習を楽しさを混ぜながらみんなで頑張ってきたこれまでの期間。

 

その集大成がこのリングでの2分2ラウンドで発揮されますsign01

 

当日の朝から程よい緊張の雰囲気で調子は良さそう。

 

2016125152310.jpg

 

 

ここ最近の流れから考えるとかなり遅い大会の開催によって、成長期のジュニ達にとっては体重管理が一番の敵となりました…。

 

1月14日が10歳の誕生日であったツカサなんかは誕生日ケーキを我慢したりと wobbly

 

 

 

普段から一緒に練習をするメンバーや、とりあえず賑やかにしてくれるマネージャー達も一緒にサポートをしっかりと務めてくれました。

 

2016125152851.JPG   2016125152918.JPG   2016125152942.JPG

 

 

試合の結果とは別に、チームワークでも今回の大会には満足しています。

 

ボクシングワークスの強みといえばそこでしょうか。

 

 

 

まずは大会のトップバッターとなる-25kg級での試合に出場のツカサ

 

2016125153342.JPG   2016125153423.JPG   2016125153450.JPG

 

 

試合経験では他のメンバーには劣りますが、勝負根性とスピードではバツグンの本人は大舞台にも硬くならずにテンポの良い攻撃を出し続けていました。

 

試合後にも左のミドルが出なかったなんて反省できる余裕もあったりと、終始冷静に戦えたツカサは判定でのタイトルGET scissorsshine

 

 

 

2015年はほとんど負け無しで駆け抜けた翼もツカサに続けと第二試合となる-30kg級でリング上に

 

相手は2歳上となる事を伝えたらいいものかと悩みましたが、勝ってしまえばそんな事はオマケみたいなもの。

 

それならば自分の力を出し切るようにと指示して送り出しました。

 

2016125154249.JPG   2016125154312.JPG   2016125154339.JPG

 

 

試合の中では打撃のレベルでは全く負けることなく、左のストレートの連発で相手の頭がガクンと後に倒れる状況もありました。

 

ただ予想していた通りに、組みにくる相手のスタイルに投げられることはありませんでしたが、首相撲で潰される回数が増えてしまい無念の判定負け…

 

リングを降りる前から既に泣いてしまっていた翼が印象的でした sweat02

 

 

 

試合が終わってしまえば我慢していた食欲を抑える必要もなく、泣きながらおにぎりを食べる翼だったり、周りの緊張感が消えたことでテンションが上がってきたマネージャー達といつもの表情で楽しんでいました。

 

2016125155131.JPG   2016125155157.JPG
2016125155223.JPG   2016125155253.JPG

 

 

応援に来ていた一輝はこれから自分が戦うであろう相手の試合を観ていたりとみんなそれぞれの試合後を過ごして、大会終了後の表彰式を待っていました。

 

 

 

2016125155614.JPG   2016125155636.JPG   201612515571.JPG

 

 

念願のベルトを巻いたツカサは満足そうにしていました good

 

今までの白いベルトと、今回の青いベルトではどっちがイイのかなんてことを聞かれましたが・・・

 

メダルではなく、ベルトというのがジュニア達の気持ちをアゲてくれるので、このスタイルは変えてほしくないところです。

 

 

 

最後にみんなで撮った写真は、次回撮る時にはベルトの数が増えている事を願っています wink

 

2016125161452.JPG

 

 

さっそくメンバーの意識は来月14日に行われるアマチュアムエタイに!

 

これからも頑張っていきます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.boxing-works.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/549

ページ上部へ