ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>ブログ>2016.12.18 アマチュアシュートボクシング 全日本王座決定戦
ブログ

2016.12.18 アマチュアシュートボクシング 全日本王座決定戦

すでにfacebookでお知らせをしてあったのですが、ボクシングワークスから75kg以上の部で出場を決めていた駿の試合は対戦相手の負傷棄権により流れてしまいました。

 

 

 

過去最高の閲覧数を叩き出した今回の残念なお知らせは、それだけジムでの駿の頑張りに期待をするものであったり、みなさんの関心のためと思います。

 

 

 

前日夜に連絡を受けた時は変な笑いしか出ませんでしたが、とりあえず会場に行き表彰を受ける事はしてほしいとの話。

 

試合こそなくなってしまいましたが、どちらにしろ勝ち名乗りは受けていたでしょうからそれは問題なく gawk

 

リングに上がる前の表情や、勝ち名乗りを受けたり表彰される時の複雑な感じが今見ると面白い…。

 

 

2016121823367.JPG   20161218233638.JPG   20161218233710.JPG

 

 

前日までしっかりと練習をして調整をしてきた駿は今までの中でも一番の仕上がりの動きと戦術理解でした。

 

ただ残念だったのは先方から何のアクションも無かった事ですが、こちらの総合的な完成度が上回っていたということでしょう。

 

もう何も言いません。

 

 

 

初めての駿とのタイトルは気持ち良く受け取れませんでしたが、駿を応援してくれていた関係者のみなさん、応援に来るはずだった方々、本人は試合に勝った経験値と同じだけの成長をしました。

 

自分も満足しています shine

 

 

20161218234515.jpg

 

 

これでボクシングワークスとしての2016年の試合も全て終わり、残すところのイベントは23日の《 2016 BOXING-WORKS 忘年會!》だけとなりました。

 

 

最後まで充実したジムワークで終われるようにいきましょう dash

 

 

 

2016121823529.JPG

 

 

東日本代表戦からの今回までの流れ、練習の密度、強化していく部分、そしてこういった事もあるんだと全ての経験がプラスとなったはず。

 

タイトルよりも大きな物を手にした駿のこれからが本当に王者として問われるところでしょう。

 

ジムにとっても大きなプラスとなりました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.boxing-works.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/568

ページ上部へ