ホーム>BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ

BOXING-WORKS 水龍曾 スタッフブログ

四股踏み選手権 2014

普段の練習で取り入れて、ウチのジムでは名物的になってきた「四股踏み」になりますが、さて誰が一番上手なのかという事で名乗り出た4人の形をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こうして見ると、ジムではトップクラスの柔軟性を持つ4人なので上手にこなしています

 

 

エントリーの4人ですが、

☆ ベテラン:将也

柔軟性ナンバーワン:翼

★ 運動神経バツグン:ツカサ

ストレッチ嫌いを克服:一輝

で争います。

 

争うとはいっても、みんなのバランスへの意識を高める効果を狙ったものですが、それぞれ写真を撮る前に練習をしたりと気合い十分 (o゚ロ゚)ノ

 

そして結果はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

選手権といいつつも、どれが一番とはいえないほど頑張っているみんな

 

そしてこれからも重心の位置や安定感などが増していくでしょうから、まだ期待できます。

 

 

 

こうして楽しみながら勝手に成長していければ、目指している「結果的に勝ち組」になれるはずでしょう!

 

来月からの不安もなくなってきました。

安定は求めていません、どんな状態からでも上を目指します

 

2014.3.2 送別會

写真を早めにブログにアップしますと言ったくせにチンタラとやっていたために時間が経ってしまい申し訳ありません

 

 

 

当日は残念ながら来れなかったメンバーもいましたが、総勢25名も集まって大盛況でした。

 

普段こうして集まるのは忘年会の時ぐらいになりますが、今までと全く違うのはゲームの持込みがOKであること

そのおかげでジム内で行われる忘年会とは違った雰囲気に (^_^;)

 

ま、これもひとつの「まとまり」をつくるための手段でした。

 

ゲームをしながらもジュニアメンバー達がそれぞれ楽しんでいたので何よりの時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

みんながゲームをしているのを見て少し悲しくなりましたが、別にジムの子供達はゲームでしか楽しめないわけではないのでそのへんは安心。

 

みんなが一緒に遊んで楽しめれば今回の目的である送別会の意味があるんですから。

 

 

その中で食事が終わって食器を片付けたりしてくれたマネージャーの2人には感謝です

 

 

 

 

やはりそこは女の子。

ちゃんと家事ができているんですね。

来月からもマネージャー達がいれば安心です。

 

 

その2人にとっては更に年下となる子達とも一緒に写真を。

 

 

 

 

 

陽登の弟と一星の妹の2人を、お姉ちゃんの立場で可愛がっていた2人でした

 

 

しっかりとご飯も食べ、たくさん遊んで満足した様子のジュニア達、そしてなかなかこうして集まる機会もないのでイロイロと話ができた様子のお母さん達。

 

 

 

 

みんなで集合写真を撮って思い出をひとつ増やしました。

こういったイベントが大勢でできるのが嬉しく思います。

もちろん別れとなる送別会なんて無いほうがいいのですが、これもまた次に会う時に話すネタになればステキな事。

 

 

 

 

 

 

将也と俊也の兄弟に中安さんの送別会となった今回。

 

また会うチャンスはあるでしょう。

 

そして次に会う時は更に強くなっているはずで、また互いに成長した状態で次のステージを一緒に目指していきたいと考えています。

 

 

 

 

一旦の別れで少し寂しいですが、また次が楽しみです

 

 

将也、俊也、中安さんと最近のジムの好調を支えてくれていたメンバーが抜けてしまうのは大きな痛手ですが、こういった事の繰り返しで組織全体が強くなっていくのでしょう。

 

次に会う時に恥ずかしくないジムの姿でまた会いたいと思います。

 

ライバル対決

久し振りに田村君と上石君がジムで一緒になったので、ここは2人のためにたっぷりと時間を作ってみました。

 

 

 

以前は一緒のメニューをこなす事も多く、そのハードなメニューを共有するメンバーとして親しくなった2人。

ライバルとはまた違う関係ではありますが、いつも2人がいるとジム内がイイ空気に

 

近頃は仕事の都合で一緒にならなかったんだから、じっくりと楽しんでもらいましょう。

 

 

互いに受け返しの練習をしたら、まずはボディスパーを

 

 

 

 

 

大事なポイントである「楽しむ」という事を忘れずに、マススパーなどを含めて5ラウンドほど向き合った2人。

 

田村君の強烈なプレッシャーを受け、打ち合った上石君も見事 (・ω・)b

 

 

 

facebookのほうでも書きましたが、先日のアマチュアシュートボクシング大会での動画を見返してみたところ、翼の勝利は本人の右ミドルキックによるものだとハッキリした上石家

今年中には親子揃っての出場もあるかもしれません

 

メダル × 3

それぞれの課題をしっかりと練習してこの日に備えてきた3人がいよいよ解き放たれる《第7回 アマチュアシュートボクシングワンマッチ大会》です!

 

 

 

アマチュア初参戦の中安さん、2週間前からの連戦となりますが連勝といきたい翼、得意の投げがある事でいよいよその潜在能力が爆発するのかアリ

 

応援にはツカサ・将也・大暉(タイキ)も揃い、更には安住や林さんまで。

狭い会場でプレッシャーの感じ方も違うでしょうが頑張ってほしいところ

 

 

   

 

 

フルサイズのリングとは違って練習用の小さなリングのために打ち合う機会も多くなりますが、受けの練習もたくさんしてきたので対応ができるかがテーマです。

 

とにかく怪我をせずにリングを降りる、そしてその結果として勝つ

 

 

 

まずはアリのアマチュア第2戦。

今回は急遽ダブルヘッダーとなって最初は戸惑っていましたが、ファイターとして優先される持ち前の度胸でそれを受け入れて挑みます。

 

普段の練習のほうがハードなことをやってるんだから、2試合するからって体力を温存せずにとにかく積極的に攻めるのが作戦。

 

 

 

 

 

相手の大振りのフックを喰らうこともありましたが、本人が大好きな投げを決めてシュートポイントをGETしての完勝

 

控える2試合目もこの勢いでいきたいところでしたが、相手はアマチュアジュニアでは少し有名な子。

とはいえ、アリだってこんなモンじゃない。

 

 

 

 

 

結果は本戦では決着つかず、延長で判定負け。

そんな感じにも見えなかったのですが、圧倒できなかったのは仕方ないし、距離が安定せずに相手の攻撃をもらってしまう部分もあったのでそこが反省点。

 

短い期間で様々なルールを経験してきたアリですが、その経験の幅が今後に活きてくれればと思います

 

 

 

そして2月16日の初勝利から今回へと連勝したい翼ですが、相手選手はなんともやりづらいファイトスタイルで対応の難しい子でして…

 

これからを考えるのであれば、そんな事も言っていられないのでいざ勝負 o(・ロ・)○

 

 

 

 

 

やはり予想通りの展開となり、打撃の攻防ではなく組みが多くなってペースを掴めずに荒れる試合に。

しかしそれにしっかり対応できなかったコチラも反省するポイント。

結果ですが、相手の子の中途半端な投げによって翼のしているフェイスガードが相手の腹に押される形となり痛くてTKO勝ちという微妙な結果に。。。

これもごっつぁん勝利として連勝が2に伸びました

 

 

 

そして大トリは練習の「濃さ」では出場選手中ナンバーワンと言っていいほどの頑張りでここまでやってきた中安さん

「楽しむキックボクシング」から「競い、倒すキックボクシング」になってきた本人の向き合い方はジムメンバーにも影響を与え、見習う部分も多くありました。

前日にはかなり緊張していましたが、いよいよアマチュアデビュー戦が始まります。

 

 

 

 

 

開始早々はまだ動きも硬く、相手のパンチを受けてアゴが上がってしまう部分の見えた中安さんですが、少しずつペースを戻してきてキックも出るように。

1ラウンドには憧れていた一本背負いでのシュートポイントまでGETしてインターバルに。

インターバル中にはサイドステップができていないために後ろに下がる際に正面からの攻撃を受けている事を修正して2ラウンド目に。

特別派手な攻撃ではありませんでしたが、1ラウンド目に比べて被弾する数が減ったために安定したスタイルに。

やはりディフェンスは大事ですね。

 

そして判定に…

 

 

 

 

見事にデビュー戦を勝利で飾り、ツカサや林さんなどの応援に来ていたメンバー達も大盛り上がりでした

 

普段ジムでしているスパーリングとは違って、グイグイと相手が押すようにパンチを打ってくるのに驚いたでしょうが、パンチを受けても怯まずに返して自分の攻撃のタイミングを狙っていたからこその勝利!

特に頑張っていたし、こちらのハードな指導にもついてきてくれたので、中安さんの腕が上がった時には少しウルッときてしまいました。。。

 

 

 

 

 

 

大会終了後にはシーザー会長にも入っていただき、記念撮影

 

TEAM BOXING-WORKS としては内容こそまだ詰める部分はありますが、結果は3勝1敗とまずまず。

4月からはガラッとメンバーが替わってしまいますが、今までだってこんな時はあったじゃないか。

 

みんなで戦った今回のアマチュアシュートボクシングワンマッチ大会。

次回は5月のようなので、修正できれば連続参戦も考えています。

 

 

応援よろしくお願いします

 

スタンバイOK!

ジュニアチームから試合を控えた翼とアリですが、今回は出場しないツカサと将也がサポートです。

 

 

 

いつもの練習風景はfacebookでお伝えしていますが、ここでは試合を控えたメンバーではなくサポートするメンバーを紹介。

 

 

 

 

ツカサは翼と、将也はアリとパートナーとしてしっかり相手を務めています

やはり練習相手がいるからリングに上がる度胸もつく。

勝利を支える仲間として当日もきっちりサポートしてもらいます。

 

 

 

そして今回は出場せずにサポートにまわることとなった将也ですが、林さんとの練習も一緒にして残り1ヶ月を濃く過ごしますo('∇'*)o

 

 

 

 

 

先輩として、ジムメイトとして一緒に練習するのに年齢は関係ないこと

世代の交流も見ていて嬉しいので、どんどん進めていってもらいましょう。

 

 

ここでもまた試合の様子はお伝えしようと思います。

チームワークで戦うBOXING-WORKS 水龍會の応援をお願いします

 

反省したり、満足したり

前回のブログで報告しましたが、先日行われたアマチュアムエタイ大会の動画を紹介します。

 

 

 

応援に来てくださったみなさんの協力で自分もこうして動画で再確認できるのですが、やはり勝った試合ってのは何度も見たくなるモノ。

 

試合順でもそうでしたが、まずは翼の試合から。

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=4qWSxswpZW4

 いままで課題であった仕掛けの部分が今回のポイントで、積極的に自分から攻撃にいったのが何よりの勝因でしょう。

本人はもっとパンチを多用するタイプですが、真っ直ぐに突っ込んでくる相手に対しても前蹴りで対応したりと冷静に試合を運べたことに成長を感じました

 

 

 

翼の作ってくれた流れにしっかりと乗り、スッキリとKO勝ちしてくれたアリの試合。

 ⇒ http://youtu.be/RrdaTYcspm4

とにかく初めての試合とは思えない結果でしたが、どうせならもっと長い時間観たかったという都合のイイ欲まで出てきてしまいます。

練習ではステップが止まり連打を浴びることの多かったアリですが、相手の攻めをステップや首相撲で対応するのには感心しました

これが戦う『血』ってやつなのでしょう。

 

 

 

今回のメンバーで唯一の負けとなってしまった将也。

敗戦を次に繋げられる本人への宿題となりました。

 ⇒ 1R:http://www.youtube.com/watch?v=9Cudfye8qJ4

 ⇒ 2R:http://youtu.be/J5uW255kH4U

こうして観てみると特別ダメな部分は目立たず、相手との体格差が大きく印象に残ります。

もちろん組んでからの巧さの部分での「ズルさ」で相手の選手が上なのはハッキリとしていますが、やはり問題なのは後半になってメンタルの部分で落ちてしまったことでしょう。

膝蹴りもコーナーで組みながら出した回しての打ち方など、良い技術ももありました。

ただ相手選手とのアクションが常に正面からノーマルで打ち合うだけで、サイドに動いたりフェイントをかけたりと余裕が無かったのが敗因でしょう。

まだ小学生であるのにジムのジュニアリーダーとしての重圧もあるかと思いますが、これからのための経験をしていると考えれば落ち込むほどではありません

続けていけば結果になるというのは本人が一番よく体で知っているはずです。

 

 

 

打撃系格闘技といっても少しずつ違って、様々なルールがあります。

次回はシュートボクシング、その次はどんなルールに挑戦するかわかりませんが、軸がブレることなく練習の延長で試合をしていきたいと思います。

 

第64回WPMF アマチュア大会結果

2014年のボクシングワークスの挑戦の第一歩が翼・アリ・将也の3人からいよいよ始まります!

 

 

 

今までたくさん出場してきたシュートボクシングとは違って、今回はムエタイ

プロのイメージはこちらもありますが、アマチュアの更には日本のムエタイってどんなのかが解らないので少し難しいところ。

とはいえ、パンチとキックでリング上の2人が戦うって競技。

いつもと一緒です。

練習の通りにやってもらいましょう (=´ー`)ノ

 

 

 

相手のジムの名前でビビッてちゃ挑戦どころではないので、気持ちを強く持っていざ

 

 

過去のアマチュア大会で未だに勝利のない翼ですが、将也やアリ、俊也などの年上メンバーが4月から抜けてしまうので自分達の世代が頑張らなきゃと気合いの入っている最近。


初勝利にむけてトップバッターとしてリングへ。

 

 

 

 

パンチとキックのリズムも良く、首相撲でも受けにまわらずに2ラウンドを戦って文句なしの判定勝ち

ジムの2014トップバッターをしっかりと務めてくれました。

 

その後は未勝利の呪縛から放たれて、リラックスした様子。

 

 

 

 

 

 

このまま一気にエースの座まで上がっていってもらいたいものです。

 

 

 

翼が初勝利を手にし、次に控えるはアマチュア初挑戦のアリ。

体格もパワーも申し分のないアリですが、本番はどうなるのか???

お父さんにバンテージを巻いてもらい、その後にはミットも持ってもらって準備もしっかり。

 

 

 

 

 

結果はといいますと、見事に1ラウンド25秒KO勝ち

得意の右ミドルキックでの勝利で、本人も大喜びでした。

これからに繋がる自信になってくれたら嬉しいです。

 

 

 

そして大トリは将也。

相手は女の子ではありますが、様々な大会で結果を出している相手。

ジュニアの部ということもあって男や女といった差はないのですが、やはり気になる部分はあったようです。。。

その緊張なのか、腹筋アピールで力が入っているのか、表情の硬い本人。

 

 

 

 

リング上で向き合うと、対戦相手のほうが身長が大きいことに気付かされましたが、その体格差が攻撃の距離にも出てしまい前蹴りやパンチでペースを握れませんでした

 

 

 

 

首相撲でお互いに倒れた後も長い時間体重を預けてきたり、ロープ際でも押し込んできたりとかなりテクニックのある女の子で参りました

結局は最後まで相手ペースで進み、2ラウンド判定負け…。

 

勝利の女神であるマネージャーの効果も全勝とまではいきませんでした。

 

 

 

 

今回は応援に一輝も来て盛り上がりましたが、次に繋がる挑戦となったと思います。

 

そして次は来月2日のアマチュアシュートボクシング大会!

勝ちましょう

 

鬼と福

節分ではありますが、「鬼は外」や「福は内」と誰にお願いすればその通りになるのでしょうか…。

 

 

 

福を内に引き込みたいのはもちろん、鬼となるようなマイナスのニュースが起こらぬように今後を過ごしたいもの。

 

そこでジムのマネージャー2人が心を鬼にして(?)代役となってくれました

 

 

 

 

 

紫鬼のユイと赤鬼のここね。

かなりイメージと違う紫鬼さんではありますが、悪いニュースがこれからはなくなっていくはず!

更には福もやってくるでしょう。

 

 

 

facebookではお知らせしていましたが、将也と俊也の他にもアリが3月いっぱいで退会。

これからはボクサーとしてやっていくようで、来期の主力となるのはツカサや翼などの年代

 

その中でも試合を控えた翼は駿とのミットでも他の練習でも『眼』に変化が出てきました。

 

 

 

 

まだ勝ち星こそ無いものの、積極的に試合に挑戦していく気持ち大きく評価しています。

ツカツバのツートップでリーダーとして一樹がまとめるといった体制が期待されます。

 

そしてその一輝は今年から参加している柔道部のなかで受け身に苦戦 (*´ο`*)=3

 

 

 

 

キックボクシングにしても回を重ねてゆっくりと自分のペースで成長してきた一輝。

柔道もしっかりと学びながら自分のものとしていってもらいましょう

 

 

 

いろいろと感情が出てしまっていた文面も過去にはありましたが、振り返ってみればもっと大変な事もあったはず。

だから結局大丈夫。

 

ウマくいくんです。

まずは16日に福を呼び込みましょう

 

思い出ラストスパート

数々の試合や練習のネタの中でその中心となってジュニアチームを率いてきた将也の3月いっぱいでの卒業が発表され、新しい流れが生まれていきます。

 

 

 

その将也は残された試合、そして次期リーダーへの引継ぎ、そして自身の思い出作りを精一杯していくでしょう。

現在のメンバーの中で水龍會DNAの濃さではナンバーワンの将也ですから、4月からが心配にもなりますが、こういった状況からまた次の時代ってものができていくはず。

今の時代の中心にいた本人も大人のメンバーと一緒に思い出の交流

 

 

 

 

 

広川さんのパンチを受けたり、中安さんと受け返しの練習やスパーリングをしたりとこの日の練習でも本人はたくさんの思い出ができているはず。

大人とも絡み、ジュニアの中では先頭に立って引っ張っていく。

次期リーダーにもこの姿をしっかりと見ておいてもらいましょう

 

 

以前にいた同級生メンバーもいなくなり、これからは1歳下のアリや2歳下の『超世代軍』のメンバーの時代になりますが、また新たなタレントが揃ってくることを願います ∩( ´∀`)∩

 

 

 

 

 

いやぁ、しかしいつも力を注いだメンバーはいなくなっちゃうんだよな…。

中安さんも3月いっぱいで日本を離れちゃうって事で寂しくなるし

 

 

ま、それよりも自分の甘さに情けなくなる部分も。

何度も繰り返しジムに来る「やるやる詐欺」を迎え入れてしまうためにいつも裏切られる始末。

甘いなぁ、鬼になれないなぁ、癌は排除しないとね。

 

 

ちなみに、他のジムのブログからの教えとなりますが、ミドルキックにはすねブロックをしてミドルキックを返してください。

1月25日の教えです。

 

 

 

 

再犯率ってのを下げるために大事な教育もジムのメニューに入れないといけませんね。

 

 

 

みなさんもジムでは良い思い出を作っていきましょう

ナカヨク

みんなが刺激の中にいて、少しずつ成長を感じながら余裕も生まれといった感じで充実しているジムの現在。

 

 

 

そのバランスがどこかで崩れてしまうことに怯えながらも、どんどん進んでいく水龍會といった小さな船。

まだ大航海に出るのには安定していませんが、ジュニア達の元気に負けないような大人達の勢いを感じれる最近です

 

そうとはいえ、まだまだ主役の座はジュニアチームがもらうといった感じで頑張っている将也も体から湯気を出してみんなを牽引!

 

 

 

 

どうやらお母さんのヒートテックを着てきてしまったようで、胸元が大きく開いたシャツから自分でポロリさせて楽しんでいました。

遊ぶのではなく、楽しむのであれば許されるジムの中にあって、こういった笑顔はとても癒されます。

 

 

 

そしてギラギラした眼で一生懸命のジムワークをすることを楽しんでいる中安さんも大事な存在。

3月の大一番のために更にモチベーションが上がってきている本人ですが、今回は涼介とパートナーを組んで熱心にコンビネーションをスムーズに出す練習

 

 

 

 

ジムの生え抜きであるパートナーに全てを打ち込む事で濃い水龍會DNAを感じてほしいと思います。

ここまで自分を追い込んで練習をできるのは本当に素晴らしい事。

結果を考えずにこのまま続けていけば、ただ強くなっていくであろう中安さんが楽しみです

 

 

 

ボロボロになってただ帰っていくだけでなく、どこかでそれをまた楽しんでいるのかもしれないのがファイターって人間の不思議なところ。

新しいタイプのファイターである田村君もまた面白い。

 

体格ではジムでもトップの恵まれた体で、ラグビーを高校時代にやっていた経験からそのパワーは強烈

ウチのメンバーでもスパーリングではそのパワーの洗礼を受けている人間は多数。。。

 

その田村君の苦手なのは広川さんとのスタミナ練習。

いつもボロボロになっていますが、今回はかなり…

 

 

 

 

 

夏の練習を思わせる量の汗を流して頑張っていました。

最後まで延々とミットを蹴りあっていた田村君は素晴らしいですが、そのパートナーとしてハンパないパワーを受け止めながら続けた広川さんもまた凄い w(゚o゚)w

 

更には中安さんとも互いにミットを持ち合って蹴りまくってんだからもう

 

 

 

 

2人ともようやりますなぁ。

でもそれが嬉しい。

 

誰かの頑張りを見れば自分も負けてられないといった感情が生まれて相乗効果としてレベルアップになるはず!

みんなで仲良くレベルアップをしていきましょう

 

ページ上部へ