ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>ブログ>2016.2.14 第83回WPMFアマチュアムエタイ 試合結果
ブログ

2016.2.14 第83回WPMFアマチュアムエタイ 試合結果

エントリーシリーズとしては今年最初の大会となりますアマチュアムエタイですが、出場のメンバー5人は調整も余裕をもってできていたので当日を迎えるのにも大きな緊張はなかったようです。

 

 

 

去年末からツカサ&翼の出場するシュートボクシングの全日本選手権のためにみんなでキツい練習を続けていたために、今回の動きは非常に良かった印象。

 

あとは自分のスタイルにどのように活かせるかが問題 sign01

 

 

 

今回はエントリーが5人という事もあり、試合挑戦2度目の愛多以外はみんなそれぞれでバンテージを巻くように会長からの指示。

 

ここで頭を使い切ってしまってリングでは真っ白なのも困りますが、それも成長のための難関として…

 

2016214233854.jpg   2016214233933.jpg
     
2016214233955.jpg   2016214234018.jpg

 

 

誰が上手に巻けていたかというよりも、しっかりと集中してその時間を使っているのでプラスになったと思います。

 

これで1つレベルアップしたはずでしょう wink

 

 

 

それでは試合順に結果を報告です。

 

 

 

 結太

 

第1試合にエントリーされた結太でしたが、緊張で硬くなっている様子もなくイイ感じ。

 

実際に効果的な攻撃は相手よりも多かった印象でしたが、強引に倒しきれずに判定で引き分けに・・・

 

今回の出場メンバー全員に言えることでしたが、少し強引さが足りなかったかと思います。

 

どんな大会に出場してもアウェイなんだから、もう少しそのへんを意識することが大事でしょう。

 

201621423503.JPG   2016214235032.JPG

 

 

 

 

 愛多

 

2番バッターとして続くのは今回が2大会目の愛多です。

 

前回の初出場の際には2試合行っていますが、その時の悔しさを勝利という形で吹き飛ばしてもらいたいところ。

 

なんせ最近のランニングもツカサや一輝などの強豪を抑えてかなりノッているので、大きな期待ができる up

 

2016214235839.JPG   201621423593.JPG
     
2016214235929.JPG   2016214235952.JPG

 

 

倒し切るところまではいきませんでしたが、課題であった自分から積極的に攻撃していくことができ、見事に判定で初勝利 scissors

 

20162150146.JPG

 

 

 

 翼

 

そしてこのWPMFアマチュアムエタイシリーズに参加して以来負け無しの成績でここまできている翼は安心してセコンドについていられるように育ってきました。

 

今回も流れを持っていかれることなく1ラウンド終了時にTKO勝利 note

 

シュートボクシングのアマチュア全日本で爆発できなかった分を見せてくれました。

 

2016215081.JPG   20162150824.JPG
     
2016215090.JPG   20162150928.JPG

 

 

だいぶ見慣れてきたこの賞状と翼の2ショット shine

 

他のリングでも見たいものです。

 

201621501835.jpg

 

 

ついでに、前半戦を終えて勝者の2人

 

201621502624.jpg

 

 

 

× 一輝

 

そして、毎回のことながら強敵とマッチメイクの一輝。

 

考え方によっては本番で大物と戦えるなんてのは良い機会なのでプラスになりますが、まだ小学4年生にとってはハードな階級となるでしょう・・・

 

みんなのサポートを一番に受けて番付をひっくり返しに向かいます punch

 

20162150331.JPG   201621503326.JPG

 

201621503413.JPG

 

 

小さなミスが負けに繋がってしまう、高いレベルでの攻防。

 

現状の空気を嫌った一輝が、「散らし」を忘れてそのまま大きな攻撃を出してしまったために蹴り脚をキャッチされる事が何度かありました。

 

実際に負けて意味を知るというのも大切な事なので、またこれからに期待です。

 

 

 

 ツカサ

 

ムエタイ初出場のツカサですが、リングネームでのエントリーができる今大会は国籍不明のロエ・ツカポンとして出場!

 

前回の試合から3週間の間隔ですが、走ってもスパーでも好調をキープしていたので問題ナシのツカポン。

 

ウチのジムとしては珍しく、対戦相手が1つ年下であったこともあり、試合前から絶対に負けるなと周りから厳しい声が。

 

20162150465.JPG   201621504629.JPG
     
201621504650.JPG   201621504711.JPG

 

 

相手は女の子でしたが、気持ちも強くて打ち合いにも応じる立派なファイターでした。

 

倒し切れなかった事は課題ですが、スピードスターとしてのスタイルを試すには良いきっかけとなりました。

 

201621505017.JPG

 

 

 

今回のBOXING-WORKSとしての結果は3勝1敗1分となりました。

 

全勝を目指して頑張っていますが、そこを目標にして普段の練習に対する姿勢が一番大切なところ impact

 

少しずつ試合を経験してきて、普段から課題として練習してきている事が本番で出せているのかは大きなポイントです。

 

 

 

そして変わらないマネージャー達もしっかりとみんなのためにチョコレートを配ってくれていました present

 

20162151040.jpg

 

 

 

全体的に成長が感じられた大会となり、安心しています。

 

応援に来てくださったみなさま、試合結果を気にかけていてくださったメンバーの方々など、やはりたくさんのメンバーでいろいろなパターンを練習してきたお陰でこのように成長できました。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

2016215153.JPG

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.boxing-works.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/550

ページ上部へ