ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ

BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ

2015.3.29 第10回 アマチュアシュートボクシング ワンマッチ東京大会

久々のブログ更新はまたしても試合の結果と、facebookよりもこっちのほうが楽に自分の意見が言えるって事で。

 

 

 

すっかりアマチュア大会後の更新だけになってしまいましたが、最初にコチラを知った方はジムのfacebookもよろしくお願いします。

 ⇒ https://www.facebook.com/kickboxing.style

 

 

そして今回は今年初めて行われるアマチュアシュートボクシング大会に挑戦となるのですが、いつもの一輝や翼、結太の他に幹太や圭志の2人も初出場

 

出場を決めてから更にペースを上げて頑張ってきたメンバー達ですが、応援やサポートに来てくれたメンバーも多くて非常に助かりました。

 

色々な事情が重なり、地元の尾久西小学校の体育館で開催されることとなった今回の大会。

 

そうなりゃ応援も多く、ホームとして戦うので気合いも入っていました。

 

練習では圭志のパートナーとして駿や涼介の2人が様々な形で協力。

 

試合当日には以前にボクシングのトレーニングとしてウチで練習をしていたケイマもセコンドに入ってアツい応援をしていました。

 

 

 

 

学年こそ違いますが、同じ高校のこの3人。

しっかりとしたサポートで、初めての試合の圭志の勝利を支えてくれました

 

 

 

 

そしてこの3人だって負けちゃいないエネルギーの女子マネージャー3人娘

 

 

 

 

今回はお兄ちゃんの翼、幹太、結太と応援にも気合いが入るユイ、やーちゃん、ココの3人。

 

リングサイドからではなく、全体がよく見える体育館の上から声援を送っていました

 

 

 

5人出場って事で、バンテージやその他の準備で忙しいまま試合が始まってしまい、残念ながら試合の写真は撮れませんでした (ノ_・、)

 

これから出場メンバーが増えていけばこんな事もあるかもしれませんが、大会出場が特別な事でなくなってくるほど当たり前になっていけば安定した結果も期待できるでしょう!

 

 

 

応援に来てくれた仲間とも一緒に戦った今大会。

 

次への大きなステップとなりました

 

第75回 WPMF アマチュアムエタイ大会

2015年になって最初の試合に選んだのはレギュラー参戦しているシュートボクシングではなく、ムエタイのリング!

 

 

 

通常アマチュア大会は日曜日か祝日に行われ、そのために大会が重なることもたまにあります。

その中で同じ大会にばかり出場して普段と同じ対戦相手とばかり戦っても成長は期待できないので、他のリングにも強いヤツはたくさんいるんだと気付かせるためにも出場を決めました。

 

そして1年のスタートを飾るに相応しい結果を見せてくれた一輝・翼・結太の3人

 

これからレベルの高いアマチュア大会にどんどん挑戦していくことになりますが、普段の練習を頑張っていくことで結果を出してくれるはず。

 

 

 

 

   

 

 

それぞれ緊張した表情であったり、なんかユル~い表情であったりの3人ですが、試合にかける意気込みは同じです。

 

試合順は結太が第1試合、一輝が第3試合、翼が第5試合と最初から赤と青のコーナーを行ったり来たりの大忙し状態

 

 

 

 ☆ まずは第1試合の結太

 

 

   

 

 

セコンド(?)に入っている翼やココの話しかけに普通に対応してしまうユルい本人…。

そうかと思えば1ラウンドの試合時間を間違えて、長い時間戦わせちゃう主催者…。

これもムエタイのイイところ

 

そんな試合でもしっかりと決めてくれた結太は猛ラッシュで攻め、ダウンを奪って1ラウンド終了時にTKO勝ちでトップバッターとしての仕事を果たしました。

 

 

 

 ☆ 急いで赤コーナーに移動して第3試合の一輝

 

 

 

 

2015年に10試合を経験した一輝なので、冷静に試合を迎えることができました。

 

 

 
     
 

 

 

 

しっかりと相手選手の奇襲にも対応でき、ムエタイらしく内容で勝負しておきたかった一輝。

やはり試合の、現場の経験によって強さは磨かれていくものなのでしょう

 

 

 

 

 

良い内容で結太から受け継いだタスキを翼に渡すことができました。

 

 

 

 ☆ 前の2人が良い勝ち方だったので少しプレッシャーはあったのか翼。。。

 

…と、そんな心配は全く必要ないぐらいの気持ちイイ勝ちを見せてくれました。

とにかく蹴って、蹴って、蹴りまくった2ラウンドで、練習では見たこともないようなアツさを披露

確実に勝ちとわかっていましたが、あまりの蹴りの連打にセコンドのコチラも興奮してしまい写真を撮る余裕がありませんでした。

 

 

 

 

 

これでBOXING-WORKSからの出場選手は3連勝!

 

最高の2015年のスタートです。

 

 

 

もちろん恒例となっているマネージャー達も応援やサポート、そして個人の遊びのなぞなぞなど、任務を全うしてくれたおかげです

 

 

 

 

 

 

翼は去年の7月20日、結太は10月5日以来の試合となりましたが、自分のファイトスタイルを忘れることなくしっかりと戦ってくれました。

それよりも、facebookばかりでブログを更新していない自分はブログの書き方も忘れる始末

 

 

ま、勢いをつけることのできた初戦。

ここから本当の勝負がスタートです!

 

 

 

 

第8回 全日本アマチュアシュートボクシング東京大会 結果!

一輝、ツカサ、結太の3人がこの日のために頑張ってきた大会がいよいよ始まりますが、そのためにたくさんの応援も集まり、サポートには安住と涼介も。

 

 

 

今回はたくさんの写真があり、一気にお見せするので、雰囲気を味わってみてください

 

 

   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
       

 

 

選手、応援、スタッフなどが一体となって挑んだ今大会!

 

一輝が-30kg級で優勝し、-25kg級ではツカサが準優勝、そしてこの日ボクシングワークスに良い流れを引き込んでくれた結太のTKOによるアマチュアデビューして以降初勝利など盛りだくさん

 

全部が今後のためになる大事な経験となりました。

 

 

そして優勝した一輝は東日本代表として11月30日に両国国技館で行われるアマチュア全日本選手権のリングへ。

 

今回で「自信」と「経験」を手にし、プレッシャーと戦いきった一輝はかなり成長したはず

 

楽しみにしていてください。

 

川越遠征の結果は・・・

いつものようにfacebookの更新にばかり集中しているため、ブログが疎かになっていることに反省しつつ書いていきたいと思います。

 

 

 

振り返ってみると、去年から現在の環境の変化にビックリすることも。

 

2013年のシュートボクシングの両国国技館で行われた大会『GROUND ZERO』のオープニングに行われるアマチュア全日本選手権にジムからジュニア2人を東日本代表として送り出した水龍會。

 

この勢いで2014年もといった矢先にその2人の退会を知り、主力メンバーの移籍などもあって春からの体制に不安が

 

3年生になったばかりのメンバーが軸となった新体制で2014年がスタートし、アマチュア大会に挑戦したりを繰り返すうちに完全に主力となるまでに成長していました。

 

リーダーとして手を挙げた一輝が積極的に試合にエントリーし、翼も勝利を重ねると自信を持ち、ツカサはその身体能力をスタイルに少しずつ活かせるようになり、結太が一生懸命にその3人の後を追う。

 

この軸を中心に、4年生の幹太や陽登、5年生の愛多との練習で体格の差を恐れない積極性を持ち、1年生の龍大、2年生のレオや武道に先輩としてのサポートをして精神の成長も得るといった練習を重ねてきました

 

そして春の段階ではまだ今年は無理かと思っていたアマチュア全日本への挑戦ですが、想像よりも早い成長のためにもう一度全国の舞台を目標に頑張ってくることができました。

 

残念ながら翼は足首の怪我によって今回は見送ることとなりましたが、10月5日に行われる東日本代表を決めるトーナメントのための調整試合として、安住が出稽古としてお世話になっている川越市にある晴山塾で開催されたアマチュア大会に参加してきたのです。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、本番のために現段階でどれだけの動きができるのかが今回の課題!

 

相手のレベルはかなり高いですが、そのほうが仕上がり具合を見るには良いでしょう。

 

 

 

いよいよ大会開始です

 

 

 

  尾崎 一輝 2戦1勝1敗

 

 

 

 

 

渋滞によって到着が遅れたためにほとんどウォーミングアップのできなかった一輝ですが、そんな環境での第一試合と悪い条件が重なってしまいました。

 

相手は6年生だということで体格も違いましたが、前に出る気持ちは忘れず戦いました。

 

残念ながら負けてしまいましたが、次の試合では前回の悪い部分を修正し、ダウンも奪っての勝利

 

なんとかリーダーとしての面目を保ってくれました。

 

 

 

  後藤 主 2戦1敗1分

 

 

   

 

 

そのスピードを活かして戦うことができれば大会に出場しているジュニア達の中でも特別なスタイルのツカサ。

 

やはり最初の試合は硬くなってしまったために力を発揮できませんでしたが、反省してからの2試合目では持ち味をフルに発揮

 

応援のみんなの力も受け、ほとんど勝ちといってもいい引き分けとなりました。

 

 

 

  井上 結太 2戦2敗

 

 

 

 

 

叱られてばかりの結太が試合に挑戦することも少し前では想像できなかった事ですが、毎日休まずにジムに来て、本人の意思で大会のリングに上がっているのは大きな成長です。

 

まだ安定した自分のファイトスタイルが見つからないために苦戦中ですが、この積極性は武器として勢いに乗ってもらいたいところ。

 

勝てない時期は続くかもしれませんが、それだけ反省するポイントを見直す機会もあるのでこれからの成長に期待しています。

 

 

 

 

 

 

一緒に戦い、2戦2勝の安住や応援に来てくれた翼、マネージャー達との全員での合同写真

 

もうそれぞれが次の目標を見ています。

 

トータルの結果としては8戦3勝4敗1分となりましたが、大会に参加してみて大きなものを掴みました。

 

調整バッチリです (*^-°)v

 

 

 

 

 

 

 

そしてオマケはBOXING-WORKS 水龍會の「華」でありますユイとココネ

 

お揃いのイヤリングをして、みんなの応援を頑張ってくれました。

 

 

 

みんなの協力、応援でレベルアップできています。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

『第9回 アマチュアシュートボクシング ワンマッチ 東京大会』試合結果

BOXING-WORKS 水龍會からは4人の3年生が揃ってエントリーした今大会ですが、次への発展のための良い機会となりました。

 

 

 

facebook上でも紹介していましたが、

 

● 今回がアマチュアデビューの結太

● 久々のリングとなるツカサ

● ハイペースでの試合だけど確実に成長している一輝

● 試合運びが安定してきた翼

 

この4人が今までの頑張りを緊張の中でどれだけ出せるのかがポイント

 

いつものようにマネージャーも2人スタンバイし、涼介もセコンドとして協力してくれていざ会場となるシーザージム新小岩へ!

 

ウォーミングアップや開会式の様子を見ると緊張でガチガチといった雰囲気はなく、みんなで試合に臨むといったスタイルが良かったようです。

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

とにかく初の試合のために練習を頑張ってきた結太ですが、間違いなく1番努力をしてきました。

本番の試合運びは練習とは違って苦戦している様子でしたが、これからの更なる努力によってどんどん成長していってほしいと思います

 

 

   

 

 

 

 

いよいよ本当のポテンシャルが出はじめたツカサですが、ここからが楽しみなトコロ。

階級としては一番下の-25kg級となりますのでスピードをフルに使ってスタイルを確立していきたいです。

 

 

 
     
 

 

 

 

 

今回は投げによって苦戦した翼と一輝ですが、だからといってそこだけにこだわらず、総合的に強くしていけば投げ一辺倒のスタイルにも抵抗できるはず

勝つためだけの練習をしていたらつまらないスタイルになってしまうので、そこはバランスを取りながら進めていくつもりです。

 

 

   

 

 

 

 

   

 

 

 

毎回毎回、試合をする度に成長を見せてくれるジムのジュニアファイター達

 

その挑戦する姿勢がジム全体、また指導の人間にも大きな影響を与えてくれていて、学ぶことがたくさんあります。

 

今後もテッペンを目指して一緒に頑張っていきたいと思います

 

 

   

 

 

 

1勝3敗の今大会でしたが、次こそは!

次にむかって

ジムでは元気な世代として盛り上がっている3年生ですが、その3年生の4人が揃って試合に挑戦するために土曜練習もしっかりと頑張っています。

 

 

 

今回の練習では翼・ツカサ・結太の3人が頑張ってくれていましたが、シュートボクシングの試合の前に純粋なキックボクシングを1週間前に経験した翼を中心に膝蹴りの重要性を実感。

 

パンチで詰めた後に出す膝蹴りであったりと内容は様々で、覚えることは多いですが集中していて雰囲気もイイ感じ

 

 

 

 

試合は久し振りのツカサも気合いが入っていて、対人練習となると抜群の安定感

 

みんながそれぞれの個性を出せたなら結果は安心のものとなるはずです。

 

 

 

残り1週間ではありますが、モチベーションをキープし続けるためにもまずは今回の試合に勝って、地道に進んでいきたいと思います (=´ー`)ノ

 

応援よろしくお願いいたします。

『BLOW-CUP .29』 に出場の翼、一輝の試合結果

facebookに力を入れるあまり、いつも更新が減ってしまうコチラのブログではありますが、やはり今回もたくさんの写真があるのでギャラリーとして見てください。

 

 

 

今回の大会に挑戦の翼と一輝ですが、吉祥寺で行われる大会はそれぞれ初めて。

 

以前に応援で来た経験のある翼と、前回大会『BLOW-CUP.28』で新宿FACEでのリングを経験した一輝が初めての環境でどう対応できるのかがポイント。

 

ここはフリーのジムらしく、いろんなリングに上がることで現場慣れしてもらいましょう

 

 

 

まず感じたのは、普段から一緒に練習している仲間である同士の2人と、更に応援に来た結太も一緒であったことで同じ学年が揃ったこともありリラックスしていること。

 

これならば安心 “ヘ(`▽´*)

 

今まで練習してきたモノをどれだけリング上で出せるかがポイントなので期待して見るだけ

 

写真でどうぞ。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

準備の段階から調子も良く、それぞれ動けていたので問題なく試合に入れそうと考えていました。

 

が、2試合する一輝の最初の相手は5年生でかなりの身長差

 

その体格差を埋めるための動きがなかなか実践できず、正面を向いてしまう場面やプランも無く飛び込むだけが多くなってしまう事で判定負け…。

 

この敗戦は今後の戦いにおいて、体格差のある相手との試合を考えると本人に考えさせるいい機会になったと思います。

 

 

 

 

   

 

 

 

試合前の準備の段階で、妹でありジムのマネージャーであるユイの激励も受けて良いテンションの翼。

 

しばらくの期間は距離の取り方をメインに練習してきましたが、しっかりと使えていて好調なスタート

 

詰めての攻撃パターンと離れての攻撃パターンを使い分け、その中で相手の攻撃をカットするといったオーソドックスだけど大人もなかなかできないスタイルの完成に向かっている翼です。

 

2ラウンド終了で判定を待つだけとなりましたが、勝者として手が挙がったのは相手選手。。。

 

いやぁ、難しいですわ。

 

対戦相手の子が納得しているのかはわかりませんが、こちらは今後に向けてを考えると本人ができた内容には満足しています。

 

これからは文句のつけようのない勝ち方でいきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1試合目の敗戦を受け止め、気持ちを入れ替えて臨んだ2試合目!

 

負けたからこそ素直に聞けた敗戦の理由をしっかりと頭に入れ、それを本番で活かすといった難しい事を一輝はやってのけてくれました

 

しっかりと伸びる真っ直ぐのパンチ、躊躇せずに思いっきり踏み込んでのキックと完全な修正ができていました。

 

最後は相手の体が倒れそうになるほどの強烈なジャブがBANG

 

見事な勝ち方で今後に繋げることができました。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

みんな試合の緊張感から開放された後はイイ表情をしています。

 

応援するために仲間の試合をしっかりと観るのも大事な勉強であって、結太にとっても大きなプラスになったことでしょう。

 

 

次に予定しているのは、今月20に行われます

『 第9回 アマチュアシュートボクシング ワンマッチ 東京大会 』

ここで今回の経験を活かして波に乗ってもらいましょう。

 

快勝! これからは俺達の時代だ!

試合出場に積極的な翼と、今回が初めての挑戦となる一輝のアマチュアシュートボクシング大会でしたが、動きも良く熱い試合を見せてくれました。

 

 

 

とにかく満足

 

応援に集まってくれたボクシングワークス関係者のみんなのエネルギーをパンチとキックに込めて、リングでは練習のテーマ通りに戦えた2人。

 

怪我もなく、良い形で次に繋がる試合ができたのが何よりも良かった。

今回のブログは手抜きではなく、フォトグラフ的なスタイルでいきたいと思います。

 

 

  今回で3連勝 翼の2014年は絶好調

 

 

   

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

  初出場を見事な勝利で飾り、これからの成長が楽しみな一輝

 

 

   

 

   

 

 

   

 

 

 

 

 

   

 

 

   

 

 

 

 

最高の笑顔でメダルを見せてくれた翼や、せっかくシーザー会長が一緒に写真を撮ってくださったのに気持ちがメダルにいってしまっているユルい一輝、兄の翼が勝った時に大熱狂で判定に喜んだユイ。

 

みんなそれぞれの表情があって最高の一日となりました

 

この波はまだまだ続いていくはずです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

2014.5.18 決戦直前

ほとんどを facebook に費やしていたばっかりに、またまた随分と更新が無かったコチラのブログではありますが、今回は自信を持って送り出せる2人の試合の話!

 

 

 

3連勝のかかった翼

初出場で勝利を狙う一輝

 

この2人がBOXING-WORKS 水龍會を背負ってアマチュアシュートボクシング大会に挑みます。

そして結果を出してくるわけです

 

 

この2人は試合を見据えていろいろな練習を頑張ってきました。

駿と戦ってみたり、お互いにスパーリングをしたり、更には話し合って自分達でメニューを決めたりと様々。

 

 

 

 

 

特にスパーリングではアツい戦いを毎回していて、現在のジュニアクラスを引っ張っていく軸となっています。

 

 

 

 

 

   

 

 

もちろん自分達で考えて組んだメニューもしっかりこなしていて、ただ与えられて動くだけといったジムワークではなく、自分の課題に向かって練習するといった頼もしい形に

 

 

 

 

 

 

今の勢いをしっかりとシュートボクシングのリングで出せればきっとイイ結果が待っているはず 

 

このままジムに良い流れを引き込んでいってもらいましょう ∩( ´∀`)∩

 

 

期待していてください。

 

レジェンドメンバー

3月の卒業シーズンではかなり悲しい思いもしましたが、4月頭にはまた1人の「大物」が卒業となりました。

 

 

 

入会から5ヶ月後にはアマチュアデビュー戦とハイペースで頑張ってきた中安さんの最後の練習となりましたが、みんなが集まって暖かい1日となりました。

 

 

 

 

やっぱりみんな集まると笑顔になりますね

格闘技だからって常にギラギラしている必要もないし、そんなジムだから毎日の練習を楽しんで来てくれたんですね。

 

もちろん最後は卒業試験!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はノーガードのコチラに対してガンガン攻めてきて、アマチュアシュートボクシング大会でも会場を沸かせた一本背負いを倍も体重差があるのに決めてくれました

 

半年間の濃いぃ期間を集中してくれたお陰で指導するコチラも充実した時間となりました。

またロンドンのジムでも違った技術を吸収してきてくれることでしょう。

 

 

 

その中安さんの最終日に集まったツカツバの2人や幹太などもしっかりと練習して最後の日に「熱さ」をくれました。

 

 

 

 

ツカサも中安さんと一緒に練習をして成長を見せました。

 

 

 

 

 

翼も先輩としてしっかりとまだ入会したばかりの幹太にキックを伝えていました。

 

 

みんなもペースこそ違えど、同じように成長しています。

次にまた中安さんと会う際にはもっと強く、もっと大きくなって会いたいと思います

 

 

 

みんなが認める『レジェンドメンバー』の中安さんは見事に卒業検定を通り、これから1人前のキックボクサーとして誇ってもらいましょう。

ページ上部へ