ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ>2017年11月

2017年11月

2連敗から学んだもの

今年の8月にアマチュアの試合を経験してから2戦目となる今回のアマチュアムエタイへの挑戦。

 

 

 

試合前はいつもの松っちゃんでしたが、やはり早く初勝利がほしい気持ちで焦りもあったはず sweat01

 

2017112702314.JPG

 

 

あんまりオープンには言わなかった今回の挑戦ですが、練習の調子からも前回よりもレベルアップがみえました。

 

初挑戦では、負けても「よく頑張った!」とか「残念だけどまた次がある!」みたいな感じで終わってしまいますが、今回はお祭りといった感じではなく成長をアピールしたいところ。

 

 

 

 

2017112703845.JPG

 

ただ、結果は前回に続いての敗戦 weep

 

その中でも何が足りていないのかをしっかりと考えるきっかけとなったのは良かった。

 

 

 

特別強いわけでもない相手に、バランスを崩した際にパンチをもらってダウンを奪われたのも、サウスポーを活かした戦い方ができなかったのもそれはマイナスポイント。

 

まだまだの課題の中でもしっかりと効かせていた技もあったし、これからどんな練習に重点をおいて進めていけばいいのかも考えれた flair

 

 

 

それこそが意味のある戦いってヤツでしょう。

 

ここで自信をなくすような弱いメンタルじゃないのもわかったし、これからの大躍進に期待します。

 

 

 

 

そろそろ開放しちゃっていいよ~ note

 

important !

格闘技だけでなく、スポーツにおいて技術というのは攻撃だけではなくディフェンスもそうであるので、今回はそこを意識させるためのトレーナー経験!

 

 

 

みんな今まではそれぞれのペースで攻撃練習をしてきましたが、レベルが上がっていけば必ずぶつかるのがディフェンスの壁です impact

 

スパーリングをしても、無駄に前に出て攻撃をしているだけでパンチもキックもしっかりとヒットさせることができずに先にバテる。。。

 

特にパワーがあれば、そのパターンに陥りやすいです。

 

 

 

「しっかりと受けて必ず返す。」

 

一気に攻めて倒せばいい!とか、試合経験を増やせばどうにかなるなんて考えが総合力を下げていき、楽しさを見つけられずに終わってしまうでしょう。

 

まずは相手の攻撃を見れるようになって、間合いを掴むこと sign03

 

 

 

そのための受け練習ですが、ボディプロテクターも装着してパンチをしっかりと捕まえる(受ける)こと。

 

2017119235357.JPG   2017119235427.JPG

 

 

まずは良太トレーナーから。

 

今回の3人の中ではキャリアも長く、一番多くスパーリングを経験しているので、逃げることなく前でパンチを受けることができていました。

 

 

2017111001757.JPG

 

次に構えたのは翔二朗ですが、身長が小さいために良太のパンチを受けるのはその身長差で受けづらくも見えました。

 

パワーでも体格の違いから押されることもあり、経験を重ねてその差を埋めていってもらいたいです。

 

 

2017111003224.JPG

 

最後はシンでしたが、良太や翔二朗と一緒に練習することも多く、互いにリズムを合わせることを話しながら確認をして進めていっているのが印象的でした。

 

やはり攻撃にもディフェンスにもリズムというのがキーワードになってくると気付かされます。

 

 

 

ダメージを受けずに、攻撃の精度を高めていくのが重要と本人達にも伝われば嬉しいです note

 

 

 

もちろんムードメーカーのこの人もこの練習は経験しています!

 

2017111004353.jpg

 

ただ、果たして伝わったのでしょうか。。。

 

loading...

ブログカテゴリ

ページ上部へ