ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2016年7月

2016年7月

2016.7.24 第87回WPMFアマチュアムエタイ 試合結果

今までの大会とは少し違った雰囲気で準備が進められていた今大会は、その出場メンバーにも違いがあって一輝と駿のジムの看板を背負った必勝シフト!

 

 

 

3年振りにアマチュア大会に出場の駿と、毎回試合ごとに挑戦している一輝。

 

練習の質は常に高いレベルを維持している2人ですが、その練習の内容が実戦のリングで出せてこそ『本物』ってモノ punch

 

 

 

3年振りの試合で更に第4試合と精神的にも不安定な状況からのスタートとなった駿ですが、結局は今までやってきたことしか出ないと吹っ切れたようで、いざ戦いのリングへ。

 

201672417035.JPG   201672417112.JPG

 

1ラウンドの序盤は距離がしっかりと見れていた本人は、インローで無駄に詰め過ぎずにパンチも上下に散らしてペースを掴む。

 

自分の流れとみたところでバックブローをヒットさせ、そこでイケると思ったか後ろ蹴りも bomb

 

これがクリーンヒットして見事な形でのダウンを奪いました!

 

20167241789.JPG   201672417837.JPG

 

毎度のことながら、ダウンを獲ってもなかなかニュートラルコーナーに行かないのが半人前な部分です・・・

 

2016724171144.JPG

 

 

2ラウンド目は少し欲が出てKO勝利を急いだためにペースを乱したままベタ足になってしまいムダな攻撃を受けることにannoy

 

でも、内容としては確実な勝利であったので良かったです。

 

2016724171458.JPG   2016724171531.JPG

 

 

ひとまずオメデトウ!

 

 

 

 

そして次期王座挑戦者決定トーナメントとして戦うことになった一輝。

 

くじ引きでのカードが決まり、以前に戦って負けている白井君とはお互いに決勝でしか当たらないことに。

 

2016724172254.JPG   2016724172324.JPG

 

とにかく勝たなければリベンジも何もないので、1試合目に集中!

 

2016724173320.JPG   2016724173353.JPG   2016724173421.JPG

 

2016724173511.JPG   2016724173634.JPG   201672417371.JPG

 

 

初戦は安定した試合運びでしっかりと勝ちを手にし、予想通りに逆ブロックから上がってくる白川君と戦うことに。

 

しかし心配だったのは集中力の低下。

 

一度勝って安心してしまって集中が切れてしまうのもジュニアでは考えられること。

 

20167242354.JPG   201672423529.JPG   201672423555.JPG

 

決勝の緊張と一度負けている相手、そして再び作らなければならない戦う気持ちなど、様々な問題をクリアできずにまた同じ相手に連敗となった決勝戦でした。

 

しかし、相手も同じ条件をクリアして上がってきて同じ舞台に立っているわけで、完敗でしょう。

 

 

 

一輝、駿と2人にとって、またジムにとっても大きな経験となった今回。

 

毎回試合をするごとに何か勉強になるので、やはり理屈よりも現場だと実感しました wink

 

 

 

そして今回試合には出ないながらも応援に来てくれた結太や愛多、ルキなどやそのご家族の方、久保木さん、わざわざ2人の子供を連れて来てくれた広川さんなど、みなさんも応援ありがとうございました。

 

201672501130.JPG   201672501244.JPG   20167250138.JPG

 

 

次回の試合の予定は8月21日に浅草・花やしきで行われるアマチュアシュートボクシング大会です。

 

気持ちを切り替えてがんばっていきます dash

 

 

201672501727.JPG

 

 

井戸坂男塾

勉学に、キックボクシングにと一生懸命に頑張る陽樹に対して、ジムとして教えてやれる事といえば勉学以外なので…

 

 

 

キックボクシングの技術はもちろん、目的まで諦めずに向かっていくことなどコチラが大人になるまでに学んだものを伝えてやれればいいなといった感じです。

 

そして、その陽樹の成長を待ち遠しく思っている男である駿 sign01

 

同じ体格であり、そのハンパないパワーは成長してくれれば最高の練習パートナーとして駿にとってもメリットのある話です。

 

しっかりと面倒を見てくれて、同じ階級の目線から良い部分を引き出してくれていました。

 

2016721015.JPG   2016721051.JPG   2016721124.JPG

 

 

なかなか習った技術がリング上で発揮できるほど簡単にはいきませんが、そこで諦めない心も大切な部分。

 

伝えていきながら成長することもあるので、2人にとってメリットのあるコンビであるはず。

 

 

 

 

もちろん最後はスパーリングで終わるのですが、リズムをつかんで調子良く動けている駿に対してどうにか攻めていきたい陽樹の構図での3ラウンドとなりました punch

 

20167211237.JPG   2016721137.JPG   20167211335.JPG

 

 

今回はバックブローなど駿に好き放題やられたといった感じでしたが、パワーで前に出たりと自分の持ち味を理解しているので、ここから挽回していってもらいましょう dash

 

 

ボクシングワークスの若者はまだまだこんなモンじゃないはず good

 

この荒川区からキックボクシングで得たモノを武器に世に出ていってもらいましょう。

 

ページ上部へ