ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ

BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ

2016.10.9 第10回 全日本アマチュアシュートボクシング 東日本代表決定トーナメント 試合結果

ま、順当勝ちとはいえ、なんといっても駿が見せてくれました!

 

 

 

ボクシングワークスから出場は一輝と駿の2人。

 

12月に行われる全日本選手権の代表を決めるトーナメントとあって、それまでの練習でも特に気合の入っている感じの2人でした up

 

 

 

一輝は会場入り前から気持ちが安定しないようでしたが、一回戦がシードであったために落ち着きを取り戻したようで準決勝は2ダウンを奪ってのTKO勝利。

 

決勝は何度か対戦している中学1年生に投げによるシュートポイントを与えてしまい判定負け despair

 

本来であれば悔しくてどうでもいいはずの準優勝の賞状やトロフィーを受け取る時もどこか暗い感じでした。

 

2016109233023.JPG

 

 

それでも大会終了後には会場である花やしきでたくさん遊んだのもあっていつもの笑顔が戻っていて安心。

 

反省のポイントは徹底しなければなりませんが、必要以上に落ち込むのももったいない!

 

2016109233319.JPG   2016109233350.jpg

 

 

全日本を目前にしてまた厳しい洗礼を受けた一輝ですが、これも大きな花を咲かせるための修行のうち。

 

確実に前に進んでいっています punch

 

 

 

 

そして、おかげさまでコチラの喉をガラガラにしてくれた本日の主役の駿 sign01

 

試合直前には風邪でダウンして練習ができていなかったり、大阪出張や前日も仕事の展示会などと調整は全くでした。

 

更には、対戦相手が30kg以上も重いと聞かされて本人も大きな不安もあったと思います。

 

 

ただ、一言!

 

「お前がいつもスパーしてる相手は誰だと思ってんだ annoy

 

そんな事を言わないでも試合開始前にはしっかりと気持ちはできあがっていた様子。

 

 

2016109234848.JPG   2016109234920.JPG

 

 

相手セコンドの理解できないアドバイスにイラついてしまいましたが、戦っている本人は冷静にワンパターンの戦法を見ながらしっかりと左ミドルを蹴りまくって大きな体重差をクリアしての判定勝利 scissors

 

パワーだけとはいえ、その体重の相手と最後には打ち合いをしてしまうあたりは本人のプロレス魂がそうさせたのでしょう。

 

 

 

試合終了直後はボクシングワークス側のセコンドは大興奮 dash

 

小林さんも喉を嗄らして応援してくれていて、気持ち良い勝利となりました。

 

 

2016109235821.jpg

 

 

 

 

このまま主役の座を駿が持っていくのか、それとも一輝が挽回か、はたまた意外な選手が現れるのか???

 

これからも楽しみがまだまだ続くBOXING-WORKS shine

 

 

201610100348.JPG

 

 

とりあえずはご苦労さま。

 

しっかり体を休めて次の目標のために頑張っていこう。

 

 

High KICK

格闘技において盛り上がるシーンの一番はKOシーンでしょうが、その中でキックボクシングとなるとやはりハイキックでのノックアウトと考えます!

 

 

 

アッパーによって大きく相手を仰け反らせるのも結構、ローキックをコツコツと当てての作戦も結構、テクニックをアピールするようにボディブローでダウンを奪うのもみんなそれぞれに『味』のある戦い方であります。

 

しかし、パッコーンとハイキックが決まった瞬間の快感は格別のものであり、醍醐味であるとも思います。

 

 

そのハイキックを自分のものとすべく立ち上がった4人 punch

 

 

 

2016105143958.JPG

 

結太が「コーチの必殺技をマスターする!」と必死で軸足を回転させ、腕を切って右足を振り切って練習をしていました。

 

本人の持ち味である柔軟性をもっと活かせたら、今後の武器となるでしょう。

 

 

 

2016105144412.JPG

 

その運動神経を最大まで出し切っていない、まだ底の見えない才能を隠し持った優一。

 

右でも左でもブレないバランスでコンスタントに蹴っていく姿は、これからの楽しみでもあります。

 

 

 

2016105144857.JPG

 

射程距離に入れば左右関係ナシにハイキックを蹴れる一輝。

 

どんな技もマスターしてしまうために、あえて「軸」となる武器が目立たないのは仕方ありませんが、この年齢からこの安定感はお見事!

 

 

 

201610514534.JPG

 

練習をしていて「楽しい」といった気持ちが一番伝わってくるのがアダ。

 

もちろんハイキックだって楽しみながらやっているので吸収も早いはずでしょう。

 

 

 

 

すべての技を出せる試合なんてのはないでしょうが、練習をするのはすべての技であって、苦手だからやらなくていいというわけにはいきません。

 

それが修行というものでしょう。

 

自分からもっと上手になりたいといった気持ちで練習に挑むメンバー達はこれからどんどん成長していくはず up

 

 

 

当たり前に出る技の中にハイキックがあるのが一番のファイターでしょう。

 

 

おかげさまでもう8歳

10月17日をもって我がボクシングワークスも8周年を迎えますが、それをきっかけに少しマイナーチェンジをしてみました。

 

 

 

今までもTシャツを製作してみたりとイロイロとありましたが、今回は長い期間ボロボロになっていた看板と壁紙を新しいデザインに変更しました。

 

次に派手にヤるのは記念すべき10周年の時にしたいと思います。

 

その時にはみんなにも頑張ってもらって、タイトルも増えていることを願っています sign01

 

 

 

以前からずーっと新しいデザインに変更したかった看板ですが、外れるわ割れるわ蛍光灯も点かないわで8周年がイイ機会となりました。

 

ジムのオープンの時からお世話になっている東京ネットワークさん( ⇒ http://www.tokyonetwork.co.jp/wp/ )の力を借りて今回も納得のいくデザインとなりました scissors

 

20161011412.jpg   201610113016.jpg

 

 

他の面も凝ったデザインになっていて、これで強風に怯えることなくジムワークができます。

 

 

 

 

室内ではジュニア達が練習している最中であったこともあり、少しタイミングが難しかったのですが、なんとか時間をかけながら完成 dash

 

最終的には手伝ってもらいながらの完成となりましたが、みんなの評判も良くて安心しました。

 

201610111125.jpg   201610111151.jpg   201610111216.JPG

 

 

様々なデザインの《 BOXING-WORKS 》マークを壁に貼り付けようと考えていたのですが、過去にあったTシャツなどのデザインも一緒に飾りたかったので、こんな感じの壁に落ち着きました。

 

これがなかなかの大仕事ではあるのですが、なんとか攻略してコチラも完成 wink

 

 

 

 

メンバーの退会などもあって安定しない部分もありますが、まだまだ勢いの落ちない主力メンバー達と一緒に記念にパチリ shine

 

201610122919.JPG


 


8周年なんてまだまだ通過点!

ただ長い期間を続ければいいものではありませんが、結果の伴う練習内容を全ての目標に対して提供していけるように努力していきたいと思います。

 

荒川区のただのガレージから創めたキックボクシングジムも8年になります。

 

みんなの刺激をもらいながら、次のステップを目指していきます punch

 

2016.8.21 第15回アマチュアシュートボクシング ワンマッチ東京大会 試合結果

今回は一輝のみがウチのジムとしては初の花やしき大会に出場となりましたが、準備はしっかりとしてきたのでテーマは『KO勝利』のみ!

 

 

 

大会の感想としては、花やしき大会で使用される会場はアマチュアの大会にはむいていないとは思いますが、それでも強いほうが勝つ punch

 

そして、その強さを手に入れるためにしっかりと練習をしてきた一輝は第3試合と第16試合にエントリー。

 

経験は多いほうがイイ。

 

そしてKOを意識して戦うのなら、目標は連続KOしかない impact

 

 

 

20168222723.jpg   2016822281.jpg

 

 

しっかりとした目標を持って練習をし、戦った今回の試合。

 

途中でいままでの課題として修正しようとしてきた部分も出てはいたものの、結果は2連続KO勝利の合格点 scissors

 

201682221152.JPG

 

 

会場に関してはいろいろと意見はありますが、今回来て良かったと思えるのは同じ階級でのライバル達の様子を確認できたこと。

 

身長の変化であったり、新しいライバルの出現など、これからに向けて確認しておけてプラスになりました。

 

 

 

結太や小林さんなどのメンバーも花やしきまで応援に駆けつけてくれて力をくれました。

 

このパワーは次回に行われる東日本代表決定戦にも届くはずなので、期待しています note

 

20168222232.JPG   201682222331.JPG

 

 

いままでアマチュアムエタイへの挑戦が多かったので久しぶりのシュートボクシングにも不安はありましたが、やはり他の試合を見ていても強い選手はみんな勝っています。

 

自信と経験をこれからに活かしていけるようなスタイルを目指します sign01

 

 

 

よく頑張った。

 

おめでとう、一輝 good

 

201682222928.jpg

 

 

2016.7.24 第87回WPMFアマチュアムエタイ 試合結果

今までの大会とは少し違った雰囲気で準備が進められていた今大会は、その出場メンバーにも違いがあって一輝と駿のジムの看板を背負った必勝シフト!

 

 

 

3年振りにアマチュア大会に出場の駿と、毎回試合ごとに挑戦している一輝。

 

練習の質は常に高いレベルを維持している2人ですが、その練習の内容が実戦のリングで出せてこそ『本物』ってモノ punch

 

 

 

3年振りの試合で更に第4試合と精神的にも不安定な状況からのスタートとなった駿ですが、結局は今までやってきたことしか出ないと吹っ切れたようで、いざ戦いのリングへ。

 

201672417035.JPG   201672417112.JPG

 

1ラウンドの序盤は距離がしっかりと見れていた本人は、インローで無駄に詰め過ぎずにパンチも上下に散らしてペースを掴む。

 

自分の流れとみたところでバックブローをヒットさせ、そこでイケると思ったか後ろ蹴りも bomb

 

これがクリーンヒットして見事な形でのダウンを奪いました!

 

20167241789.JPG   201672417837.JPG

 

毎度のことながら、ダウンを獲ってもなかなかニュートラルコーナーに行かないのが半人前な部分です・・・

 

2016724171144.JPG

 

 

2ラウンド目は少し欲が出てKO勝利を急いだためにペースを乱したままベタ足になってしまいムダな攻撃を受けることにannoy

 

でも、内容としては確実な勝利であったので良かったです。

 

2016724171458.JPG   2016724171531.JPG

 

 

ひとまずオメデトウ!

 

 

 

 

そして次期王座挑戦者決定トーナメントとして戦うことになった一輝。

 

くじ引きでのカードが決まり、以前に戦って負けている白井君とはお互いに決勝でしか当たらないことに。

 

2016724172254.JPG   2016724172324.JPG

 

とにかく勝たなければリベンジも何もないので、1試合目に集中!

 

2016724173320.JPG   2016724173353.JPG   2016724173421.JPG

 

2016724173511.JPG   2016724173634.JPG   201672417371.JPG

 

 

初戦は安定した試合運びでしっかりと勝ちを手にし、予想通りに逆ブロックから上がってくる白川君と戦うことに。

 

しかし心配だったのは集中力の低下。

 

一度勝って安心してしまって集中が切れてしまうのもジュニアでは考えられること。

 

20167242354.JPG   201672423529.JPG   201672423555.JPG

 

決勝の緊張と一度負けている相手、そして再び作らなければならない戦う気持ちなど、様々な問題をクリアできずにまた同じ相手に連敗となった決勝戦でした。

 

しかし、相手も同じ条件をクリアして上がってきて同じ舞台に立っているわけで、完敗でしょう。

 

 

 

一輝、駿と2人にとって、またジムにとっても大きな経験となった今回。

 

毎回試合をするごとに何か勉強になるので、やはり理屈よりも現場だと実感しました wink

 

 

 

そして今回試合には出ないながらも応援に来てくれた結太や愛多、ルキなどやそのご家族の方、久保木さん、わざわざ2人の子供を連れて来てくれた広川さんなど、みなさんも応援ありがとうございました。

 

201672501130.JPG   201672501244.JPG   20167250138.JPG

 

 

次回の試合の予定は8月21日に浅草・花やしきで行われるアマチュアシュートボクシング大会です。

 

気持ちを切り替えてがんばっていきます dash

 

 

201672501727.JPG

 

 

井戸坂男塾

勉学に、キックボクシングにと一生懸命に頑張る陽樹に対して、ジムとして教えてやれる事といえば勉学以外なので…

 

 

 

キックボクシングの技術はもちろん、目的まで諦めずに向かっていくことなどコチラが大人になるまでに学んだものを伝えてやれればいいなといった感じです。

 

そして、その陽樹の成長を待ち遠しく思っている男である駿 sign01

 

同じ体格であり、そのハンパないパワーは成長してくれれば最高の練習パートナーとして駿にとってもメリットのある話です。

 

しっかりと面倒を見てくれて、同じ階級の目線から良い部分を引き出してくれていました。

 

2016721015.JPG   2016721051.JPG   2016721124.JPG

 

 

なかなか習った技術がリング上で発揮できるほど簡単にはいきませんが、そこで諦めない心も大切な部分。

 

伝えていきながら成長することもあるので、2人にとってメリットのあるコンビであるはず。

 

 

 

 

もちろん最後はスパーリングで終わるのですが、リズムをつかんで調子良く動けている駿に対してどうにか攻めていきたい陽樹の構図での3ラウンドとなりました punch

 

20167211237.JPG   2016721137.JPG   20167211335.JPG

 

 

今回はバックブローなど駿に好き放題やられたといった感じでしたが、パワーで前に出たりと自分の持ち味を理解しているので、ここから挽回していってもらいましょう dash

 

 

ボクシングワークスの若者はまだまだこんなモンじゃないはず good

 

この荒川区からキックボクシングで得たモノを武器に世に出ていってもらいましょう。

 

2016.6.19 第86回WPMFアマチュア大会 試合結果

今までとは違い、ジュニアでもトップクラスの選手がエントリーしてくるこの大会はやはり高い壁であります。

 

 

 

大会まで練習を頑張ってきた一輝と結太でしたが、今回はジムからのエントリーする人数も少なく、雰囲気は今までとは違いました。

 

練習メニューに関しては、過去を振り返っての課題を徹底的になくしていくというもの。

 

相手がどうだからとかではなく、投げに対してのポイントがどうだからとかでもなく、自分のスタイルが安定している選手は強い sign01

 

そして、そのスタイルがどのリングでも、誰が相手でも出せる選手は強い sign03

 

201662001311.JPG

 

 

そこを徹底的に詰めていって、練習だけでなく本番のリング上で発揮できるように調整し、いざディファ有明のリングに。

 

201662002026.JPG

 

 

 

 

久しぶりのリングとなる結太の試合は第7試合

 

悪い癖は本人も理解しているのですが、滲みこんでいる癖はなかなか根が深くて厄介で・・・

 

練習量やマジメさなどを考えてみても、しっかりとしている本人を見る限り、対戦相手ではなく本当に勝たなければならないのはその『癖』でしょう

 

201662003129.JPG   20166200320.JPG

 

 

今回はその悪い癖がリング上独特の空気によって出てしまい、良い部分をあまり見せられずに判定負け crying

 

次のために基本に戻って再出発です

 

 

 

 

 

 

結太の試合を終えてしばらく時間が空き、第37試合が一輝の出番

 

ここまで様々な大会のリングでの経験もあって、WPMFのジュニアランキングには5位に入るまでになりました。

 

しかし目標はそこではなく、激戦区である35kg級のトップになること punch

 

ですので、今回の対戦相手(4位)の選手には勝って更に上を目指したいところです。

 

201662004235.JPG   201662004322.JPG
     
201662004346.JPG   201662004416.JPG

 

 

なかなかムエタイの採点での見方ができないと難しかった試合ではありましたが、やはり蹴られたままで終わってしまったり、一方的に攻められて返すことなく次にいってしまったりと減点の部分が多く見られました。

 

ハイキックやバックブローなどのクリーンヒットや、ローキックでの攻めなど良い部分もありましたが、流れを作るまではいかずに単発のみの攻撃に・・・

 

結太と同じく、しっかりと再生させて次のリングに臨みたいと思います dash

 

 

 

帰りの途中には偶然いたゲーオ選手との記念撮影もできたので、少し敗戦ショックも消えたかのように見えた一輝

 

2016620167.JPG

 

ムエタイ界の超大物からエネルギーをもらって、早く次のために切り替えていきましょう。

 

 

 

 

毎回言っているとそれこそ「悪い癖」になってしまうのですが、今回の敗戦をしっかりと次に活かして成長していってほしいと思います。

 

 

201662011235.JPG

 

 

厳しい練習が続くけど、少しでも成長のために頑張って続けてくれ!

 

そして荒川区から、BOXING-WORKSからキックボクシングのチャンピオンを出すためにも頑張ってほしいと思います。

 

 

期待しています。

 

女(の子)は強し!

最近ではビジターとして来られるメンバーでも女性の方が増え、男子も負けていられないくらいのエネルギーで頑張っています。

 

 

 

ジュニアメンバーではまだまだ男子が頑張っていて、メンバーの入れ替えがありながらもしっかりと自分の目標を決めて続けていっています。

 

そのジュニアメンバーの中で唯一の女子であり、そしてジム内の女子達にも刺激を与えているのが愛桜(アダ:小学2年生)です ribbon

 

 

 

今年中のアマチュア大会デビューを目指してしっかりと練習を頑張る本人は、少しずつ練習回数も増やしてきて、内容もレベルを上げてきています。

 

最近では先輩にあたる結太とのマススパーの数を増やし、ステップやガードの重要さをしっかりと学んでいるところです。

 

同じくジムで練習する久保木さんや、宮崎さんなども、そのエネルギーには驚き、そして応援してくれています。

 

 

201661413622.JPG

 

 

同じ女子仲間からの応援もあり、アダ本人も気持ちがノッてきたのかどんどん攻撃面でもテンションが上がってきて、課題であったステップやガードもみるみるうちに改善されてきました。

 

リング上で実力を発揮できるタイプかもしれないので、アマチュアデビュー戦が楽しみです sign01

 

201661413153.JPG

 

 

ジュニアの成長はいきなりやってくるので、しっかりと見届けます。

 

 

 

アダとはかなりの年齢差はあるものの、同じように頑張って入会時から比べるとかなりの成長をしてきている久保木さんと宮崎さんもグローブを装着すれば変身するタイプ。

 

ビジターや体験として来られる女性にも多く当てはまる事ですが、格闘技の動きをしてみたいのは男性よりも女性の方が多いのではと思います。

 

「強さ比べ」としての視点でなく、エクササイズや初めての動きそのものを楽しむといった感覚が女性の強い部分 good

 

それだけ素直に自分の中に吸収されていくのでしょう。

 

 

 

2016614132345.JPG

 

 

まだまだBOXING-WORKSの女子部は成長していきます shine

 

楽しみ方にもセンスあり

そろそろ新アイテムとして配備されたロープも一ヶ月となり、ただ力任せに登るだけでなく様々なパターンが出てきました。

 

 

 

初めて見るロープをいかに攻略するかがみんなの最初の目標。

 

1回登ることができたなら、次は何往復できるかとみんなでの挑戦がスタート dash

 

当初は、まず登ることができただけでも嬉しそうな表情がありました。

 

2016514196.JPG

 

 

そうしていくうちに、みんなの関心も高まっていき、年齢や立場など関係なく次々に現れる挑戦者。

 

最初はできなかったメンバーでも、繰り返していくうちにできるようになっていき、ここでも成長を見せてもらえました。

 

幹太もそのうちの1人 smile

 

201651411321.JPG

 

今までは足で挟んで登るパターンでしたが、腕のみでグイグイと上がっていくまでになってくれました。

 

普段はユル~い幹ちゃんですが、内面にアツいものを秘めていたってことが嬉しい!

 

小学生でメンバーとしては唯一の6年生ですが、心配なさそうです。

 

 

 

 

 

そして、少し心配もあるのが、トレーニングアイテムの間違った使い方 sweat01

 

考え方を変えれば、楽しみながら成長していくパターンにバリエーションが増えていくことでもありますが・・・

 

 

 

結太がかなり気に入っているのが、この『スパイダーマン』なる練習(?)です。

 

201651412459.JPG

 

ま、確かにそう見えなくもないですが sweat02

 

この状態で何秒間ぶら下がっていられるかがポイントのようです。

 

怪我だけには気をつけてもらい、楽しみながら成長するといったテーマから脱線せずに続けていってもらいましょう。

 

 

 

こちらの頭では思いつかないロープの使い方の提案を待っています。

 

いよいよデビューとなりました!

我がボクシングワークスに新しいトレーニングアイテム(遊具!?)がお披露目され、初日のお話です。

 

 

 

とにかくフィジカル強化を考えての採用だったのですが、やはり野生に戻る運動の中で、これからに役に立つメニューをと思い選びました。

 

ネットでは「ターザンロープ」といった名前で売っていて、まさに求めるところはそこでした leo

 

2016420151.jpg   20164201530.jpg

 

 

あまり外で遊ばなくなった今の小学生でも、ウチで一緒に練習をしていけばいつの間にか体が強くなっていくはず punch

 

それを評価する基準もなかなかないし、試合の勝ち負けだけでは決めることはできませんが、柔軟性や精神力、スタミナなどの面で確実に成長していっているジュニアメンバー達。

 

 

 

 

そのジュニア達の目にさっそくとまり、楽しく体を鍛えるトレーニングアイテムとして最高のデビューをしました。

 

201642011416.jpg   201642011443.jpg

 

 

最初こそイイ感じでみんなが続けていたものの・・・

 

 

201642011630.jpg

 

 

予想された遊具としての利用までそう時間はかかりませんでした sweat01

 

 

 

最初から簡単にできるものではありませんので、ここからまた少しずつみんなが自分のステップアップを感じながら、それをまた自信に繋げていってくれれば「ターザンロープ」も大きな仕事をしたことで喜んでくれるはず。

 

 

デビューまで時間はかかりましたが、新たなアイテムのおかげでまたフィジカルのアップupが期待できます。

 

201642012239.jpg

 

 

ページ上部へ